トップへ戻る

別れた恋人 友達になる メリット デメリット

別れた彼氏や彼女と友達になることについて

私の周りを見ても数的にはそんなに多くはないが、
別れた人と純粋な友達関係になってる人達はおります。

 

 

彼らを見てると、異性に対しての接し方ではなくて、
完全に仲の良い友達同士って感じになってるんですよね。

 

 

でも別れたカップルが友達になるってなかなか難しい事ですし、
私自身も別れた人とはもう二度と会ってないことが多いです。

 

 

別れた恋人と友達になる事自体は私は有りだとは思ってますけども、
中にはそんなの絶対に自分だったら有り得ないでしょって思ってる方が多い事も事実であります。

 

 

カップルが別れた後に友達になるパーセンテージって
正確な数字はないしそういうアンケートも聞いたことはないけども、
私の感覚ですと、5%程度かなって思います。

 

要するに別れたカップルの100組のうちせいぜい5組くらいだけが、
その後も友達として付き合っているのかなって思います。

 

 

それでは今回は別れた恋人と友達になるメリットやデメリットを
解説していきます。

スポンサードリンク

 

 

★まずは別れた恋人と友達になるメリットから↓

 

 

何でも話せる親友のような存在になる場合もある

別れた恋人と友達になるメリットの1つ目は、

 

以前付き合っていたわけなんで、
相手の良い部分や悪い部分もわかってますし、
ある意味では相手の全てを知っているようなものですので、

 

自分も相手にさらけ出していたわけですし、何でも話せてしまうんですよね。

 

 

:まさに親友みたいな感じになるとおもいますし、
そこにはもう相手を異性としてみているという
感覚も全くないわけなんで一緒にいて気楽だと思うんです。

 

 

別れた恋人と友達になれば何でも話せる親友になれる

 

 

 

恋人時代のような束縛感もそのような関係になった場合は
皆無になりますし、自分の事を深く理解してくれてるわけなんで、
別れた恋人が友達になるってことは、
まさに一番理想的な友達関係と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

★異性が親友などになるパターンを解説しているこちらも
ご覧下さい↓

 

⇒異性の親友や異性の友達になれる6ケース

 

 

異性の立場からのアドバイスをもらえる

別れた恋人と友達になると異性としてのアドバイスをもらえる

 

別れた恋人と友達になるメリットの2つ目は、

 

どっちかにでも好きな人ができた場合、
異性の立場としての相手の意見を聞けるという
メリットが生まれるわけです。

 

 

これが同性同士の友達だと異性の立場からの意見って聞けませんので、
異性の心理などをダイレクトに知ることはできないわけです。

 

 

でも元カノや元カレに恋愛相談すれば、
異性の立場からの良いアドバイスをもらえやすいでしょうし、

 

異性の心理などもすぐに知れるわけなんで、
凄い心強いわけなんです。

 

 

まあ元恋人という関係でなくても、最初からずっと
純粋な異性の友達である場合も上記のような
相談をした場合に良いアドバイスをもらえやすいでしょうね。

 

 

 

暇つぶしの相手になってくれる

別れた恋人と友達になるメリットの3つ目は、

 

言い方は酷いかもしれませんが、かなり暇でどうしよもない時に、
元カノや元カレを誘って相手も暇であれば暇つぶしの
相手になってくれる事も多いのです。

 

 

まあこれは同性の友達でもそういう暇つぶしの相手になることは普通にあるので、
その部分では特に同性の友達と感覚的には同じでしょうけども、

 

同性の友達よりも一緒にいて更に気を使わずに済むのが元カノや
元カレかなって思いますね。

 

 

恋人ができても堂々と二人で会える

別れた恋人と友達になるメリットの4つ目は、

 

元カノや元カレに恋人が出来た後やお互いに
新しい恋人が出来た後でも堂々と二人で
会うことができるのではないでしょうか。

 

 

でもこれには条件が1つあります。

 

それは、

 

現在の恋人に現在は純粋な友達関係になっている
元カレや元カノの話を沢山して安心させる必要があります。

 

 

 

沢山話してくれることで今カレや今カノは、
元カレや元カノとは不適切な関係ではないということに
確信が持てるわけなんで二人きりで会うことも
許してくれるわけなんです。

 

 

 

これが恋人として付き合ったことはないけども、
仲の良い異性の友達がいる場合でも絶対に
相手の友達にその異性の友達の事を沢山話して
安心させてください。

 

 

 

●ここからは別れた恋人と友達になるデメリットを解説します↓

 

