トップへ戻る

孤独 楽しむ 方法 メリット

孤独について

孤独と言っても明確な定義ってないと思いますし、
人によって全然ケースが違ってくるのではないでしょうか。

 

 

例えば、学校やクラスで孤独だとか、会社で孤独だとか、
今は家族が全員故人になっていたり、
家族とは絶縁になっていたりなど様々かと思います。

 

 

 

いずれのケースにしてもやっぱりそれなりに寂しい思いは
少なからずしてきたのではないでしょうか。

 

 

生まれてからずっと孤独って人はそんなにいませんので、
途中から孤独感を味わう状況になると精神的にかなり辛くなるわけです。

 

 

でもその孤独を乗り越えた時や孤独をより楽しめるようになってしまえば、
その先は一気に楽になっていくのではないでしょうか。

 

 

私自身も孤独感を味わった経験はあります。
それは学生時代です。

 

 

もちろんそうなったのは自分に一番責任がありますけども
それでも学生時代に孤独を味わった時は、
それはそれは辛かったです。

 

 

 

早く卒業したいなあって卒業までの日数を
指折り数えたりもしてました。

 

 

学生時代の孤独を卒業を機に乗り越えてしまったあとも
孤独感みたいなものは時々襲ってきましたけども、
学生時代に比べたらまだ全然楽だし一時的な感情って感じでしたんで
すぐにそういう感情は消えていきました。

 

 

 

それくらい学生時代に1人ぼっちでいることって辛すぎるわけなんで
そこを乗り越えれば私の場合はなんとかなったわけです。

 

 

でもこれは私の場合であって、逆に学生時代は孤独感は全くなかったけども、
社会人になってからのほうが孤独や孤独感を
味わった方もいるのではないでしょうか。

 

 

それはそれでやっぱり相当辛いでしょうね。

 

 

前述しましたけども、社会人になってからだと兄弟姉妹がいなくて
一人っ子で、両親も他界してしまい自分自身が独身であれば
孤独感に支配されてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

そういう状態だとたとえ友達がいたとしても、
孤独感ってやっぱり癒えなかったりするわけです。

 

 

 

あとは社会人になってから会社で友達もいないし、
プライベートでも友達がいなかったりすると孤独感に
支配されてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

それでは今回は、孤独を楽しむ方法や
メリットなどを紹介します。

スポンサードリンク

 

 

メールやLINEだけの友達を複数作っていく

孤独を楽しむ方法やメリットの1つ目は、
メール上やLINE上だけの会ったりしない友達を複数作ることです。

 

 

3人以上はメール友を作っておく

 

●人付き合いが苦手な人が友達を作るオススメな方法などの記事でも
説明した通りで人付き合いが苦手な人が友達を作る方法としても有効なものですけども、
孤独感に支配されて寂しいと思ってるいるならメールやLINEだけでやりとりする友達を
複数作っていけば孤独で寂しい気持ちはかなり薄らいでいくはずです。

 

 

 

複数といっても何人くらい作れば良いの?って思うかと思いますが、
できれば3人以上いたほうが良い
です。

 

 

何故3人以上いたほうが良いかを説明します。

 

★返事が早い人と遅い人の両方いるほうが良いから★

 

例えばメールやLINEだけの友達が1人しかいなかった場合は、
やっぱり物足りないわけですし、その人が返事が遅かったりすると
孤独感はそんなに癒えないわけです。

 

 

返事が結構早い人であってもやっぱり1人だけだと、
もっといろんな人とやりとりしたいという欲がでてくることが多いし、
一人だけだと孤独感は埋まらないわけです。

 

 

 

そういう時は、割と返事が早い人や返事をくれるのが
遅い人の両方いたほうが良いのではないでしょうか。

 

 

そのほうが良い具合にメリハリができるし、
物足りなさもあまり感じないわけなんです。

 

 

メール友やLINE友が3人以上いる場合だったら、
大体この両方のタイプと知り合える可能性が高くなります。

 

 

だからこそ3人以上いたほうが良いのです。

 

 

▼長文派と短文派の両方いたほうが良いから▼

 

長文は文章力が鍛えられる

 

3人以上の人とやりとりしてると、
長文で返事をくれる人とあっさりした
文章の短文派の両方と知り合える確率が高くなります。

 

 

長文派と短文派のどっちが良いということはないですけども、
私の場合は相手がどっち派であっても合わせられるタイプなんで
苦に感じたことはあまりないです。

 

 

どっちかといえば、長文が苦手な人もいるとは思いますが、長文でメールをくれる人に自分も長文で返すようにしていくと、段々と長文で返事をするのがそれほど苦で無くなってくるし、文章もスラスラと書けるようになってきます。

 

 

なんでも練習すればある程度は上手くなっていくってことなんですね。

 

そうなれば1つ大きな特技みたいなものが出来たとも言えるわけです。

 

 

長文が書けるようになれば作文などを書くときでも、
そういうのに慣れてないような人に比べたら全然書けますし、
ブログなどの文章を考える時でも訓練されてない人に比べれば
長文も割りとスムーズに書けるのではないでしょうか。

 

 

 

長文を書くときって短文に比べるとそれなりに頭を使って文章を考えるわけなんで、考える癖がつくし良いアイデアもより浮かびやすい思考になりやすくなる気が私はするんですよね。

