トップへ戻る

大雪 楽しむ 方法

大雪の日について

大雪って北海道や東北などでは冬は何度も降りますけども関東やその他の積雪量が少ない所であっても降る事がありますよね。

 

大雪レベルになると道路が通行止めになったり電車や飛行機も運休になることも多いので交通機関はマヒしてしまいます。

 

大雪が降った日にお仕事や学校がある人はかなり困ることも多いのではないでしょうか。

 

 

でも大雪が降った時だからこそ楽しめる事もあったりするし工夫すれば楽しめる方法が見つかるのではないでしょうか。

 

 

今回は大雪の日の休日を楽しむ方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

 

窓から雪景色を楽しむ

大雪の日の休日を楽しむ方法の1つ目は、
大雪の日の昼間に家にいるときならば、自分の部屋の窓から雪が舞ってる様子をしばらく眺めてみてはいかがでしょうか。

 

そしてできればカメラでその大雪が降ってる外を窓越しからでも撮ってみると良いかと思います。
より綺麗に撮りたいなら寒いけども窓を開けて撮ってみましょう。

 

カメラだと動画も撮れるわけなんで動画に撮ってユーチューブにもアップしてみてはいかがでしょうか?

 

 

私は年に1回か2回は強めの雪が降った日はマイルームの窓を開けて外を動画撮影してるんです。

 

窓を開けるんで寒いですけども1~2分くらいしかしてないんでなんとか我慢できてます(笑)

 

ちなみに大雨の時も動画を撮ることがありますよ。ゲリラ豪雨とか雷が凄い時などはどうしても撮りたい衝動に駆られるんです。

 

 

※私の部屋の窓から撮った雪の日の動画↓

 

 

 

窓から大雪が降ってる景色を眺めているとなんだか落ち着くし、外はこんなに凄い雪なのにポカポカな家で過ごせることが凄く幸せな事なんだなってことも実感できるんですよね。

 

 

こういう何気ない事で幸せを実感できるって生きる上では大切な事なのではないでしょうか。
贅沢をしなくてもそういう幸せを味わえるわけですからね。

 

 

昼間に窓から大雪の景色を楽しんだりカメラで撮ったりするのってやっぱり休日とかお仕事前くらいしかできませんよね。
職場からも撮ろうとすれば撮れるんでしょうけども忙しくて余裕がない方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

カマクラや雪だるま作ってみる

雪だるまを作ってみる

 

大雪の日の休日を楽しむ方法の2つ目は、
私は北海道ですし大雪が降るたびにカマクラを作ったりはあまりしませんけども、昔は庭とか玄関の近くにカマクラを作って中に入って遊んでいました。

 

関東とか関西とか九州などだとなかなかカマクラが作れるレベルにまでは積もらないと思いますのでそのような場所にお住いの方でしたら雪だるまを作る方なら多くいますよね。

 

なので冬の思い出を作る意味でも雪だるまを作ってカメラでそれを撮れば良いのではないでしょうか。

 

 

ブログとかツイッターとかフェイスブックをされてるならその雪だるまの写真をそれたにアップすれば良いネタになるなずです。

 

 

私はカマクラを庭などに作った時は、カマクラの中でお菓子を食べたり、暖かいコーヒーを飲んだりしたこともあります。
意外とカマクラの中って暖かいんです。もちろんあまりにも長時間いると寒いし体は冷えてしまいますけどね。

 

 

カマクラを作る時も雪だるまを作る時もサラサラした雪よりかは重いベタ雪のほうが制作しやすいです。
サラサラした軽い雪だと作ってもすぐに崩れて失敗することが多いからです。

 

 

当然のことですけども大雪の日に雪だるまやカマクラを家の敷地内に作る時はしっかりと防寒具に身を包んでくださいね。
あとあまりにも猛吹雪の時は危険なのでカマクラ作りや雪だるま作りは中止しましょう。

 

 

 

コタツでまったり⇒昼寝

コタツでごろごろ過ごす

 

