トップへ戻る

浮気 兆候 ケース

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気の兆候について

恋人カップルや結婚している夫婦にとってはやはり相手に浮気を
されるってことはショックだし自信を失ってしまいますよね。

 

特に凄く一途に尽くしているような人ですとパートナーに
浮気されたときのショックって計り知れないものがあるのではないでしょうか。

 

浮気が発覚するケースって色々ですけども、ハッキリと現場を見てしまったとか、
または本人の口からいきなり言い出すというケースも少ないながらも
あるようです。

 

そういう自ら浮気を告白する人って罪悪感に支配されて悩むレベルにまで
なってしまったわけなんでパートナーに告白せずにはいられなくなるんでしょうね。

 

この場合だと浮気された側は全く相手の浮気を気付いてなかった場合が多いし、
気付いてないのにいきなり浮気をしていたと告白されたわけなんで
まさに鳩が豆鉄砲的を食った時のような状態になってしまうのではないでしょうか。

 

もちろん浮気を告白した段階ですと大体は浮気相手と既に別れている場合が
多いですし1回だけの遊びだったりするケースが殆どかと思います。

 

謝りたいからこそ自ら浮気を告白したわけですので。

 

浮気をしていたと相手に告白されてしまったパートナーさんは、
なんだかんだで自ら正直に言ってくれたわけなんで、相手をとりあえず1回は、
許すことが多いような場合が多いかと思います。

 

 

それでは今回は、パートナーの浮気がわかり本人も白状したという状態の
手前の段階である浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースを
紹介します。

 

 

以前よりも会ってくれなくなった

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースの1つ目は、
例えばちょっと前までは週に2~3回は会っていたけども、
週に1回か2週間に1回程度しか会ってくれなくなった場合です。

 

こういう時の良い訳は大体は仕事が忙しくなったとかって
言ってくる事が殆どなはずです。

 

本当に仕事が忙しくなって会えなくなってしまうケースもあるけども、
転職したわけでもなく会社での地位も特に変化がない場合だったら
急にあまり会えなくなるのってやっぱり他の人と会ってる疑いが
出てくるわけなんです。

 

 

このケースの最悪のシナリオを言うとこのような状況で浮気してる場合は、
浮気相手にハマってしまって今の恋人よりも好きという気持ちが
大きく上を行ってる時なんです。そうなってしまうと、そのうち別れを切り出されるって事もあり得るわけなんですね。

 

 

または二股状態を淡々と継続されてしまう可能性も高くなるのではないでしょうか。
その場合は二股状態がある意味では理想的な楽しい状態になってるとも言えます。

 

 

 

スマホの電源を切ってるかマナーモードにし出した

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースの2つ目は、
前までは一緒にいるときはスマホの電源をオフにすることもなかったし、
着信音も出る状態になっていたのに、途中から急にマナーモードにすることが
増えてきたり電源自体をオフにするようになった場合です。

 

この場合だとパートナーは念には念を入れるために、
マナーモードにしているよりかは電源をオフにしている事のほうが
多い気がします。

 

浮気相手が連絡魔だったりするとマナーモードでも多少はバイブ音とかも
聞こえてきますし、回数が多いとやはり怪しまれると考えるからでしょうね。

 

だからこそ念には念を重ねて恋人と会ってる時は電源をオフにしてる場合は
多いわけなんです。

 

なのでそういう人は恋人といる時は前まではスマホをピコピコと恋人のいる前でも
操作していたのが、それすらも全くしなくなってしまうわけなんです。

 

 

スマホの電源を切っていたり操作も目の前でしなくなった

 

 

まあもちろん浮気をなさる人全員がこのような事をするわけではないし、
大雑把な人ですと浮気がバレることへの警戒心がゼロな人だっておりますからね。
そういう人はスマホの着信音を消さないしマナーモードにもしないわけです。

 

そのタイプの人はすぐに浮気を疑われてバレてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

 

