トップへ戻る

ぼっち楽しむ遊びスポット13選

ぼっちを楽しむ事について

※2018年12月2日:情報更新しました。

 

まずは、ぼっちについて説明したいと思います。

 

ぼっちとは友達が少ない人の特徴やありがちな事の記事でも深く特徴を説明してますけども、友達が少ないとか友達自体がいないもしくは1人行動が好きな人のことを私の中では指します。

 

孤独が本当は嫌だけどもどうしても人と馴染めなくて結果的に常に単独での行動が多かったりするケースも多いのではないでしょうか。

 

でもそういう人でもそれなりに人生を楽しんでいる方も多いでしょうし最初はそういう孤独が嫌だったけどもそういう自分に慣れてきて純粋に1人での遊びを楽しめるようになった人も多いかと思います。

 

それに昔に比べたら1人でいても楽しめるオススメなスポットも増えたのもそういう人種が増加した理由ではないでしょうか。

 

ですのでそういう人にとってはぼっち行動こそが一番楽しむ事が可能なわけです。

 

では具体的にぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットなどを13ほど紹介します。

スポンサードリンク

 

★ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポット↓

 

ぼっちを楽しむ遊びとして映画館で映画を観る

1人で映画に行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの1つ目は、映画館で映画を見るのってある意味では一番1人で行っても平気だし楽しめるスポットではないでしょうか。

 

基本的にスクリーンを通して作品を見るわけなんで会話なんて必要ないですしその映画の世界を純粋に楽しむわけなんで連れなんて必要ないわけです。

 

まあぼっちだったとしても映画館の中には沢山人がいるんで人が多い場所に長くいるのが苦手な人には向かない場所ではありますが。

 

映画が大好きな人って多いですけどもそういう人って1人でいくことのほうが実際多いようです。

 

私もたまにいくけども1人で来てる人の割合って凄い多い印象があります。

 

連れと行く場合と違って映画館に来たはいいけども、なんだか面白くないなあって思ったらぼっちの場合だと途中で好き勝手に映画館から出ることもできるんでそういう意味でも気軽かとおもいますね。

 

ちなみに私の住む街は映画館がないんで映画を見るには隣の市までいかないと映画を見れません(笑)

 

大昔は映画館が何軒もありましたけど全部潰れてしまったんです。

 

 

図書館

図書館に1人で行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの2つ目は、図書館もぼっちで行動するにはオススメなスポットだと思いますし本が好きな人の多くが1人で来てる場所だと思います。

 

しかも静かですし落ち着ける場所なんです。

 

図書館って割と田舎であっても大体1ヶ所はありますよね。

 

私の家からは若干距離があるんであんまりいきませんが。

 

読書が趣味な場合は当然1人でいても苦ではないしお目当ての本を沢山読めて借りたりもできると図書館って一番好きなスポットなのではないでしょうか。

 

 

猫カフェは、ぼっちを楽しむスポットとしてオススメ

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの3つ目は、猫カフェは田舎とか人口が少なめな所だとまだまだないけども都会だと何軒もありますよね。

 

猫が苦手だったりアレルギーでもない猫が純粋に好きな人にとっては最高のスポットなのではないでしょうか。

 

猫カフェは結構女性が1人で来てる割合が多い印象があります。

 

:猫が凄く好きな人にとっては連れがいなくても楽しめますし癒し効果も抜群ですからね。

 

ですので猫カフェの需要は無くなることはないでしょうし今後も増え続けて行くのではないでしょうか。

 

男性が1人で来てる姿も前に比べたら結構見かけるようになってきました。

 

事情があって猫が飼えないけども猫に触れ合いたい人や猫を飼ってるけども愛猫以外の猫ちゃんとも触れ合いたい人など来る人は様々な印象です。

 

ちなみに猫カフェって猫カフェは猫好きな女性でしたら最適なデート場所の記事でも説明してますけども猫好きな女性との最初のデートコースとしてチョイスするにも最適なんです。

 

 

ヒトカラ

ヒトカラ

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの4つ目は、1人カラオケも右肩上がりで増えているぼっちさんのオススメ趣味ではないでしょうか。

 

どっちかといえば女性の1人率のほうが高いかもしれませんが男性がヒトカラをしにくる人も増加傾向にあります。

 

