トップへ戻る

コーヒーカップのシミや着色や茶しぶの落とし方、1年以上洗ってないコーヒーカップ編

1年以上洗ってないコーヒーカップの茶しぶや着色を取る方法

今回は、1年以上洗ってなくて茶しぶやシミで中が真っ黒に着色してしまったコーヒーカップの汚れを取ってみたいと思います。

 

C CHANNELさんが紹介している「コップの着色を取る裏技2選」の動画を参考にして実践してみました。

 

    ↓     ↓

 

      目次

 

1、とにかく汚いコーヒーカップ

 

2、塩を使います

 

まとめ

 

 

とにかく汚いコーヒーカップ

前述した1年以上洗ってないコーヒーカップの写真がこちらです↓

 

真っ黒なコーヒーカップ

 

1年以上洗ってないコーヒーカップ

 

すごいでしょ(笑) 私は極度のめんどくさがり屋さんなんでコーヒーカップを洗うだけでも億劫なタイプなんです。

 

なので洗わずにいたらこんなにも中が真っ黒なっちゃいました(笑)

 

しかもこんな汚いコーヒーカップなのに1年以上ほぼ毎日のようにコーヒーやお茶を飲むのに使ってるんです(笑)

 

普通の人だと考えられないかもしれませんが私は全然平気で使ってましたねえ(笑)

 

では、先ほど紹介した動画を参考にしてこの1年以上洗ってないコーヒーカップのシミや茶しぶやなどの着色を取りたいと思います。

 

 

塩を使います

薬品や洗剤なども一切使わず、塩だけを使います。

 

スポンジに塩を塗るように付けます。

 

スポンジに塩を塗るように付ける

 

そして塩が付けられているスポンジでコーヒーカップの中の汚れをゴシゴシと拭いて落としていきます。

 

ごしごし洗う

 

3分くらいゴシゴシとスポンジでコーヒーカップの中を拭いたら写真のようにすっかり真っ白になりました♪

 

綺麗になったコーヒーカップ

 

それなりに力を入れて擦るようにして拭きましたけども、こんなにも1年以上洗ってないコーヒーカップのシミや着色が取れるとは思ってなかったです。

 

すごいですね!

 

 

まとめ

1年以上洗ってないコーヒーカップでも塩だけでこれだけ取れたわけなんで、皆さんが普段使ってるコーヒーカップであればもっと簡単に茶しぶやシミは塩だけで落ちるのではないでしょうか。

 

ぜひ試してみてください。


【シェアする】