大雪の日の休日を楽しむ方法の3つ目は、
家にコタツがあるならばコタツに入ってテレビを見るでも良いしお菓子を食べたり読書をなさっても良いのではないでしょうか。

 

 

コタツの中でゴロゴロしながらお菓子やご飯を食べてるどうしても眠くなってくるんで眠くなってきたらコタツからでてベッドや布団で昼寝をするようにしましょう。

 

コタツの中で寝ても良いでしょうけども、電気代がその分、無駄にかかってしまいますし、風邪をひいてしまう可能性もあるんでしっかりと寝室のベッドか布団で寝るようにしましょう。

 

 

大雪の日に家の中でコタツに入ってる時ってやっぱり凄く癒されるし幸せを実感できるんですよね。

 

コタツだからこそ味わえる感覚もあるし、コタツを持ってない人はぜひ購入しましょう。

 

 

コタツを購入する時はできればコタツの掛け布団や敷き布団なども全てセットになってるものを購入しましょう。
バラバラに買うよりかは割安になっておりますので。

 

サイズも色々ですけども、1人で使うだけであってもちょっと余裕があったほうがより寛げるんで幅は120cmくらいのものを選ぶようにしましょう。

 

それくらいのものですとコタツ布団などもセットのものでしたら2万円前後で売ってる事が多いです。

 

 

コタツはそれなりに大きいものですし、種類も沢山の中から選べるネット通販で購入することをオススメします。

 

 

★コタツ関連のその他の必見記事はこちら↓

 

⇒コタツの中でゆったり過ごす

 

 

ちょっとだけでも外に行ってみる

吹雪に外にちょっといく

 

大雪の日の休日を楽しむ方法の4つ目は、
かなり吹雪いてる日であってもちょっとだけで良いので外にでてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん遠くまで行く必要はないです。玄関から5メートル先でも10メートル先でも良いので数分間だけ外にいるのです。

 

吹雪いてる時にこうしてちょっとでも外に行ってからまた家に帰ってくると家の中の有り難味を凄く実感できるんです。
暖かい家の良さを再認識できるし、こうして屋根のある家にいれることって凄く幸せな事なんだなって事がわかるはずです。

 

 

猛吹雪であっても家の近くを数分間でてるだけだったらそんなに危険はないので大丈夫です。
とにかくすぐに家に戻れる距離だけにしてくださいね。

 

 

 

猫がいると楽しいです

大雪の日の休日を楽しむ方法の5つ目は、
猫を飼える家にお住いでしたらあらかじめ猫を購入なさってはいかがでしょうか。

 

 

大雪の休日ですと基本的に外に行かない人が多いでしょうし行きたくないって人も多いんで誰とも会わない事になりますけども、そうなると結構退屈になるわけです。

 

そういう時に猫がいるとほんと癒されますし和むし家の中にずっといても楽しめるんです。

 

 

猫の体ってほんと柔らかくて触り心地が良いですし、ちょっとした表情や鳴いてる声もほんとキュートなんで萌えるんです。

 

膝などに乗ってくれたら可愛すぎてキュン死しちゃうそうになります(笑)

 

 

今は亡くなってしまったけども以前、猫を飼ってた時は、晴れてる休日であっても猫と長く一緒にいたいがためにあまりお出掛けはしなかったです。
それくらいに私は猫にハマってました。お泊りの旅行とかも全然いってなかったです。

 

実家住いなんで私が泊まりにいっても世話してくれる人がいるにも関わらずです。

 

 

大雪の日の休日を楽しむ方法まとめ

:部屋の窓から雪景色を見たりカメラで撮影したりする。

 

:コタツに入ってお菓子を食べたりご飯を食べたり読書をし、眠くなったら寝室で昼寝をする。

 

:ちょっとだけ外に行って外と家の中のギャップを味わう。

 

:猫がいると家の中にずっといても退屈しないし癒される。

 

 

★あわせて読みたい冬や雪関連のオススメ記事はこちら↓

 

⇒暇な冬の家の中での過ごし方オススメ5選

 

⇒冬を楽しむ方法や過ごし方の独身者の暇な休日編5つ