連れでくるとどうしても気を使うし自分の好き勝手に歌えないってデメリットがありますけどもヒトカラですと自分が好きな歌を好きなだけ歌えるし1つの曲を歌ってて途中で飽きてしまってもすぐに曲を停止しやすいので良いんですよね。

 

連れがいる場合だと1つの曲を歌ってて飽きたとしてもなかなか途中で辞めにくいんです。

 

そのようなデメリットがないのもヒトカラのメリットなんです。

 

ヒトカラってヒトカラに行くの記事でも説明してますけども気分をリセットさせたりリフレッシュさせてくれる効果もあるような気がします。

 

しかもカラオケはそんなに高額な遊びでもないですし2時間歌えれば十分満足できるんで2時間でドリンク込みだとせいぜい1500円くらいが平均なのではないでしょうか。

 

あと連れがいるときよりも照れがない分だけ気持ちを込めて歌えると思うんですよね。

 

私がヒトカラに行くときは毎回2時間ですが多い人だと5時間とかされる方もいるようですね。

 

5時間もいればお腹も空くでしょうしそこでご飯とかも食べてるんでしょうか。

 

カラオケBOX自体も結構な田舎であっても大抵あるし割と行きやすい距離にあるところも良い部分ですよね。

 

個室になってるわけなんでプライベート感も抜群ですし1人の世界に入れるところも魅力であります。

 

 

ゲーセン

ゲーセンに1人で行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの5つ目は、ゲーセンもぼっちにとっての人気スポットの1つではないでしょうか。

 

まあ来る人ですとゲーマーだけになるとは思いますね。

 

プリクラとかもあるけどもプリクラの場合は殆どは連れと一緒の場合が多いので。

 

でもゲームだと8割くらいは1人で来てる男性で占めてるとおもいます。

 

ちなみに私はあまりゲームはしないので滅多にいきませんがゲーセンにたまに行くときはコインゲームのみやってます。

 

あとは友達との待ち合わせにちょっと早く着きすぎたときはゲーセンのコインゲームで遊んだりするんです。

 

ゲーセンもド田舎でなければ大体あるし
デパートや大きめなスーパーの中にも
入ってることが多いので行きやすいですよね。

 

ゲームが上手い人ですと1000円以下の所持金でも長時間楽しめるメリットがあります。

 

 

ショッピング

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの6つ目は、ショッピングも1人で行くほうがより楽しめるのではないでしょうか。

 

連れがいるとゆっくり見れないし自分の好きな場所にも行けないわけなんで、特別いつもぼっちではないって人であっても買い物だけは1人でするって人も多いのではないでしょうか。

 

連れがいて自分の好きな場所ばかり連れまわすのも嫌だしその逆も嫌ですからね。

 

連れと買い物のいく場合は買いたい物が被る場合やショッピングスポットが大体同じだったりする場合のみだけが良いとおもいますね。

 

それくらいショッピングって1人で行くほうがデメリットは遥かに少ないわけです。

 

 

ぼっちを楽しむには釣りも最適

1人で釣りに行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの7つ目は、釣りもぼっちを楽しむには最高な趣味ではないでしょうか。

 

釣りといっても川、湖、海、釣堀などなど選択肢も場所も一杯あるわけですし、ぼっちで釣り糸をたらしてる時ってなんだかとっても落ち着くんですよね。

 

日常のいろんな事も全て忘れて釣りだけのことだけ考えることができるんで、リフレッシュもできるわけです。

 

連れと一緒にいったらそういう感じにはなれないでしょうからね。

 

釣りしててもずっと座ってるわけではなくて釣れるポイントを探して動き周るわけですしそういう時に連れがいたらやっぱり気を使うし疲れるわけです。

 

 

個人的にオススメなのはちょっと森の奥にあるような川釣りが特に楽しいです。

 

クマとか出そうでちょっとだけ怖いですけどもそれもまたスリルを楽しめて良いわけなんです。

 

それに深い森の奥まで入ると自然の空気も満喫できるしマイナスイオンが充満してるんで凄いリフレッシュできるんです。

 

みなさんもぜひぜひ行ってみてください。

 

釣りスポットはネットで検索すれば沢山でてくるけども自分で独自に開拓するのもまた凄い楽しいです。

 

 

