トップへ戻る

お盆休みの暇な時の過ごし方の独身編

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方などについて

※2019年4月7日:情報更新しました。

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方についてですけども、現在独身の方にとってお盆休みって、どのように過ごそうか結構悩む方も多いかと思います。

 

どう過ごせば有意義かとか、どのように過ごせば、楽しいお盆休みを満喫できるかなどなどを考えてる方も多いかと思います。

 

それでは今回は、お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編を10ほどあげて紹介します。

 

 

実家に帰省する

お盆休みに帰省する

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の1つ目は、実家がある人なら実家に帰省してみてはいかがでしょうか?

 

まあこれは当たり前といえるかもしれませんが、それでも結構お盆に実家に帰らない人も多いかとおもいます。

 

正月休みは必ず帰省するけども、お盆休みって実家に帰ることなくダラダラ過ごすことが多い独身者って多いんです。

 

むしろ正月よりかはお盆に実家に帰省されるほうが重要かなって思います。

 

何故かと言うと、やっぱりお盆といえばやはりお墓参りにいくのが大事になってくるからです。

 

 

お盆に実家に帰れば皆揃ってお墓参りに行くパターンが多いですし。

 

 

年に1回のお盆時のお墓参りってやっぱり行くべきですし、そのためにも正月よりはお盆に帰省するべきなんです。

 

まあ実家に帰っても実家より遥か遠くにお墓が有る場合はお盆時にお墓参りにいけないかもしれませんので、それは例外になってきます。

 

金欠だったりする場合は実家が遠くにある場合だと帰省できない理由になっちゃいますが、多少奮発してでもやはりお盆時に帰ってお墓参りだけはしたほうが良いです。
お盆にどうしても帰れない場合は、9月のお彼岸の時期に帰省してお墓参りに行くのも良いですけども、それだとまたお盆休みとは別な話しになってしまいますが(笑)

 

 

一人旅で寝台列車の個室を利用する

寝台列車に乗って一人旅をお盆にする

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の2つ目は、暇すぎる独身者って基本的に恋人がいないってのも共通してる部分かと思います。

 

お盆休みをまとめて取れそうなら3泊4日くらいで一人旅してみてはいかがでしょうか?

 

お金はかかりますが、1人旅って連れがいるよりかは気楽ですし自由に動けるメリットもあるんで意外と楽しいもんです。

 

★1人そこそこ楽しめるスポットを解説しているこちらも記事も参考にしてみてください↓

 

できれば、あまり都会にはいかずに温泉地がベストかなって思います。

 

お盆に温泉地に行く

 

そしてゆったりと温泉に浸かり体も心も癒されてくればいいかとおもいます。

 

マイカーを持ってる人でも運転はなんだかんだで疲れると思いますので、電車などを利用なさったほうが良いです。

 

行く場所は、かなり距離があるようなところを選んで寝台列車の個室を利用なさってみてはいかがでしょうか?

 

寝台列車の個室ともなるとちょっと割高ですけども、個室のほうがやっぱりリラックス出来るかと思います。

 

かなり良い個室のプランを選ぶと食事も豪華ですし最高のサービスを受けられるメリットもあります

 

私は利用したことあるんでわかりますけども、ほんと寝台車の個室で美味しい料理が食べられるプランって良い意味で非日常間を味わえますし、選んで後悔は絶対しないと思います。

 

 

それに寝台車の個室だと長時間電車に乗れるので景色もゆったり楽しめるところも魅力であります。

 

お盆時は混み合う電車であっても、早めに寝台車の個室を予約しておけばそういう混み合ってなかなか座れなかったり、予約が取れない心配もないです。

 

2週間前とかだと既に予約で一杯になってることが多いのでお盆の1ヶ月前あたりから予約しとけば良いかとおもいます。

 

 

新しい事を始めてみる

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の3つ目は、暇すぎる独身者さんはお盆休みから新しい趣味やら資格をとるための勉強をスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

まあ何をやったら良いか検討がつかないと思いますが、1時間でも2時間でもまずはそのことをずっと考えてみるのです。

 

1時間か2時間、何をしたら良いか考えても答えが出なかった場合であっても、そのあとにふとした時に、突然これをしてみようって感じでビビビっとひらめくはずです。

 

