スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理

※広告・PRあり

スカートを履かない女性について

※2022年8月27日:情報更新しました。

 

スカートを履かない女性についてですけども、スカートを履かない女性って皆さんの周りでもいるのではないでしょうか?

 

このようなスカートを履かない女性が唯一スカートを履いてた時代って学生時代くらいだけではないでしょうか。

 

それは校則で決まってて仕方なく履いてた時くらいでしょうからね。

 

それでは今回はスカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理などを説明します。

 

女子力の高いファッションが苦手

スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理の1つ目は、スカートを履かない女性は、とにかく女子力の高いファッションが苦手な人が多いので、それによってスカート履きたくないという心理が働いています。

 

ですので、このタイプは見た目がボーイッシュな方が多いですし、髪の長さもロングにしてることがなくてショートの方が多い印象があります。

 

ショートカットのボーイッシュガール

 

性格的にも、わりとサバサバしてて女の子女の子してる部分も内面から全くなかったりするわけです。

 

悪い言い方をすれば、女性としての色気みたいなものがゼロな方も中にはいます。

 

ですので、男ウケは決して良くない方が多いしモテない女性になってしまってる方も中にはいるわけです。

 

このようなスカートを履かないでショートカットでボーイッシュなファッションに身を包んでいて男ウケが悪くて色気があまりない女性って、彼氏いない歴年齢の特徴に当てはまってる事が多い印象があります。

 

このタイプのスカートを履かない女性が、万が一男性と付き合えてもすぐ振られる女になってしまってることが多いです。

 

 

もちろんスカート履いてなくてショートカットでボーイッシュなファッションに身を包んでいても女としての色気がある方もおりますけどもね。

 

そういう方ってピアスをしていたりネイルをしていたりするんでその分だけ、女性らしさが演出できてる人が多い印象があります。

 

 

では、具体的に男ウケが悪いボーイッシュなファッションの例を上げてみます。

 

上下のジャージ

上下のジャージ姿の女

 

男ウケが悪いボーイッシュなファッションで多いのが上下のジャージ姿です。

 

色的にもピンクとか水色とかではなくて紺とか黒系統の上下ジャージを着てる人が多いのではないでしょうか。

 

これがピンクとかレッドならまだ女性らしさを出せますけども紺とか黒だとそういう女性らしい可愛さみたいな部分は出ないですし、どっちかといえばカッコ良さを出す色かなって思いますね。

 

あくまでジャージの場合ですけども。

 

パーカーにジーンズ

 

パーカーにジーンズも割と男ウケが悪いファッションです。

 

パーカーも女性らしいカラーやデザインであれば女子力を出せますけども、このタイプはそういうパーカーを着てなくてパーカーもどっちかといえば黒とか紺色の物を好んで着てる印象があります。

 

ジーンズに関しては色気を出せないわけではないけども、上記のような割と地味なカラーのパーカーと組み合わせた場合はジーンズの良さが死んでしまうわけです。

 

パンツのほうが動きやすいから

スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理の2つ目は、スカートを履かない女性は単にパンツのほうが動きやすいからスカート履きたくないって方が多いです。

 

やっぱりパンツのほうがスカートよりは楽だし、動きやすいというメリットがありますからね。

 

なので、それに慣れすぎてしまってとてもスカートを履きたいという気分にはなれないわけです。

 

このタイプがスカートを履くようになるきっかけがあるとしたら、好きな男性が出来た時くらいでしょうか。

 

好きな男性がスカートを履いてる女性が好きという事がわかったら、振り向かせたいという心理が働いて、履くようになる可能性は結構あるわけです。

 

まあ女性のジーンズ姿のほうがどっちかといえばそそられるという私みたいな方もいるので、そういう男性を好きになればスカートは履かなくて済むでしょうけどね。

 

私がそそる女性のジーンズ姿ですと、ダボダボなジーンズではなくてジャストサイズなスリムジーンズ姿がとてもそそられるんです。

 

なんかお尻とか太腿とかのラインがスリムジーンズだとハッキリとでるんで、なんかそそられるんですよね。

 

男性からの視線が気になるからスカート履きたくない

スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理の3つ目は、スカートを履かない女性は、スカートを履くと男性のいやらし視線を感じてそれが嫌だからスカート履きたくない心理が働いてスカートを履かない理由になってる女性もいます。。

 

別にミニスカートでなくて、ロングスカートを履いてる時でもなんか男性の視線が気になってしまってスカート履きたくないわけです。

 

これは実際にそう言ってる女性が知り合いにいたんです。

 

このタイプは割合的には少ないかもしれませんけどね。

 

子供の頃から履かない習慣になってるから

スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理の4つ目は、子供の頃からスカートを履く習慣がないまま大人になってしまったのでスカートを履きたいと思えない人です。

 

もちろん高校生くらいになると校則で決まってたりするんで制服としてスカートを仕方なく履いてた人はこのタイプでもいるでしょうけども、それ以外の時はスカートを履かない習慣がずっと続いているので特に履く必要もないと感じているのもこのタイプの特徴の1つです。

 

小さい頃からスカートを履いてないってことは、親がスカートを子供のために一切買わずにパンツばかり履かせていたからこそ、そのようになってしまったとも言えます。

 

もちろん子供の頃からスカートを履く習慣がなかったりしても、年頃になってファッションに目覚めてスカートにハマる女性もいるでしょうけどね。

 

そのあたりはやはり人による部分が大きいのでしょう。

 

単にそういうファッションに興味がない

スカートを履かない女性のスカート履きたくない理由や心理の5つ目は、スカートを履かない女性は単にそのようなファッションに興味がないってのも理由になってる女性がおります。

 

ボトムに関してはパンツスタイルのほうがオシャレだと考えていて、例えばジーンズが大好きで沢山をジーンズを所持してるような女性もいたりするんです。

 

そのような方だと、やっぱりスカートには興味はわかないわけです。

 

まとめ

:女子力の高いファッションをするのが苦手でボーイッシュなファッションが多く髪型もショートカットにしている。

 

:パンツのほうが動きやすいし、パンツに慣れすぎてしまってるのでスカートを履きたいという気持ちが芽生えない。

 

:男性からの視線がどうにも気になってしまって、スカートを履くのをためらってしまっている。

 

:子供の頃から親がスカートを買ってこなくて履く習慣がなかったから。

 

:単にそのようなファッションに興味がなく、パンツスタイルのほうがオシャレだと感じているから。