パークゴルフ

パークゴルフに1人でする

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの8つ目は、パークゴルフもぼっちで楽しむ人が多いですしパークゴルフ場自体も増えている印象です。

 

 

手軽に始められるパークゴルフの記事でもパークゴルフの良さを説明してますけどもパークゴルフって一応スポーツなんですけどもそんなに体力使いませんし凄く疲れるスポーツでもないんで敷居が低いわけです。

 

クラブとかボールを揃えなくちゃいけませんが、それさえ購入すれば無料で楽しめるパークゴルフ場も多いしお金もそんなにかかりません。

 

有料のところのほうがやっぱり綺麗に整備されるんでより楽しめるとは思いますけどね。

 

私の家からも歩いていけるところに無料のパークゴルフ場がありますが無料の割には整備されていて綺麗なんです。

 

防風林の中にコースがある感じになってます。

 

体力がそんなにいらない分だけお年寄りでも楽しめるメリットがあります。

 

私もたまに1人でいくけども体力は使いませんが難しさはそれなりにあって奥が深いスポーツだなって思います。

 

そういう意味でもやり応えがあるわけです。

 

 

回転寿司

ぼっちで回転寿司に行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの9つ目は、回転寿司です。

 

外に外食するのに1人では行き難いことが多いけども、回転寿司に関しては1人用のカウンター席みたいなのも大体設置されてるんで入りやすいのです。

 

ですので1人で来られている男性って多いです。

 

最近の回転寿司は進化してるので寿司以外の食べ物も色々食べれますしボタン操作1つで注文したものがすぐ自分の目の前にくるんでほんと楽で良いわけです。

 

店員さんと接するのも店に着て席を案内するときと会計の時だけですからコミュ障の方でも入りやすい場所なわけなんです。

 

デメリットを言えば結構お金がかかってしまうことくらいでしょうか。

 

まあ2000円くらい持っていけば結構お腹一杯食べれます。

 

この業界も競争が激しくてどんどん増えていってますし、それによってサービスの質も上がっているのですごく良い傾向にあるかと思います。

 

私は人口10万人程度のところに住んでますけども、そんな割と田舎な場所でも10店くらい回転寿司屋があるんです。

 

 

温泉旅行

1人で温泉に行く

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの10番目は、ちょっとこれはお金がかかりますけども、それなりにお金に余裕がある人で温泉が大好きな人ならばぼっちで楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

 

若い人は少ないかもしれませんが日帰りでも行けるところって多いでしょうし、温泉の場合はかなり田舎にも大体あるんですよね。

 

田舎でも当然旅館などもあるわけなんで泊りがけでもいけますし。

 

そしてそれらの地にある何箇所もの露天風呂を楽しむって最高に極楽なのではないでしょうか。

 

温泉自体が純粋に好きな人にとっては連れなど必要ないですからね。

 

お泊りする場合でもそうだし日帰りの場合でもそのような場所ではご飯も食べれたりするんでその場所それぞれの美味しいものが食べられるメリットもあるわけなんです。

 

私は年に2回くらいしかいきませんが2泊3日で行く場合が多いです。

 

それだけの日数があれば色んな温泉を楽しめますし、かなり有意義に過ごせるわけなんです。

 

2泊3日ですと3万くらいは最低でもあったほうが良いかなって思いますね。

 

交通費もかかるわけなんで。

 

日帰りの場合だとできれば車があったほうが複数の温泉を楽しめるかと思います。

 

 

●温泉旅行関連のおすすめ記事↓

 

⇒国内の温泉地に旅行に行く

 

 

ぼっちを楽しむ遊びとしてプロレス観戦も意外と楽しめる

1人でプロレス観戦

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの11番目は、プロレス観戦をぼっちで楽しむ事です。

 

非現実感を味わえるプロレス観戦の記事でもプロレス観戦の魅力を説明してますけどもプロレスって結構地方にも来てくれるんで見ようと思えば見るチャンスが多いです。

 

キックボクシングや総合格闘技の場合は地方巡業とかやってませんので試合場所はほとんど都会に集中するんで見れませんけどもプロレスは割りと大きな団体ですと大まかに全国を巡ってくれるわけなんです。

 

私も数回見に行ったことあるけども、そこはやっぱり現実世界とは違うファンタジーな世界でした。

 