会う回数は同じだけども時間が短くなった

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースの3つ目は、
例えば週に1~2回会っているけれども、今までは休日に会う時だったら
昼間から夜の21時くらいまでは一緒にいてくれたのに、ある日を境に昼に会ったけども、
2~3時間で帰ってしまう場合です。

 

 

こういう場合だと今現在は浮気相手のほうにハマってしまっていたり、
恋人とのデートを早めに切り上げて、その後に浮気相手と
会ってる事が考えられるわけです。

 

そして結果的に浮気相手と一緒にいる時間のほうが長くなってるわけなんです。

 

このケースは恋人よりも浮気相手の一緒にいるほうが面白いと感じているからこそ
そっちとの時間を優先してしまってるわけなんですね。

 

 

浮気相手も別に本命の恋人がいる場合は、お互いに恋人がいる事を
承知の上で楽しんでいる場合が多いのではないでしょうか。

 

 

浮気相手がフリーだったりするケースだと、今の恋人と別れて、
その浮気相手と正式に付き合うか二股状態になってしまう事も多いのです。

 

 

メールの返事が遅くなったり電話もあまりくれなくなった

恋人からの連絡が殆どこなくなった

 

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースの4つ目は、
前までは毎日のように相手からメールや電話が来てたのが、
ある日を境にピタっとその回数が減ってしまう場合です。

 

これも浮気相手のほうに興味が行ってしまっているので、
恋人の扱いが適当になってしまってるわけです。

 

なので恋人からのメールに返事をしたり電話をこちらからするのって
面倒になってきてるわけです。

 

 

それとは逆に浮気相手とはこちらから頻繁にメールや電話をして、
1つ目と3つ目と同じように会う回数や会ってる時間も、
浮気相手を優先するわけなんで結果的に多くなり長くなるわけです。

 

 

最悪の場合だと連絡が一切付かなくなり自然消滅させられる
ケースもあるかと思います。この場合だと浮気してる事も多いけども
単に今の恋人に飽きたりして気持ちが無くなってしまってる事も多いのです。

 

 

 

名前を間違えられた

知らない人の名前で呼ばれたら浮気確率が高い

 

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースの5つ目は、
一緒にいる時に、こっちの名前を間違えられた場合です。

 

浮気してる側は浮気相手が1~2人いる場合だと、どうしてもフトしたときに、
名前を間違ってしまう事ってあるわけなんです。

 

なので恋人の名前を呼ぶときに間違って浮気相手の名前で
呼んでしまうことも頻繁でなくてもたまに起きてきます。

 

 

これは浮気をしている人にとってはかなりの痛手ですし、
浮気されてる側も相手に名前を間違えられたんで浮気してるのでは?って
かなりの疑いを持ってしまうのではないでしょうか。

 

1~4つ目よりもこの5つ目のケースのほうが浮気の兆候としては
かなり確信を持っていいかと思いますし高い確率で浮気してると判断できるでしょう。

 

★浮気がバレない方法などを紹介しているこちらの記事も
ご覧ください↓

 

⇒【浮気癖がある人必見】絶対に浮気がバレない方法はあるのか?

 

⇒【ゲスだがw】二股や三股交際がバレない方法

 

 

浮気の兆候、こんな時は浮気を疑ったほうがいいケースまとめ

1、転職してるわけでも会社での地位も変わってないのに
急に会う回数を減らされてしまった。

 

2、以前はスマホの電源は入っていて着信音も鳴る状態にしていたのに、
ある日を境にスマホの電源を切ってる事が多くなったり、
以前はスマホを弄りまくっていたのが自分の前では一切スマホの操作を
しなくなった。

 

3、会う回数は同じだけど会ってる時間が極端に短くなり早々に
帰ってしまうようになった。

 

 

4、一緒にいる時に間違って知らない人の名前で呼ばれてしまったら
浮気してる確率がかなり高い。

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加