 

 

考える癖が付くってことは、
わからないことがあるとすぐにググる癖みたいなものが出来上がります。

 

 

わからない事をググって調べることで
新しい知識が1つ自分の中に加わるという
大きなメリットが生まれてくるわけです。

 

 

そういう癖を付けていけばどうなるかと言いますと、
どんどん物知りな人になれるんですね。

 

長文は書けば書くほど物知りな人になれる

 

 

そのように物知りな自分になれたら何か困った状況に陥ったとしても、
蓄積された知識がピンチを手助けしてくれるようになるので、
そのピンチからも上手い具合に脱出することが可能になってくるわけです。

 

 

もちろん自分の事だけでなく、
物知りな人になれば人に適切なアドバイスなどもできるわけなんで

 

人を助けることに繋がるしそれって人の役に立ってるわけなんで
凄く良い事なのではないでしょうか。

 

 

孤独を楽しむ方法とかメリットからはやや脱線してしまったかもしれませんが、
複数のメール友達やLINE友達がいれば孤独感から開放されるだけでなくて、
上記のようなメリットも同時に生まれやすくなるわけなんです。

 

 

まあ長文メールの場合だと全く改行されてない人もいるんで、
そういう人の文だと非常に読みにくいですのでやや苦ですけどね(笑)

 

 

なのでメールで長文を書くときは、適度に改行を入れるようにすることによって
相手は読みやすくなってくれるかと思います。

 

 

1人に慣れればそれが当たり前になる

孤独を楽しむ方法やメリットの2つ目は、
孤独で1人でいる事が長くなってくるとそれまで
孤独感が増して寂しさに支配されていたとしても、

 

 

そういう状態はゆっくりと薄らいでいってやがて
孤独感みたいなもの自体が消えていくことが多いです。

 

もっと極端な言い方をすれば
人間って所詮1人なんだなって悟れるのではないでしょうか。

 

 

その段階までいければ、もう孤独で一人ぼっちでいても平気だしその状態がむしろ一番ベストで心地良いとさえ思えてくるのではないでしょうか。

 

 

なので今すごく孤独感や寂しさに支配されているような人でも
それが一生続くことってないわけなんです。

 

 

いずれそのような状態からは開放されるわけなんで
安心してください。

 

 

 

孤独だと基本的にプライベートは自由

孤独を楽しむ方法やメリットの3つ目は、
孤独だと基本的にプライベートは自由な部分です。

 

孤独だとプライベートタイムは完全に自由

 

ただしこれに当てはまる孤独な人はどういう人かと言いますと、
現在1人で住んでいて親とは死別しているか兄弟姉妹はいるけども

 

それほど親しく付き合ってないか兄弟姉妹自体もいないか、
親族とは絶縁状態の人などが当てはまります。

 

 

上記のような孤独な人が何故自由と言えるかと言いますと、
親族の行動に振り回される事がないってのが大きい
からではないでしょうか。

 

 

例えば、親と一緒に住んでたりすると色んな面倒な事を頼まれたり、
ああしろこうしろと何かと口うるさかったりするんで

 

自由とは真逆な状態なわけですけども、
こういう孤独な人の場合はそういう煩わしい事に
巻き込まれないから楽だし自由な生活を謳歌できるわけなんです。

 

 

 

ちょっと別のケースですと恋人がいたり既婚者だったりしても、
自由とは真逆な状態と言えるのではないでしょうか。

 

 

やっぱり恋人や奥さんや旦那さんがいれば、
なんだかんだで振り回されることが多いし

 

 

面倒な自体に巻き込まれたりするんで
自由とはかけ離れた生活を送ってる状態と言えるわけです。

 

 

なので孤独をより謳歌してプライベートを自由に
過ごしたいと思っているなら恋人を作る必要性はないですし、
ましては結婚などする必要性はないわけです。

 

 

 

 

1人でできる趣味を複数は持っておく

孤独を楽しむ方法やメリットの4つ目は、
1人でできる趣味を1つだけでなくて複数持っておくことです。

 

 

1人でできる趣味が複数あって、
それに夢中で取り組んでいると孤独で一人ぼっちだったとしても
寂しさなどは全く感じなくなるし、

 

むしろ1人でいることでその趣味をしている時間を
誰にも邪魔されないので良いわけです。

 

 

パートナーがいないとできないような趣味だと、
やっぱり相手のペースにも合わせなくてはいけなくなるので疲れますが

 

1人でできる趣味であれば全て自分のさじ加減で
できちゃうので楽で良いわけです。

 

 

★趣味重視な人関連のオススメ記事↓

 

趣味を重視している男性の特徴など
⇒●恋愛より趣味重視な男性の特徴やメリットやデメリット

 

 

まとめ

:メール友やLINE友を3人以上作る事で様々なメリットがある。

 

:孤独で1人ぼっちな状態が長くなればなるほど、
それが当たり前になっていくし慣れるわけなんで

 

孤独感や寂しい気持ちはやがて消え去る。

 

:1人暮らしで様々な理由で親族とも交流がない状態になれば、
煩わしいことに巻き込まれないしプライベートな時間は完全な自由になる。

 

:1人でできる趣味を複数持っててそれに夢中になっていると
孤独感や寂しさを感じてる隙間も無くなる。