 

恋人関係⇒友達関係⇒恋人関係⇒友達関係

別れた恋人と友達になるデメリットの1つ目は、

 

別れたあとに一旦は友達になったけども、
お互いに寂しさを紛らわすために、再びよりを戻してしまうことです。

 

 

・よりを戻したあとも結局再び別れて、また友達に戻ったけども、
また三度よりを戻してしまうってこともあるわけです。

 

 

これらは最悪なパターンといっても過言ではないでしょう。

 

 

このようにならないためにも、

 

★別れて純粋な異性の友達になったならば、
絶対によりを戻さないってことを別れる段階で約束することが大事になってきます。

 

 

男性の場合は、自分から別れを切り出して別れた場合であっても、
自分からまたよりを戻したいって言い出す人が多い印象があります。

 

一時の寂しさを紛らわすために元カノを利用してしまうわけです。

 

 

男性は特に別れた彼女とまた付き合いたくなる

 

 

結婚したあとは関係を継続するのは難しい

別れた恋人と友達になるデメリットの2つ目は、

 

どっちかでも他の人と結婚でもした場合は、
別れた恋人と二人きりで会うのは難しいと思いますし、
できるかぎりしないほうがベストかなって思います。

 

 

何故かと言いますと、

 

いつ誰に見られるかわからないわけですし、
別れた恋人と結婚したあとも会ったりしたら周りからみたら、

 

浮気しているのでは?と思われてしまって、噂が広がり、
今の奥さんや旦那さんの耳にも入ってしまう恐れがあるからです。

 

結婚したら会いにくくなる

 

 

上記で説明した「恋人ができても堂々と二人で会える」では、
元カレや元カノの話を今カレや今カノに
話した場合なら大丈夫と解説しましたけども、

 

それでも、

 

結婚したあとは常識的に考えても異性の友達と
二人きりで頻繁に会うのは旦那さんや奥さんからしても
あまりいい気分にはならないかと思います。

 

まだ恋人時代だったら許せたとしてもです。

 

 

なので結婚したあとは異性の友達とは二人で会わずに
メール中心にやりとりをしましょう。

 

 

会うとしてもせいぜい年に数回程度にしといたほうが安全です。

 

 

まあ私にこんなことを説明されなくても、

 

結婚してから別れた恋人と会ってる人はあまりいないかもしれませんが(笑)

 

そんなに会いたいとすら思わないかもしれませんし。

 

 

妬きもち妬きな恋人がいる場合

別れた恋人と友達になるデメリットの3つ目は、

 

現在付き合ってる彼女や彼氏が、
物凄く妬きもち妬きな人だった場合は、

 

別れた恋人と純粋な友達関係であっても、
関係をかなり疑ってくるし、対応が面倒になってくることもあります。

 

 

2人の関係を疑う8

 

 

なので、

 

以前恋人だった異性の友達の話は、
最初からあまりしないほうが良いです。

 

女性が特に元カレの話をしたがる方って多い印象があります。

 

 

あとその異性の友達ともあまり頻繁には会わないほうが
ベストでしょう。

 

多くて月に1回程度に留めておくべきです。

 

 

それくらい嫉妬深い人と付き合うのは注意が必要になってくるのです。

 

 

ちょっとでも好きな気持ちが残ってる場合

別れた恋人と友達になるデメリットの4つ目は、

 

友達として別れた人と付き合ってはいるけども、
それでも片隅にでもまだ異性として好きな気持ちが残ってる場合に、

 

相手に彼氏や彼女が出来た場合は、嫉妬心みたいなものが
芽生えてしまうのではないでしょうか。

 

嫉妬心が芽生えてしまって辛い

 

そうなってしまうと別れた人と会ってるときはなんだか辛いし、
別れた人が新しい恋人の話しをしてる時なんかは
聴いててすごく苦痛なわけなんです。

 

なのでこのようなケースの場合は、別れた恋人とは、
スッパリと縁を切るのが一番適切な判断だと思います。

 

 

まとめ

★別れた恋人と友達になるメリット

 

:束縛し合いこともない理想的な親友になれることもある。

 

:恋愛相談では異性の立場でのアドバイスがもらえる。

 

:しっかりと今の恋人に関係を伝えておけば、二人で堂々と会える。

 

 

●別れた恋人と友達になるデメリット

 

:何度もよりを戻してしまうこともある。

 

:結婚した後は二人きりで合うのが難しくなる。

 

:今の恋人が嫉妬深い人だとあまり堂々と二人では会えない。