どうしてひらめくかと言うと真剣に物事を考えたときって皆さんの中にある潜在意識がその答えを勝手に探してきてくれるからです。

 

だからこそ、潜在意識が答えを探しだしてくれたときに、その答えを我々に教えてくれて、ひらめくわけなんです。

 

いかに真剣に考えるかが重要になってきます。

 

真剣に考えないと潜在意識が探しまわってくれないからです。

 

ぜひ実行しましょう!きっと上手くいくはずです。

 

私がお盆から始めた趣味ですと、ロードバイクを買って週に1回くらいは長距離を走ったりしてますね。

 

もう2年くらいになりますが。

 

他ですと8年前にお盆時に猫を飼い始めました。

 

 

異性との出会いを探す

お盆に出会いの種を蒔き秋に実らせる

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の4つ目は、暇すぎる独身者って基本的に上記でも書きましたが恋人がいません。

 

恋人がいればそもそも暇すぎることってないですよね。

 

なのでお盆休みに思い切ってSNSや出会い系サイトに登録して新しい出会いを探してみてはいかがでしょうか?

 

もちろんお盆休み中に恋人ができる確率は低いと思いますので、その足がかりをまずはお盆休みに付けておくのです。

 

別の言い方すれば出会いの種まきをお盆休みにするのです。

 

お盆休みが暇な独身者であれば十分それらをやりこむ時間がありますし、大量に出会いの種を蒔いておけば、秋くらいには実る可能性があるかと思います。

 

★彼女の作り方や心構えなどを紹介しているこちらの記事もご覧ください↓

 

 

イメチェンする

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の5つ目は、お盆休みを機にオシャレ全般のイメージチェンジをなさってはいかがでしょうか?

 

お盆中に思い切ってイメチェンをする

 

例えば今までしたことがない髪型にしてもらいに美容室に行ってみたり、今まで着ていなかった系統の洋服を購入してみるのです。

 

それらをすることによって気分的にもリフレッシュできるかと思います。

 

ちょっとお金はかかりますが、損はしないですし、自分を磨く意味でも有意義なお金の使い方だと思いますので。

 

 

色んな本を読みまくる

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の6つ目は、本を読むのが好きだけども普段お仕事が忙しくて読む時間がない独身者ならお盆休みを利用して読書に没頭してみてはいかがでしょうか?

 

お盆中に読書に没頭する

 

それなりにまとまった休みがあるならば、何冊も読めるかとおもいますし。

 

私がお盆休みに読書をする時は、前もって古本を7~10冊ほど購入するパターンが多いです。

 

別に新書でも良いですけどもやっぱり新書だと高いですし、まとめて本を買う場合だとかなりの出費になるんで私は新書は滅多に買いません。

 

別に新書でなくても読んだことのない面白い本って無限にあるわけなんで格安で買える古本を選んだほうが賢いのです。

 

あとはどうしても新刊も読みたいと考えているならばgwの暇な独身の過ごし方の中でも紹介してますけども、10冊購入するとしたら、そのうちの5冊は新書であとの5冊は中古本という5:5の割合で購入するのも一考かと思います。

 

 

断捨離する

物を捨てて良運を引き寄せる

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の7つ目は、いらないものをどんどん捨てていく断捨離です。

 

部屋の中にあるものをよく見渡していけば、もう着ない服や使ってないものって結構あるはずです。

 

それらをお盆休みを利用して捨てると良いでしょう。

 

まとめて捨てることで、風水的には、新しい運が入りやすいと言われてます。

 

しかも良い運が入ってくると言われてますので断捨離しない手はないでしょう。

 

私も以前かなりまとめて断捨離したことがあるけども、やっぱりその後は、良いヒラメキみたいなものが浮かびやすくなってきたし、それによって運が開けてきました。

 

すぐに変化はないかもしれませんが、忘れたころに何かしら変化がでると思います。

 

 

引越しをする

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の8つ目は、お盆を機に新しい所に引越しをするってのも良いかと思います。

 

お盆中に引越しをする

 

前々から引っ越したいと考えているならばお盆休みであれば時間が十分取れるわけなんでこの期間に引越しするわけです。

 

もちろん引越し先を見つけるのはお盆前にやっておかなくちゃいけませんけどね。

 

