トップへ戻る

彼女といると楽しい感じるようになるには

彼女といると楽しいについて

彼女といると楽しいについてですけども、当たり前ですが彼女といると楽しいと感じられる事って理想的なお付き合いなのではないでしょうか。

 

それに+に落ち着けるとか安らげるとかがあればもっともっと理想的なわけです。

 

でも今現在、彼女の事は好きではあるけども楽しいまではなんかいってないと感じる男性もいるのではないでしょうか。

 

例えばマンネリや倦怠期に入ってしまったり、お互いに自分の事ばかり優先しようとして何かと彼女とぶつかってしまうこともあったりするとイマイチ楽しいとは思えないわけです。

 

それでは今回は、彼女といると楽しい思えるようになるにはどうしたらいいかを書きます。

 

 

会う頻度をあえてセープする

彼女といると楽しい思えるようになるには、会う頻度をあえてセープする事も大事な事かなって思います。

 

やっぱり毎日とか週に3回も4回も会ってしまうと、早い段階でドキドキ感も薄れるしマンネリにも陥りやすくなるしお互いに馴れ合いになってしまって振る舞いも自分勝手で雑になりがちになるんです。

 

そうならないためにも、彼女と週一で会うくらいが丁度いいのではないでしょうか。

 

週一であれば少なすぎるわけでもないし、会いすぎている頻度でもないので一番適度で丁度良いし、長く仲良くしていくにはベストな会う頻度なのです。

 

週一程度の会う頻度だともうちょっと会いたいなあって思う事も多いかもしれませんけども、そのもうちょっと会いたいなあって感じるところがポイントなのです。

 

そのように思えれば、次に会う時が凄く楽しみになってきますし会ってる時も毎日のように会ってるよりかは全然楽しく感じられるのです。

 

それにそれくらいの頻度で会えば相手を思いやれる余裕もできるしベストなのです。

 

仕事などで忙しいのに、毎日とか週に3日や4日も会ってしまうと身体が段々疲れてしまって心にも余裕が無くなってくるので良い事はないのです。

 

まあ付き合い始めは毎日のように会っても大丈夫でしょうけども、段々とキツくなってくることが多いのではないでしょうか。

 

なので自分の心と身体の健康状態を保つためにも彼女とは週一程度の頻度で会うようにしましょう。

 

彼女と週一で会う頻度をしっかりと保ちたいなら会う曜日は決めておけばいいのです。

 

 

彼女を喜ばせる事をする

彼女といると楽しい思えるようになるには、彼女を喜ばせる事をするのも結構効果的です。

 

何故、彼女といると楽しい思えるようになるには、彼女を喜ばせる事をするのが効果的なのかと言いますと、彼女を喜ばせる事をすれば当然彼女は喜ぶわけですけどもその彼女が喜んでくれる姿を見ると彼氏であるこちらも嬉しくなるし幸せな気持ちになるし結果的に彼女といると楽しいと思えるのです。

 

彼女といると楽しい

 

彼女を喜ばせるって事は、人に対して無償の愛を与えてる事でもありますけども人間ってこうした人に対して無償の愛を与えてる時こそ一番喜びを感じられる時なのではないでしょうか。

 

しかも無償の愛と言っても愛は人に与えれば与えるじほど自分に何倍にもなって返ってくるのです。

 

だからこそ、彼女に限らずですが人に対してどんどん喜んでもらう事をしていったほうがいいのです。

 

普段からどうすれば人を喜ばす事ができるかを考える癖をつけていけばいいのではないでしょうか。

 

そうすればいくらでも人を喜ばせることが浮かんでくるはずです。

 

 

1人の時間を大事にする

彼女といると楽しい思えるようになるには、1人の時間を大事にする事も結構効果的です。

 

どうして1人の大事にする事が彼女といると楽しい思えるようになるのかですけども、彼女ばかりに依存してしまって彼女中心の生活になってしまうとやっぱり会う頻度が多くなったり連絡を取り合う頻度も多くなったりしちゃうので結果的に前述した通りで早い段階で彼女に飽きたり冷めてしまう事も多いのです。

 

そうならないためにも1人の時間をしっかりと充実させていって、1人で自分自身を見つめる時間をしっかりと作っていくほうがいいのです。

 

彼女と自分1人の時間のどっちを重視するかですけども、5:5くらいでもいいし6:4くらいで自分の1人の時間のほうを重視なさってもいいのではないでしょうか。

 

ですので、そうするためにも1つ目でも書きましたけども彼女と会うのはせいぜい週1までにしときましょう。

 

やっぱり毎日とか週に3回も4回も会ってしまうと自分1人の時間がその分減ってしまってバランス的にも崩れてしまうし、結果的に体力的にも精神的に疲弊してしまうのです。

 

1人の時間だったら余計なエネルギーも使わないでしょうし、静養にもゆっくり当てられるのでエネルギーを蓄える意味でも1人でゆっくりする時間は十分確保しておきましょう。

 

1人でいる時間を大事にしてゆっくりできていれば、彼女とのデートも余裕を持って出来るし結果的に彼女といると楽しい思えるようになるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

:マンネリを防ぐ意味でも彼女と会う頻度は週一にする。

 

:彼女を喜ばせる事をすれば当然彼女は喜ぶわけですけどもその彼女が喜んでくれる姿を見ると彼氏であるこちらも嬉しくなるし幸せな気持ちになるし結果的に彼女といると楽しいと思える。


【シェアする】