トップへ戻る

暇 連休 楽しむ 過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加

連休について

連休といっても色々ありますけども、元々土日が休みの人でしたら、
毎週のように連休がありますよね。でも土曜の前の日の金曜が祝日だったり、
日曜の次の日の月曜が祝日だったりしたら更に大型な連休になるわけです。

 

やはり2連休と3連休とでは旅行などに行く場合は行ける範囲の広さも
結構違ってくるのではないでしょうか。

 

3連休の場合は連休の前の日の夜から旅行に行けば更に時間的な
余裕もできるし旅行を楽しめたりしますよね。

 

これは旅行以外でも言える事ではないでしょうか。

 

例えば3連休ですとお泊りの予定を入れてなかったとしても、
それぞれの日にそれぞれ別の予定を入れて楽しむという
過ごし方もあるわけです。

 

全く別の予定を3日間それぞれに入れるってのも、
ワクワクするしそういうのって連休の1週間か2週間くらい前には
計画を立てておきたいところだと思います。

 

 

それでは今回は独身者の暇な連休を楽しむ過ごし方を
紹介します。

 

 

本を何冊も購入する

本を5~10冊購入する

 

独身者の暇な連休を楽しむ過ごし方の1つ目は、
割と読書が好きな人でしたら、ネットでも良いし、
書店や古本屋でも良いので何冊もの本を購入してみては
いかがでしょうか。

 

連休を利用して目ぼしい本をリサーチしまくって、
ゆったりとした気持ちで選んでいくのです。

 

ネットでの購入ですと某有名な通販サイトを利用するのが
一番かと思います。この時は中古本で十分かなって思いますよ。

 

旧作であっても当然読んでない本は無限にあるわけですし、その中から
ちょっとでも興味をそそられたものを直感的に選んでも良いかと思います。

 

ネット通販ですと読んだ人のレビューなども読めるようになってますけども、
そこをしっかり読んでも良いし別に読まなくても良いです。
これはその人その人の判断で決めれば良いかと思います。

 

 

ちなみに私はレビューは基本的にざっとは読んでから
購入するかどうか決めるタイプです。

 

 

読んだ人のレビューの中には読んでみたいと凄く思わせてくれる
感想なども書かれてることが多いですし、そういう感想が
購入の決め手になることも多いからです。

 

これらのチョイスした本は連休中にネットで購入した場合は
場所によっては連休明けに届くことも多いので、
あくまで連休中に読む目的ではなくて、あくまで本をチョイスして
購入することが目的になる行動になります。

 

そして連休明けに読めば良いのです。

 

 

書店や古本屋に直接行って購入する場合だと、
購入してすぐに読むことができますけどね。

 

 

でもここはあえて本を買うことに集中して書店や古本屋を
はしごして5~10冊くらいまとめて購入なさってみてはいかがでしょうか。

 

ネットで購入する場合もそれくらい購入するのです。

 

 

上記で説明した通り、直感で選んでも良いしレビューを読んでから
じっくり選んでも良いですけども、10冊まとめ買いするときは、
ジャンル的には3ジャンルくらいはチョイスするようにしたほうが良いでしょう。

 

3ジャンルのうちの1つは普段あまり読まないジャンルのものを
選べばもっと良いかと思います。

 

私の選び方ですと3ジャンルですと怪談系の小説と恋愛小説と
江戸時代小説をチョイスすることが多いです。

 

漫画は基本的には読まないです。

 

 

 

 

新しくやりたい事を探す

独身者の暇な連休を楽しむ過ごし方の2つ目は、
毎日が同じ事の繰り返しで人生に張り合いがないと
感じてる方も多いかと思います。

 

そういう時は自分が今までやったことがないことを
始めてみることをオススメします。

 

以前ちょっとだけ経験があることでも良いですけどね。

 

どっちにしてもやる場合は深く追求するくらいの気持ちで
始めてみるのです。

 

 

新しく何かを始める時ってとても新鮮ですし楽しいもんなんです。

 

具体的に何をしたら良いのかわからない人も多いかと
思いますがそれは連休中にじっくり考えながら探す期間にしては
どうでしょうか?

