トップへ戻る

人を見た目で判断しないほうがいい理由やメリット

人を見た目で判断しないほうがいいについて

人を見た目で判断しないほうがいいってよく言いますけども、これは本当にそう思います。

 

やっぱり人を見た目だけで判断してしまって、避けてしまうと損することが多いのではないでしょうか。

 

人を見た目だけで判断しちゃうとやっぱりデメリットのほうが圧倒的に多いのです。

 

今回はそのあたりを掘り下げて、人を見た目で判断しないほうがいい理由や人を見た目で判断しちゃう人あるあるなどを説明します。

 

 

出会いが増えるから

人を見た目で判断しないと出会いが増えていく

 

人を見た目で判断しないほうがいい理由の1つ目は、人を見た目で判断したりせずに積極的にいろんなタイプの方と仲良くしていけば出会いがどんどん増えていくのではないでしょうか。

 

友達が多い人などは特に人を見た目で判断しない人が多いからこそ、結果的に出会いが広がって友達が沢山増えていくわけです。

 

逆に人を見た目で判断しがちな方って友達が少ない人の性格の特徴に多いのです。

 

まあ出会いを特に増やしたいとかって思ってなければ別に問題ないかもしれませんが、でも友達を増やしたいとか出会いの幅を広げたいと考えているならば、やっぱり人を見た目だけで判断しないほうがいいのではないでしょうか。

 

人を見た目で判断しない人になれれば、出会いの扉はまさに大きく開いてると言えますし、このようなタイプの人は心をいつも開いているオープンな人になってると言えるでしょう。

 

そのように自分をオープンにしていると人は自然と寄ってきます。

 

人を見た目で判断しない人になるには?

 

では、人を見た目で判断しがちな人が人を見た目で判断しない人になるにはどうしたら良いかを説明します。

 

まず人って見た目と内面は全然違う事が多いというのをしっかりと理解すべきです。

 

よく人は見た目が9割とかって言い方をされてますけども、たしかに人を知る1つの大きな情報として見た目って重要かもしれませんが、でも実際接して話してみたら全然想像とは違う人であることって皆さんも経験あるのではないでしょうか?

 

それだけ第一印象と実像ってかけ離れてる事が多いので、見た目での判断ってかなり間違ってる事が多いのです。

 

ですのでとにもかくにも第一印象の見た目だけで判断しないほうが良いのではないでしょうか。

 

まああまりにも奇抜な見た目をしている人ならば引いてしまうのも仕方ないかもしれませんが、それでも基本的な考え方としては見た目と中身は必ずしも比例しないと考えるようにするのです。

 

もっと簡単に言えば実際にしっかりとお話してみてからその人の事を判断していこうってスタンスで常にいれば良いのではないでしょうか。

 

 

経験値がアップするから

人を見た目で判断しないほうがいい理由の2つ目は、人を見た目で判断したりせずに積極的に色んなタイプの人と接するようにすれば経験値がどんどんアップするのではないでしょうか。

 

人を見た目で判断せずに、いろんなタイプの人と積極的に関わっていくって事は自分とは真逆なタイプとも結果的に仲良くなれるわけですし、それによって自分の生きる上での経験値がどんどんアップしていくのではないでしょうか。

 

やっぱり自分と近いタイプとばかり関わっていてもなかなか経験値ってアップしないのです。

 

何故人を見た目で判断しないで色んなタイプの人と仲良くしていけば経験値がアップするのかを説明します。

 

趣味が増えたり新しい考え方を知る事ができるから

 

人を見た目で判断しないで、色んなタイプの人と積極的に関わっていけば今まで自分があまりしてこなかった事に誘われてそれらをしていくうちに自分もハマっていってそれが新しい自分の趣味の1つとして加わったり、今まで自分にはなかったような考え方を知る事もできるのです。

 

まさにそのような新しい趣味が増えたり、新しい考え方を知る事ができた状態って自分の中の経験値がそれによってアップしたと言えるのではないでしょうか。

 

とても有意義な事ですよね。

 

そのように経験値がアップすれば自分自身がどんどん磨かれていってレベルアップする事でもあるのではないでしょうか。

 

 

ここからは人を見た目で判断しちゃう人あるあるを書きます。

 

真逆なタイプと判断し避けてしまう

真逆な人を避けてしまう

 

人を見た目で判断しちゃう人あるあるの1つに、自分とは見た目が全くタイプが異なる真逆なタイプを避けてしまう方が多いのではないでしょうか。

 

このタイプはどうして真逆なタイプを避けてしまうかと申しますと、見た目だけで自分とは正反対そうだし趣味とか性格も全然合わなさそうだと感じてしまうからではないでしょうか。

 

要するに見た目だけで真逆なタイプに感じてしまうとその人への印象は大きなマイナスからスタートしてしまうわけです。

 

ですので、このような人はそのような真逆なタイプと判断した相手には自分からは積極的には関わっていかないのです。

 

友達になる場合もある

 

この見た目だけで判断して真逆なタイプを避けてしまう人でも真逆なタイプと判断した人と仲良くなれる場合もあったりします。

 

それは真逆なタイプの人のほうからどんどん話しかけてきて関わってくる場合です。

 

そのような場合は最初は戸惑うけども、実際に話してみると自分とは合わないどころか一緒にいて凄く楽しくて気が合うと感じて仲良くなる事もあるわけです。

 

基本的な気質などは自分とは違っていても、このように相手からどんどん関わってくることによって最初の印象などはすっかりどうでもよくなってどんどん仲良くなれちゃうわけです。

 

 

まとめ

:人と見た目で判断しない人になれれば、その分だけ出会いが増えていき友達もどんどん増えていく。

 

:人を見た目で判断しない人になれたら、新しい趣味や新しい考え方を知る事ができて生きる上での経験値がどんどんアップする。

 

:人を見た目で判断しちゃう人は、見た目だけで真逆なタイプと判断してしまうとそのような人とは自分からは積極的に関わろうとしない。


【シェアする】