トップへ戻る

タイプではない人から告白された時の上手な断り方

告白を断る事にについて

告白を自分からするのはかなり緊張するもんですけども、告白された時に相手の事をどうしても好きになれなくて付き合う気がない場合にどう断って良いかわからないことも多いのではないでしょうか。

 

告白を断る事って告白するよりももっと嫌な事ですし面倒な事ですよね。

 

 

自分にその気がないのに無理して付き合うのは当然良いことではないですけども、だからといって告白をガッツリ断るってのも自分はもちろん全然悪くないけども罪悪感みたいなものがしばらく残るのではないでしょうか。

 

 

当然告白を断れば相手はガックリくるし落ち込む事は間違いないですので。

 

 

なので中にはハッキリ断ることをせずに自然消滅みたいな形にする方もおります。告白の返事をしないことで察してくれみたいな感じだとおもいます。

 

でもそれだとやっぱり告白した人はなかなか踏ん切りがつかないのではないでしょうか。

 

 

ハッキリ言われたほうがむしろ次に進みやすいわけなんで、どんな形であれ相手にしっかりと断りの返事をすべきなんです。

 

それでは今回は告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方を紹介します。

スポンサードリンク

 

 

嘘でも恋人がいると相手に言う

嘘でも恋人がいるといって告白を断る

 

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の1つ目は、
たとえ現在フリーであっても彼氏や彼女がいると言えば告白してきた相手はそれで9割は諦めてくれます。

 

 

一番定番の断り方ですし、告白してきた相手からしても、恋人がいるなら仕方ないなあって見切りをつけられるわけなんです。

 

 

なので告白を断るほうも断られるほうもどっちもまさに一番良い状態になれるわけなんです。

 

 

恋人がいると嘘を付く場合には、できれば本当に自分には恋人がいると思い込むくらいの気持ちで言えば嘘をついた変な罪悪感も残らないとおもいます。

 

 

嘘って基本的には良くない事だとされてますけども、こういう場合の嘘であれば全然OKだと思うんです。

 

そもそも相手に対して恋愛的な意味で興味がないわけなんで、そんな相手と無理して付き合う事って相手からしても無理して付き合ってくれてるとわかってしまったら良い気分ではないですからね。

 

だからこそ恋人がいると嘘をついてでもキッパリと告白を断ったほうがお互いにWINWINなわけなんです。

 

 

ただし恋人がいると嘘を付くのが無理なケースもあります。告白してきた相手がある程度のこっちの情報を知ってるような友達であった場合です。

 

そういう相手だと恋人がいると嘘をついてもそれが嘘だとすぐに見抜かれてしまう可能性があるのでそういう割りと親しい友人から告白された場合はこの告白の断り方は使えない場合もあります。

 

逆に異性の友達に恋愛感情が沸くケースを紹介している●付き合いの長い異性の友達に突然恋愛感情って芽生える?の記事も良かったら読んでみてください。

 

 

今は誰とも付き合う気がない

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の2つ目は、
今は仕事などで色々と忙しいので誰とも付き合う気がないと言うのです。

 

これもよく使う断り文句の1つですよね。

 

 

私も若い頃に告白をした時に上記にように今は誰とも付き合う気がないって3人ほどに言われました(笑)

 

 

ある意味では一番無難な告白の断り方といえるのではないでしょうか。

 

 

本当に誰とも付き合う気がない場合もあるし、それは単に断り文句として便利に使ってるだけの2通りあるかと思いますけども、誰とも付き合う気がないって本当に思ってたとしても、それは単に目の前にビビっとくる人がいないだけな気もするんですよね。

 

好きって気持ちは自然に湧き出るもんなんで誰とも付き合う気がないと表面的に思っていても好きという気持ちに支配されてしまえばそんな考えは消えるし忘れてしまうのではないでしょうか。

 

恋は盲目って言いますし。

 

 

 

忙しい

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の3つ目は、
これは2つ目とかなり近いですけども、忙しくて遊ぶ暇もないので、誰かと付き合う時間も余裕もないって言えば言いのではないでしょうか。

 

この場合は押しの強い相手だとそれでも食い下がる場合もあるけども、それでもとにかく付き合う事はできないってキッパリ言えば99%の人は諦めてくれます。

 

 

私も実際に今は仕事で忙しくて誰かと付き合う余裕がないって言われたことがあります。

 

 

でもこれも断り文句の1つにすぎないのです。ほんとに好きな相手とならいくら忙しくても好きな人との時間が絶対に作れるもんだし、仕事とかで忙しい人だからこそ好きな人との時間って癒されるし楽しいものなので必要になってくるんです。

 

 

 

前カノや前カレの事が忘れられない

前の恋人を忘れられないので付き合えないと言う

 

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の4つ目は、
前カノや前カノに振られたりして別れたばかりで、まだ前カノや前カレの事がまだ忘れられないので付き合えないって言うのです。

 

これが本当だったとしたらかなり相手にそれが伝わりやすいですけども、断り文句として使ってもかなり有効かとおもいます。

 

 

嘘の場合はできるだけ悲しそうな表情やトーンで言えば相手はそれ以上に食い下がってこなくて諦めてくれるでしょう。

 

 

この告白の断り方も実際に私もされたことあるんです。その時は相手は嘘を言ってた感じではなかったですけども、私の事に恋愛的な意味で全く興味を持ってなかったから断ってきたってのも事実だと思います。

 

 

この場合も新しく好きな人などができれば前カレや前カノの事などはすっかり薄れていくんで次に行けるはずなんですよね。

 

 

 

タイプではないとキッパリと言う

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の5つ目は、
相手にキッパリ正直にタイプではないとか自分とは合わないとか求めてない人だとかってハッキリいう事です。

 

なかなか言えない人も多いかと思いますが、でも告白してきた相手からしたらそこまでハッキリとタイプではないとかって言われれば引き下がるしかありませんし、はっきりタイプではないと言われたら好きな気持ちも一気にトーンダウンするんです

 

だからこそ正直に自分の気持ちを言うのって相手の気持ちをこちらに残さない意味では一番の告白を断る方法といえるのです。

 

 

 

同性だけが好きと言う

同性が好きなんで付き合えないと言う

 

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方の6つ目は、
異性を愛すことができないって言うのも手です。

 

もちろん本当にそういう人も世の中には沢山存在するし私の周りでもそういう人はおりました。

 

でも同性が好きで異性を愛せないのを嘘として断り文句で使うってのもかなりお勧めします。

 

 

この場合は食い下がってくることはほぼ100%ないし相手はすぐ諦めてくれます。そういうことなら仕方ないと思ってくれるからです。

 

 

これって嘘の場合であっても同性が好きってことをカミングアウトしたことにもなるわけなんで、そういうのが恥ずかしいと思ってるならあまりオススメできないです。

 

でもガチで同性しか愛せないってわけでなく嘘で使う場合は意外と恥ずかしい気持ちにはならないもんですよ。

 

 

告白された時の相手をあまり傷つけない上手な断り方まとめ

:嘘であっても恋人がいると言えば9割方諦めてくれるし言いやすい。

 

:忙しくて誰かと付き合う余裕がないとキッパリと言う。

 

:前の彼女や彼氏が忘れられないと言えば大抵諦めてくれるし使いやすい断り文句である。

 

:はっきりとタイプではないと言うことで相手はこちらへの気持ちが一気にトーンダウンしてくれるのでそういう意味でもオススメ。

 

:異性を愛す事ができないと言えば相手は納得してくれるし嘘の場合であっても案外気楽に言える。