トップへ戻る

女友達と付き合うきっかけあるある

女友達と付き合うきっかけについて

※2018年10月24日:情報更新しました。

 

女友達と付き合うきっかけって女友達と知り合ってどれくらいの期間で恋人関係に発展したかによっても違ってくるかとは思います。

 

知り合ってからまだそんなに長い期間を経過してない女友達だったり、1年や2年やそれ以上もの間女友達だったり、友達期間は長いけどもあまり深い付き合いはしてなかったケースなどなど様々だと思います。

 

いずれにしろ女友達⇒恋人に昇格するのってそれなりのきっかけや理由がないとなかなかないことではありますよね。

 

だってどっちが好意があってももう1人が付き合う意思がなければカップルとしては成立しないわけですからね。

 

なので結構最初はその気でなかったけども、ちょっとしたことで二人の気持ちがほぼ同時に盛り上がってカップルなったということもあるのではないでしょうか。

 

それでは今回は女友達と付き合うきっかけでよくあるケースを紹介します。

スポンサードリンク

 

 

女友達と付き合うきっかけとして一緒にいるうちに相手の良さに気付く

女友達と一緒にいうちに愛が育つ

 

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースの1つ目は、友達になって2人で会うようになって最初はもちろん異性として意識してないしお付き合いするなんて夢にも思ってなかったけども、⇒人柄が好きや性格で好きになるなどの人間性が好きで恋愛感情はわく?の記事でも類似することを説明してますが女友達の優しさや一緒にいて落ち着くとかのどっちかといえば女友達の内面に惹かれ好きになってお付き合いに発展することが多いです。

 

 

私も同じような経験があるんです。ある人の紹介で知り合ってちょくちょく二人で会うようになりました。月に数回ペースで会っていて2ヶ月半くらい経過したあたりからなんだかその女友達の事を異性として意識してしまったんです。もちろんそれまではその女友達を異性として意識したことってなかったけども、一緒にいて楽しいとか優しさに触れてそれが段々ときっと蓄積されていって恋愛的な意味での好きに昇華して行ったんだと思います。

 

 

会う回数をゆっくりと重ねていったからこそ愛もゆっくり育ったのかなって思いますね。

 

 

そう考えると相手への愛っていつ芽を出すのか自分でも予測ができないものだと言えるのかもしれませんね。

 

ほんと突然好きという気持ちが芽を出してくるもんなんです。

 

これは男女関係なくあるでしょうけども、男のほうがそういう感じになることって多いのかもしれません。

 

 

お互いに恋人と別れたのも女友達と付き合うきっかけとして多いパターン

同じ時期に恋人と別れたら女友達とはすぐ付き合える

 

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースの2つ目は、知り合って友達になった時点でお互いに彼氏や彼女がいたけども、それでも純粋な異性の友達として時々会うような関係だったが、その後に割とお互いに近い時期に恋人と別れ、その事を当然お互いに知らせるわけなんです。

 

そうなった場合に、一番仲の良い女友達というポジションに相手がいた場合なら恋人に発展する妨げはないわけなんでそのまま恋人として昇華することって多いかと思います。女性からしても一番仲の良い男友達であれば恋人になることに抵抗って少ないかと思います。

 

 

これは彼氏がいても気にせす仲良くなるの記事でも触れてますけども、相手が可愛いとか美人であればあるほど友達になった時点では彼氏がいる事が多いですし将来結婚しなければいずれその彼氏と別れるわけなんで、別れることを期待しつつ女友達としてキープして仲良くしていれば別れたときは自分と付き合ってくれる確率が高くなるわけです。

 

 

女友達がストライクゾーンから外れていた場合は交際には発展しませんけども、異性の友達になってそれなりの回数会ってるってことは少なくとも内面的にはマッチしてる部分が多いのではないでしょうか。

 

 

まあかなり外見を重視する場合だと性格的にはマッチしてるけどもルックスが好みでなければ彼女や彼氏にしたいとかって思えませんけどね(笑)

 

 

●おすすめ⇒★外見重視で恋人を作るメリットとデメリット

 

 

でも上記のように恋人に発展する場合って女友達とは友達以上恋人未満くらいの関係になっていたからこそなんだとは思います。

 

 

初期の段階からどちらかでも好意がある

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースの3つ目は、友達になって割と早い時期にどちらかか、どちらともに好意がある場合です。

 

女友達や自分に好意があると付き合える事が多い

 

 