 

 

2連休や3連休もあればじっくり考える時間が十分あるかと思いますし。
考える時は8割か9割くらいはその事だけに集中したほうが
より浮かびやすくなるかと思います。

 

上手くいけばやりたい事が1つだけでなく2つとか3つくらい浮かんでくるはずです。

 

 

私も以前連休を利用して自分が本当にやりたいなあって思うことを
探した経験がありますけども、その時に見つけて始めたことって
ずっと続いてるんですよね。

 

その時は上記で説明した方法のように真剣にその事ばかりを連休中に
考えてました。結果としてやりたいことが3つ浮かんできて、そのうちの2つくらいは
ハマって今でも継続して楽しめているんです。

 

真剣に考えて導きだしたやりたい事って自分の人生をよりエンジョイできるものが多いですし、
人生に張り合いが出るわけなんです。

 

 

そういうものがあるのとないのとでは全然違ってきますし、絶対に1つは見つけるようにしましょう。
複数あれば尚の事、人生を謳歌できるようになります。

 

 

私が連休中に見つけた今現在もやってることを具体的に言いますと、
自己啓発系の本を読みまくることです。自己啓発系の本も無数にあるんで、
ちょっとでもタイトルに惹かれたら購入するようにしてます。

 

 

そして良いなあって思った部分は繰り返し読んだりメモったりしてます。

 

自己啓発系の本ってほんと勉強になりますし自分が生きていくための
指針を教えてくれるものなので皆さんも是非色々な自己啓発本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

他ですと以前は全然しなかった部屋のお掃除です。
お掃除って対したことではないかもしれませんが、やればやるほどハマってしまってます。

 

綺麗にすることってこんなにも心が洗われるんだなってことに気付かされたし、
お掃除をして部屋が綺麗になると空気が澄んでるし、リフレッシュできるし、
良いアイデアも浮かびやすくなるメリットがあるんです。

 

 

連休を利用してやりたいことを見つける

 

 

無駄な出費を炙り出し節約もする

無駄な出費をあぶりだす

 

独身者の暇な連休を楽しむ過ごし方の3つ目は、
独身者だと1人暮らしをしている人や実家暮らしをされてる方など
様々ですけども、結構無駄遣いをしてしまって生活が苦しかったり、
貯金したくてもなかなかできない人も多いはずです。

 

そういう時は連休中に無駄な出費だと思うものを炙り出す作業をしてみては
いかがでしょうか。

 

例えばですけども、冬ですと電気ストーブやコタツばかり使ってて
電気代は増してしまっているなら、それらに代わって、
電気敷布を使うのです。電気敷布だと55W とか50W くらいの
低電力なものが多いですし、それらを家にいるときも膝などにかけて
生活すれば良いのです。結構暖かいですよ。

 

上半身はダウンとか厚手のパーカーなどを着れば良いのです。

 

 

食費も無駄にかかってる人も多いかと思います。そういう場合は
食費の無駄な部分を削る努力をしましょう。

 

例えば1日3食なのを昼と夜や朝と昼だけの2食にするのです。
今まで3食だったのを2食にすることで1食分の食費が浮くので
かなりの節約につながります。

 

2食生活は慣れるまでは大変ですけども、慣れてしまえば
平気になるし内蔵を休める時間も長くなるので健康にも良いのです。

 

 

 

 

独身者の暇な連休を楽しむ過ごし方まとめ

:連休中にじっくり時間をかけて5~10冊購入して
連休明けからそれらの本を読む。ジャンルは3ジャンルくらい
チョイスしましょう。

 

:これからやりたいなあって思うことを連休中に
真剣に考え探しだす。

 

:無駄な出費を炙り出し、節約し、
余ったお金を貯金などにまわす。特に食費や
電気代の無駄な部分を炙りだしていく。

Sponsored Link


このエントリーをはてなブックマークに追加