トップへ戻る

実家暮らしでお金入れてない時でも許されるケース4つ

実家暮らしで家にお金入れてない人について

実家暮らしで家にお金入れてない人って結構いるのではないでしょうか。

 

もちろんこの場合は学生さんの場合は除外してのケースです。

 

学生さんの場合はたとえバイトをガンガンしてるような方でも、家にお金を入れてる人って稀ですからね。

 

余程家が経済的に苦しい場合だったら家にお金を入れてる人もいるかもしれませんが。

 

それでは今回は、学生以外で実家暮らしでお金入れてない場合でも許されるケースを紹介します。

 

 

親からその分を貯金しておけと言われた

実家暮らしでお金入れてない場合でも許されるケースの1つ目は、ガンガン働いていてそれなりに収入があるけども、家にお金を入れようとしても親にその分は貯金しておけと言われて家にお金を入れてない方もいるのではないでしょうか。

 

このケースって親が子供のためを思って言ってくれてるわけですのでとても有り難いことではないでしょうか。

 

何度も何度も家にお金を入れようとしても、上記のように言われた場合だったら家にお金を入れる必要性はないでしょう。

 

ただし、家にお金を入れてないままだとなんだか心にひかかるものがあるかもしれませんので、そういう場合はどうしたら良いかを説明します。

 

 

親からの頼み事を快く引き受ける

 

家にお金を入れてない代わりに、親から何か頼み事をされた時は全部は無理かもしれませんがなるべくしてあげれば良いのではないでしょうか。

 

親からの頼み事をしてあげる事で、自分は家で役に立ってる感を感じる事ができるし、家にお金を入れてない後ろめたさみたいなものは半減するのではないでしょうか。

 

それに親からしても頼み事を沢山引き受けてくれる子供がいればかなり助かるし、嬉しいわけですし家にお金を入れてくれるよりもずっと良いわけです。

 

ちなみに家族団欒が苦手な方や親との接し方に悩んでるような人にも、親からの頼み事を快くしてあげる事をおすすめしてます。

 

 

記念日にプレゼントを贈る

親の誕生日にプレゼントを贈る

 

父の日や母の日や親の誕生日などには毎年何かプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

これらをしてあげるだけでもかなり違うと思いますし、やっぱりそのような記念日にしっかりと贈り物をしてあげると親ってなんだかんだで喜んでくれます。

 

別に高い物でなくても良いのです。

 

安く買えて親が欲しいと思ってるものを贈れば良いのではないでしょうか。

 

まあ毎年毎年だと何を贈れば良いか迷うと思いますけども、私は本人に「もうすぐ母の日だけども何か欲しい物ある?」って聞いてます。

 

そうすると母は「いくらくらいまでの物なら買えそう?」って聞いてきます。

 

その時は「1000円か2000円くらいまでかな?」って答えてます。

 

こんな感じで欲しい物を直接親に聞けば迷う事はないでしょう。

 

まあ親に聞いても何もいらないって言う親もいるかもしれませんが、そういう場合は自分で決めるしかありませんけどね。

 

私は迷った時は、親は割と植物が好きなので観葉植物を贈る事が多いです。

 

 

たまには親と出かける

 

社会人の実家暮らしをしてるとなかなか親とお出かけをなさらない方も多いのではないでしょうか。

 

でも時々でも良いので親を外に連れ出して一緒にご飯食べにいったり、買い物に行ってみてはいかがでしょうか。

 

たまに子供とこうしてお出かけすると親はなんだかんだで嬉しいもんですし。

 

この時はなるべく奢ってあげると尚良いでしょう。

 

 

家族へのお土産に食べ物を買ってくる

 

仕事帰りでも遊びに行った時でも良いので、家族のためのお土産として食べ物を頻繁に買ってみてはいかがでしょうか。

 

私の場合だと自分の好きな物を家族にも買う事が多いです。

 

鯛焼きが大好きなんで鯛焼きを家族の分まで買ってあげるのです。

 

鯛焼きを家族の分まで買ってくる

 

親も鯛焼きが好きなんで結構喜んでくれます。

 

こんな感じで家族のために何か食べ物を買ってあげてると、家族との関係も割と良好になってくるんです。

 

やっぱり家族のためを思って美味しい物を買うわけですので、そういう優しい気持ちが親などの家族にも確実に伝わるのです。

 

食べ物はもちろん自分が好きな物でなくても親が好きな物を買ってきても良いでしょう。

 

そのほうがもっと喜んでくれるでしょうし。

 

 

家事の多くを手伝っている

家事の多くをやっている子供

 

実家暮らしでお金入れてない場合でも許されるケースの2つ目は、家事の多くを手伝ってる場合です。

 

このケースですと、一応仕事はしてるけどもバイト程度でそんなに長時間は働いてない方が多いのではないでしょうか。

 

ですのでその分時間があるので親から結構家事を任されてる事が多いのです。

 

例えば親が割と身体が不自由立ったりすると料理などもあまりできない事も多いので、料理も全て親の代わりに作ってあげていたり、家のお掃除も全てしてあげていたり食料の買出しなども全て自分がやっていたりなどなど、とにかく家事の大半をしてるような場合は家にお金を入れる必要性はそんなにないわけです。

 

しかもフルタイムでは働いてないわけですので家事をしっかりとやれる時間は結構ありますからね。

 

まあバイトをしてる時間にもよるでしょうけども、例えばバイトしてる時間が1日3~4時間程度でしたら可能ではないでしょうか。

 

たとえ1日3~4時間のバイトやパートであっても家の家事の殆どを任されてる場合は結構身体はキツいでしょうけどね。

 

そういう場合はしっかりと途中で昼寝などの仮眠も入れるようにしましょう。

 

やっぱりちょっと寝るだけでも疲労や身体の怖さって抜ける事が多いので。

 

夜の睡眠にしても6~7時間は取るようにしたほうが疲れは溜まりにくいかと思います。

 

まあこのあたりは個人差がありますけどね。

 

毎日4時間寝れば十分って方もいれば5時間寝れば十分って方もおりますし。

 

私の場合だと7時間くらいは寝ないとやっぱり身体がちょっと怖くなっちゃいます。

 

 

実家が金持ち

実家がお金持ち

 

実家暮らしでお金入れてない場合でも許されるケースの3つ目は、実家が金持ちの場合です。

 

実家が金持ちの場合も1つ目と同じように家にお金を入れようとしても、入れなくてもいいよって親に強く言われてしまう事が多いのではないでしょうか。

 

お金持ちなわけなんで金銭面で全く困ってないわけですし、親からしたら子供からのお金の援助って必要性がないのです。

 

 

病を抱えていて働けない

実家暮らしでお金入れてない場合でも許されるケースの4つ目は、なんらかの病を抱えて外に働けに行けない場合です。

 

このケースだと当然働けないわけなんで収入がないですし、家にお金を入れられないわけです。

 

ですので必然的に家にお金を入れてない事になります。

 

 

まとめ

:お金を入れようとしても親に貯金しておけと言われるので家にお金を入れてない。

 

家にお金を入れてない代わりに親のしてほしい事をなるべくしてあげるようにする。

 

:働いてる時間が短くて、家事の殆どを任されているような場合は、家にお金を入れる必要性はそんなにない。

 

:実家がお金持ちの場合は、お金に全く困ってないし親からしても子供からお金をもらっても全く嬉しく思わないので家にお金を入れる必要はない。

 

:何かしらの病を抱えていて、外に働けに行けないし収入もないので家にお金を入れてない。


【シェアする】