好意があるけども、それを使えることができなくてズルズルと異性の友達期間が長くなってしまったけども、どうしても気持ちを伝えたくて告白して付き合ったり、女友達になってそんなに長くないけども相手の女性への気持ちが盛り上がりすぎて告白して交際に発展する場合も多いのではないでしょうか。

 

あとは上記でもちょっと触れてますけども友達になって割とすぐにお互いに惹かれあい自然と恋人関係に発展することも多いはずです。

 

 

男と女が2人で会うような関係になった場合はやはりかなりの確率でどちらかでも相手に好意を抱く確率が高いんですよね。

 

2人で会えば相手の良い面もどんどん知れるわけなんで、会う回数を重ねていけばもっともっと相手に惹かれていき好きという気持ちに気付くんだと思います。

 

 

それだけ男女が2人で長い時間一緒にいると同性の友達のようにはなかなかなり得ないと言えるのではないでしょうか。

 

 

異性の友達として恋人として発展せずにかなり長期間長く続くのってお互いにずっと異性としてずっと意識してないか、または最初は異性として意識していたけども、その気持ちが途中で盛り下がった場合のみが多いかと思います。

 

 

私も過去に最初はすごい好意を抱いたけども会ってるうちになんだか家族愛的な感じになってしまって、恋愛感情が消えてしまってそのあとはずっとその人とは異性の友達として付き合うようになりました。

 

 

 

女友達と付き合うきっかけとして自分好みの女に変貌していた

女友達が理想通りのルックスに変貌して付き合いたくなった

 

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースの4つ目は、自分の好みの容姿になった場合の記事でも同じに説明してますけども、ある日を境に女友達のオシャレの傾向が自分が好むような感じに変わった場合です。

 

 

例えば自分がポニーテールが大好きな男だった場合は、ある日から女友達が自分と会ってるときは可愛いポニーテールにしてたりすると異性として意識して一気に恋愛に発展したり、ショートボブの女性が好きな男性であれば女友達がロングだったけどもある日から急にサラサラのショートボブになってたりすると、そそられてしまい付き合ってみたいと思うのではないでしょうか。

 

髪型の例を出しましたけども、これが妙に色っぽいメイクになって前とは別人のような自分好みな雰囲気の顔になってたりしても好きになってしまい告白して恋人に発展することもあるのではないでしょうか。

 

 

私の場合でしたら、基本的にオシャレに気を使ってる人が好きですけども、特にオシャレなネイルをしてる女性が好きなんで、今までネイルなど全然してなかった女友達がある日からオシャレなネイルをしてたりすると惚れてしまうかもしれません。

 

 

それくらい髪型やメイクやオシャレ全般にしてもそうですけども、自分好みなものに女友達がしてくれたら男は単純なんでそれだけでも惚れやすいわけなんです。

 

惚れて告白した場合は、親密な女友達であればあるほど告白をOKしてくれる確率って高いはずです。

 

 

★オシャレな女性関連のオススメ記事はこちら↓

 

⇒オシャレで女子力が高い女性が多い職業

 

 

女友達と付き合うきっかけがほしくて軽い気持ちで付き合ってみる?と言った

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースの5つ目は、女友達とは異性の友達としてそれなりに定着していて何でも話せる間柄にはなっていたがルックス的にもストライクゾーンであるので半分冗談で「俺と付き合ってみる?」と言ってみたら女友達のほうも「マジで付き合ってくれるの?」って感じで乗り気になってくれた場合はその流れで恋人に昇格することもあるのではないでしょうか。

 

 

まあこのケースの場合は他の4つのケースよりは少ないかもしれないけども、軽いノリで言ったら案外付き合える場合もあるということを説明しました。

 

 

女友達と付き合うきっかけでよくあるケースまとめ

:女友達と付き合うきっかけとして一緒にいるうちに女友達の内面に惹かれゆっくり好きになっていった。

 

:女友達とは友達以上恋人未満の関係だった場合にお互いに恋人がいたがほぼ同じ時期にお互いに恋人と別れた場合は恋人に発展しやすい。

 

:女友達と付き合うきっかけとしては初期の段階からどちらかでも好意を持っていた場合は、お付き合いに発展しやすい。

 

:ある日を境に女友達が自分好みのルックスに変貌して好きになってしまった。

 

:女友達と付き合うきっかけにしたくて軽いノリで付き合ってみる?って言ったら女友達も乗り気だったのでそのままお付き合いする。

 

★あわせて読みたい関連記事↓

 

⇒女友達が好きかもと思ってしまった時の対処の仕方