トップへ戻る

女性に手当たり次第アプローチするのが一番いい理由

女性に手当たり次第アプローチする事について

女性に手当たり次第アプローチする事についてですけども、このような女性に手当たり次第アプローチする事って一般的には決して良いイメージはないとは思います。

 

でも恋愛においては、女性に手当たり次第アプローチするほうがいいしメリットが色々あるんです。

 

もちろん女性に手当たり次第アプローチすると言ってもナンパと違いますのでそのあたりは勘違いしないでください。

 

あくまで色んなきっかけで知り合って割とゆっくりアプローチしていくという仮定で話を進めていきます。

 

それでは今回は、女性に手当たり次第アプローチするくらいが丁度いい理由や注意点なども書きます。

 

 

女性に手当たり次第アプローチした方が失敗してもショックは小さい

女性に手当たり次第アプローチするくらいが丁度いい理由の1つ目は、失敗してもショックは小さいからです。

 

例えば同時期に10人の女性にアプローチし、その中の2~3人からはLINEをブロックされたりメールを無視されてしまっても、アプローチ中の女性はまだ7~8人いるわけですので余裕を持てるしショックも少ないのではないでしょうか。

 

その間にも更にアプローチする女性をどんどん増やしていけば、何人かにまたLINEをブロックされたり距離を置かれてしまっても全然気にならなくなってきます。

 

考え方としては、女性に手当たり次第アプローチする場合ですと10人にアプローチしたら1~2人成功すればいいやくらいに考えたほうが楽だと思います。

 

要するに成功する確率は10%か20%程度であるとあらかじめ想定しておくのです。

 

そのように想定しておけば、失敗したとしても失敗は折込済みですのでショックはあまりないのです。

 

 

早くゲットできる

女をゲットできる

 

女性に手当たり次第アプローチするくらいが丁度いい理由の2つ目は、早くゲットできるのです。

 

例えばアプローチしてる女性が一人か二人しかいない場合だと、成功する場合はいいけどもアプローチに失敗した場合はまた1からから別の女性にアプローチをしていかなくてはならないしゲットするのに結果的に時間がかかってしまいますが、10人や20人の女性に手当たり次第アプローチすると早い段階でゲットできるんです。

 

前述した通りで10人にアプローチすれば1人はゲットできる確率は高いからです。

 

10人や20人の女性に手当たり次第アプローチすることって疲れるのでは?って感じる方もいるかもしれません

 

たしかに今までそういう事をしてこなかった人が急にそれをすると最初は疲れるはずです。

 

でもそれは最初だけであって、慣れてくれば全然問題ないですよ。

 

失敗して辞めたくなったりせず、飽きなかったりせず、女性に手当たり次第アプローチする事が多少なりとも好きになっていれば継続できるしライフワークになってるはずです。

 

それに一度ゲットすればそれが成功体験として自信になっていくので、ゲットできる率は段々と高くなっていくでしょう。

 

 

数が多くなれば逆に告白される事も増える

女性に手当たり次第アプローチするくらいが丁度いい理由の3つ目は、数が多くなれば逆に告白される事も増えるのです。

 

女性に手当たり次第アプローチする事を継続的にしていくと、どんどん女友達もそれに比例して増えていきます。

 

雪だるま式に仲良しになる女友達が増えていくので、その中から逆に自分に好意を強く持ってくれる女性も現れますし、その好意を強く持ってくれる女性の中には気持を抑えられなくなる方もでてくるので、そうなると女性の方から告白してくる事が当然増えてくるんです。

 

最初にアプローチしたのはこっちからであっても、告白に関しては女性のほうからされる事が増えていくわけですので、こちらからコクる手間は省けるメリットが生まれたわけです。

 

この状態になると、自分から告白せずとも女性をどんどんゲットできるようになっていくのではないでしょうか。

 

どっちも告白しなくても自然と交際に発展する事も多くなってもきます。

 

実際大人が付き合う時は告白しない事も多いのではないでしょうか。

 

 

女が途切れなくなる

女性に手当たり次第アプローチするくらいが丁度いい理由の4つ目は、女が途切れなくなるのです

 

前述したように雪だるま式に女友達が増えていきますし、たとえ彼女ができたとしてもこのタイプは基本的に女友達と2人きりで会う事も継続するし、女性に手当たり次第アプローチすることも継続するので、もし彼女と別れても友達以上恋人未満の女友達が沢山いるわけなので、女は途切れないのです。

 

ですので、このような状態になりたければ彼女ができたからって他の女友達との付き合いを辞めたりせずにしっかりと2人きりで遊べる女友達との時間を作るようにしていってください。

 

そのためにも彼女と頻繁に会ったりはせずに、できれば彼女と週一で会う程度にしておきましょう。

 

彼女と週一ペース程度で会っていれば女友達と会う時間はしっかりと確保できますので。

 

 

すごく好きな女子が何人も出来てしまう

女性に手当たり次第アプローチする場合の注意点ですけども、すごく好きな女子が複数できてしまいがちになります。

 

まだアプローチする段階ですとちょっと好き程度というかルックスが好みだからとりあえずアプローチするというノリで出来たりするわけですけども、ある程度仲良くなっていき相手の内面も知っていくと当然もっともっとすごく好きになっていきますよね?

 

そのような相手の内面も知る事でもっともっとすごく好きになる女子が複数できてしまいがちになるのです。

 

そうなると結果的に彼女が何人もいる状態にもなってしまいがちになるのです。

 

同じくらいすごく好きになってしまう女性が複数できてしまうわけですし、1人に搾ることができなくなるのでとりあえずすごく好きになった子全員と付き合ってみようってなるのです。

 

複数の女性と付き合う事は否定はしませんし、上手くやれば楽しい恋愛ができるとは思いますがあまり器用ではない方はやらないほうが無難です。

 

 

まとめ

:同時期に10人の女性にアプローチしたけども、その中の2~3人からはLINEをブロックされたりメールを無視されてしまっても、アプローチ中の女性はまだ7~8人いるわけですので余裕を持てるしショックも少ない。

 

:ほぼ同時期に10人にアプローチすれば1人はゲットできる確率は高いので女性に手当たり次第アプローチするほうが早くゲットできる。

 

:雪だるま式に仲良しになる女友達が増えていくので、その中から逆に自分に好意を強く持ってくれる女性も現れますし、その好意を強く持ってくれる女性の中には気持を抑えられなくなる方もでてくるので、そうなると女性の方から告白してくる事が当然増えてくる。

 

:このタイプは基本的に女友達と2人きりで会う事も継続するし、女性に手当たり次第アプローチすることも継続するので、もし彼女と別れても友達以上恋人未満の女友達が沢山いるわけなので、女は途切れない。

 

:相手の内面も知る事でもっともっとすごく好きになる女子が複数できてしまいがちになる。


【シェアする】