トップへ戻る

友達を突然嫌になる原因やあるある

友達を突然嫌になる事について

友達を突然嫌になる事についてですけども、誰でも必ずそういう経験をした事があるのではないでしょうか?

 

私も何度もありますし、相手にそう思われたらしき事があるんです。

 

友達を突然嫌になる事ってここでは、かなりの拒否反応を感じてしまって、友達としてもう付き合うのを辞めたいと感じるレベルのことを指すという前提で話しを進めていきます。

 

それでは今回は、友達を突然嫌になる原因や理由などを書きます。

 

 

2回連続でドタキャン

友達を突然嫌になる原因や理由の1つ目は、2回連続でドタキャンされた時です。

 

1回目ドタキャンだとまだ仕方ないなあって感じで許せる事が多いけども、さすがに2回連続で当日でのドタキャンを友達にされちゃうとその友達を嫌いになるきっかけになる事が多いのではないでしょうか。

 

2回連続でドタキャンするような友達にそれをまた許してしまうと、必ずまたドタキャンしますので益々嫌になってくるでしょうし自分の時間を無駄にされまくってるわけなんで、友達やめた方がいい人という烙印を押してもいいのではないでしょうか。

 

 

正常な神経であるならば、何度も何度もドタキャンなんてしないでしょうからね。

 

付き合う価値のない人物と言えるのでさっさと距離を置くようにしましょう。

 

 

3回連続で待ち合わせに遅刻

3回連続遅刻された

 

友達を突然嫌になる原因や理由の2つ目は、3回連続で待ち合わせに遅刻された時です。

 

この場合は時間的には5分とか10分の遅刻ではなくて3回とも30分以上の遅刻だったりすると友達を突然嫌になる原因や理由になってくるのではないでしょうか。

 

まだ5分や10分程度の遅刻だと大したことないし、いつものことねで済ませられますけども30分以上待たされるとやっぱり待ちくたびれるし自分を待たしている友達に対して凄い怒りを覚えるのではないでしょうか。

 

それが3回連続となると沸点に達しているので、嫌になるきっかけになってしまうのです。

 

3回連続で30分以上人を待たせるという神経がすごいですよね。

 

3回連続で30分以上待たせているような人は、待たせるいる事を大した悪いとも思ってないです。

 

反省しているならば、3回連続で30分以上遅刻など絶対しないし気をつけますからね。

 

 

言動不一致が重なって

友達を突然嫌になる原因や理由の3つ目は、言動不一致が重なってくると突然友達が嫌になる事があります。

 

言動不一致とはその字のごとくで、言ってる事と実際してる事がまったく正反対になってしまってるのです。

 

そういう事が多い友達を相手にしてると、またコイツはどうせ口だけだよなと感じるし実際その通りの結果になるとやっぱりなあってなるわけです。

 

例をあげると、「明日からダイエットするぞ」と宣言したにも関わらずその2日後くらいになると、どう見ても一緒にいるときはダイエットしている様子は無くて色んな高カロリーな物を食べまくっていたりするわけです。

 

他にも色々あるでしょうけども、とにかく口ばかりで何でも続けられなかったり、自分は人にウソをついたことがないとか言ってのにウソばかり付いてたりするとその友達が突然嫌になってくるかと思うんです。

 

 

友達に自慢話ばかり聞かされて

友達を突然嫌になる原因や理由の4つ目は、自慢話ばかりする友人や知り合いも突然嫌になる事が多いのではないでしょうか。

 

友達や知り合いになって最初の頃は全然そういう自慢話的な事はそんなに言わないからこそ仲良くなれてることが多いですけども、このタイプは仲良くなった後にそういう自慢話ばかりしてくる事が多くなるパターンが多いです。

 

内容としては「自分は海外に留学していた」だの「一流大学出なんだ」だの「親が資産家なんだよね」とか「彼女が凄いお嬢様なんだ」とかまだまだ色々あるでしょうけども、自慢話ばかりして自分を大きく見せたい承認欲求がとても強い人なのです。

 

最初のうちは嫌々ながらもダマって聞いていたけども、あまりにも度が過ぎて自慢話のオンパレードになってくるとその友達を突然嫌になるのです。

 

 

彼氏が出来て遊んでくれなくなった

友達を突然嫌になる原因や理由の5つ目は、彼氏が出来て遊んでくれなくなった場合も突然嫌になる事が多いのではないでしょうか。

 

どうしても彼氏ができるとその彼氏に夢中になってしまいますので、自分と前みたいには遊んでくれなくなる事が多いですよね。

 

自分にも彼氏がいればそんなに不満を感じないかもしれませんが、自分に彼氏がいないのに友達に彼氏が出来て遊んでくれなくなった場合は友達への僻みもあって尚更遊んでくれなくなった友達を突然嫌になる事が多いのです。

 

でもこういう場合はむしろ幸せの絶頂である友達の幸せを祝福してあげるくらいの余裕を見せたほうがいいのではないでしょうか。

 

そして友達と遊べなくなった時間を自分の趣味の時間に当てたり、自分磨きの時間に当てたり他の友達との時間に使えばいいと前向きに考えるようにしましょう。

 

 

まとめ

:2回連続で当日でのドタキャンを友達にされちゃうとその友達を嫌いになるきっかけになる事が多い。

 

:3回とも30分以上の遅刻だったりすると友達を突然嫌になる原因や理由になってくる。

 

:口ばかりで何でも続けられなかったり、自分は人にウソをついたことがないとか言ってのにウソばかり付いてたりするとその友達が突然嫌になってくる。

 

:最初のうちは嫌々ながらもダマって聞いていたけども、あまりにも度が過ぎて自慢話のオンパレードになってくるとその友達を突然嫌になる。

 

:分に彼氏がいないのに友達に彼氏が出来て遊んでくれなくなった場合は友達への僻みもあって尚更遊んでくれなくなった友達を突然嫌になる。


【シェアする】