プロレスの世界だけの世界って感じで。

 

あの独特な雰囲気は体験する価値があるかと思います。

 

現にぼっちで来てる人もプロレス観戦は多いです。

 

純粋に生でみるプロレスを堪能するわけなんで連れがいなくても全然ぼっちで楽しめちゃうわけです。

 

プロレス観戦にハマるきっかけって結構連れがプロレスが好きで、その連れに誘われて行ってハマる人も多いかもしれません。

 

特に女子の場合は。

 

最近はプ女子といわれている女性のプロレスファンも増えているんで女性にとってもプロレス会場って入りやすくなってます。

 

一番のオススメなプロレス団体ですと新日本プロレスとドラゴンゲートです。

 

この2つは会場に女性が凄く多いのが特徴です。

 

 

神社仏閣巡り

1人で神社仏閣巡り

 

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの12番目は、神社仏閣巡りが趣味にしてるぼっちさんも多いのではないでしょうか。

 

こういうところにいけば何かパワーがもらえる気がしますし自分の運勢を上げる意味でも有効な場所ですからね。

 

なのでオススメなスポットなわけですし。

 

神社などはかなり田舎にもあったりしますしそういう場所もネットで調べれば全然でてくるので直ぐに目ぼしい場所が見つかるでしょう。

 

神社仏閣巡りが好きな人ですと例えば出張先があちこちにある人ならその場所その場所の神社などをネットで調べて仕事の空き時間に行ってる方も多いようです。

 

もちろん休日に行ったほうが時間的余裕はありますけどね。

 

デメリットを言えば行くまでの交通費がかかるくらいではないでしょうか。

 

遠い場合だと宿泊代がかかりますし。

 

 

美術館巡り

ぼっちを楽しむ遊びやおすすめスポットの13番目は、美術品に興味がある人ですと美術館巡りを趣味なさってぼっちで行かれる方も多いです。

 

美術館って全体的に品があって中も凄い綺麗にしてるんでその空間にいるだけで心が洗われますし色んな美術品を見て感動もできるわけなんで凄く有意義な時間を過ごせるわけなんで、ぼっちを楽しむスポットとしてはかなり最適です。

 

美術館は割りと低料金で入場できるしそういう意味でもオススメできるんです。

 

ぼっちで行ったほうがゆっくり見れるし変な気を使わないので1人で行くことをオススメします。

 

やっぱり美術品の説明とかを1つ1つ読みながら回ると時間がかかるし連れがいるとそういうのもじっくり読むことができませんからね。

 

 

 

★ここからは、ぼっちではあまりおすすめできないスポットなどをちょっとだけ紹介します↓

 

 

ボウリングはオススメできない

これに関しては言われなくても皆さんしないと思いますがマイボールを持ってるような人ですと結構1人でやってる人もおりますがそうでない場合は1人はほんと寂しいです。

 

隣のレーンに3~5人とか居る場合はなんか寂しい通り越して気まずいですw

 

なので衝動的にボウリングに行きたくなったら誰かを誘いましょう。

 

マイボールを持ってて集中して練習したい場合は1人での練習って重要なんでしょうけども私は実はマイボールを持ってて1人で練習したことがあるけども、自分には一人ボウリングは無理だなっておもいました。

 

1人でも気軽にできるように隣のレーンと仕切りがあって見えないようにしてほしいなあって思いますね。

 

それなら1人でも全然平気でできるんで。

 

 

遊園地もぼっち向きではない

遊園地も1人でいく人ってほぼいないでしょうけども最も1人で行くには向かない場所ではないでしょうか。

 

やっぱり遊園地の場合は連れがいてワイワイキャーキャー騒ぎながら楽しむ場所ですからね。

 

もちろん私も1人で行ったことないですよ。

 

 

★ぼっちでのレジャー関連のオススメ記事↓

 

天気が良い日のオススメな1人での遊び方
⇒★天気がいい日にしたい1人遊びオススメ

 

 

まとめ

私独自に、ぼっちを楽しむ遊びやオススメなスポットなどを説明したわけですがこの中でして見たい遊びなどはあったでしょうか?

 

ちょっとでも興味があれば足を踏み入れてみることをオススメします。

 

それによって良い意味でドップリとハマる可能性もありますし充実したぼっち活動に繋がっていくとおもいますので。