引越し先を見つける作業は、お盆の1ヶ月か2ヶ月前から取り組めば十分余裕が持てます

 

引っ越すことで色々と流れが変わるし、新しい運が自分に吹き込むし気分的にもリフレッシュできるんで良いと思います。

 

お金がそれなりにかかりますが、それよりも上記で書いたようなメリットのほうが大きいのでちょっとでも引越しを考えているならばお盆休み中にするのが良いかと思います。

 

森の中を散歩する

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の9つ目は、森の中を散歩してみる事もオススメします。

 

お盆中に防風林を歩いてみる

 

果てしなく続くような深い森は色々と危険だと思いますので、面積的にはそこそこ広い市とかが町が管理している防風林などを歩いてみてはいかがでしょうか。

 

人が歩く道などもあるような防風林を歩くのです。

 

こういうところを歩くと森ってマイナスイオンに溢れてますので、そのようなマイナスイオンを浴びると気持ちもリフレッシュできますし、たまにでもそういうところを歩けば結構気分的に一変することが多いです。

 

私の住む市には割と近場にも長い防風林があって大変歩きやすくなっております。

 

そこは市民のウォーキングや散歩コースにもなってます。

 

今までそういう防風林などを歩く事がなかった方はお盆休みを機に、継続して歩くようにすれば良いかと思います。

 

まあ継続的にといっても別に毎日しなくても良いでしょう。

 

週に1回でも2回でも運動というよりかは気分転換程度に歩く気持ちで歩けば良いのです。

 

防風林を散歩しようと思ったお盆休みのとある日に雨が降ってしまったら、さすがに歩き難いのでその時は中止にしましょう。

 

まあ小降りであれば雨の散歩も結構心地良いもんなので防風林散歩を決行しても良いでしょうけども、もし雨が降って中止なさるなら雨の日の休日の過ごし方も参考になりますので読んでみてください。

 

★夏休みの過ごし方関連のオススメ記事↓

 

高校生の夏休みのオススメな過ごし方について語る
高校生の夏休みの過ごし方

 

 

菓子パンの食べ比べをする

菓子パンの食べ比べをする

 

お盆休みの暇すぎる時の過ごし方の独身編の10番目は、ちょっとマニアックな事かもしれませんが菓子パンを沢山買いまくって食べ比べてみてはいかがでしょうか。

 

もちろんお盆休みのとある日1日だけでまとめ買いしなくても良いですよ。

 

例えばお盆休みの1日目に2個買って、2日目に3個買ってみたり3日目に2個買ったりって感じでしていけば良いでしょう。

 

やっぱり1日だけでまとめ買いすると賞味期限とか切れてしまいますのであまりおすすめできませんし。

 

 

数店のコンビニを利用する

 

代表的なコンビニだとセブンイレブンとローソンとファミリーマートがありますけども、この3店で菓子パンを購入するのです。

 

で、できればまだ一度も食べた事がない菓子パンもあると思いますのでそういう一度も食べた事がない菓子パンをチョイスして食べ比べするのです。

 

 

SNSに写真と感想をアップする

 

単に食べ比べるだけでなくて、できれば買った菓子パンをカメラで撮って食べた感想とともにブログやSNSにアップしてみてください。

 

そういうところにアップすれば色んな人が見るわけですので、見て読んでくれるとやっぱりちょっと張り合いがでて面白くなるからです。

 

このような事を菓子パンを買って食べ比べして写真と感想をSNSにアップするって事をお盆休みを機会にこの後もずっと継続してみる事をおすすめします。

 

 

まとめ

:実家に帰省してお墓参りにも行く。

 

:寝台列車の個室での旅を楽しむ。

 

:新しい趣味を始める。

 

:お盆休みに出会いの種まきをし長いスパンで異性との出会いを期待する。

 

:オシャレの傾向を変えてイメチェンをしてみる。

 

:7~10冊の古本をまとめ買いして読む。

 

:物を捨てまくり新しい運を呼び込む。

 

:お盆に引越しをすることでリフレッシュかつ人生を良い流れにしていく。

 

:防風林などを歩く事で体も心もリフレッシュさせる。

 

:食べた事のない菓子パンを食べ比べし、SNSなどに写真と感想をアップする。


【シェアする】