トップへ戻る

20代30代40代の親との接し方や上手な関わり方など

親との接し方がわからない20代30代40代について

親との接し方がわからない20代30代40代の方って結構多いのではないでしょうか。

 

家族との最適な距離感ってそれだけ難しいわけです。

 

親と仮に割と仲が良くたってやっぱり嫌な部分があったりするんで、そういう時は接し方に悩んでしまうのではないでしょうか。

 

私も結構親との関わり方は悩んできましたので、そういう方の気持ちって凄くわかります。

 

それでは今回は親との接し方がわからない20代30代40代の親との上手な関わり方を4つほど紹介します。

 

 

話しかけてきたら喋る

親との接し方がわからない20代30代40代の親との上手な関わり方の1つ目は、こちらから話しかけず話しかけてきたら喋るようにするのです。

 

もちろん用事がある時はこちらから話しかけていきますが、それ以外は極力こちらからは話しかけていかないようにすれば良いのではないでしょうか。

 

もちろんおはようとかの朝の挨拶程度であればこちらからしても良いですけども、それ以外は用事以外は話しかけないようにするのです。

 

 

このような基本的にこちらから話しかけずに親が話しかけてきたら喋るメリットを説明します。

 

親に依存しなくなる

 

親と仲が良くて割と依存しちゃってるけども、それでも親に対して気にくわない部分があって接し方に悩んでいる場合だったら、上記のように極力こちらから話しかけないようにすれば親への依存度は段々と低くなってきます。

 

親に依存しなくなってくると必然的にこちらから話しかけなくなるし、それによって親の自分に対する気にくわない振る舞いを受ける数も減っていくのではないでしょうか。

 

要するに関わりが少なくなる分だけ、親の自分への当たりの強さが軽減されて楽になってくるってことです。

 

ですのでこちらからが話しかけず、受身の姿勢でいればどんどん親との接し方や関わり方は楽な方向に向かうはずです。

 

 

親が喜ぶ事は定期的にしてあげる

親との接し方がわからない20代30代40代の親との上手な関わり方の2つ目は、親が喜んでくれるような事を定期的にしてみてはいかがでしょうか。

 

具体的に親が喜ぶような事ってどういう事かを例をあげて説明します。

 

1、親が好きな食べ物を買ってきてあげる。

 

2、外食に連れていき奢ってあげる。

 

親と外食に行く

 

3、自分が全部お金を出して旅行に連れていってあげる。

 

親を旅行に連れていく

 

3つ書きましたけども、1の親が好きな食べ物を買ってきてあげるに関しては一番安上がりですし割とすぐ実行できる事なんで一番頻繁にできることではないでしょうか。

 

3の自分が全部お金を出して旅行に連れていってあげる事は、年に1回か2回程度で十分だと思います。

 

では、こうした親が喜ぶ事をしてあげる事がどうして親との接し方や関わり方として良いのかを説明します。

 

 

自分の心に栄養を与えられる

心の栄養になる

 

親が喜ぶ事をしてあげる事で親が喜ぶだけでなく、そういう事をしてあげた自分自身の心の栄養にもなるのではないでしょうか。

 

別にこれが親でなくても人に対して優しい行いをする事って=人に愛を与えてる事にもなるのでそういう人に愛を与えている状態って人に対しても自分自身に対してもとても優しくなれてるわけなんでマイナス要素は全くないのです。

 

要するに自分も自分以外の人も皆ハッピーになれるわけです。

 

そうなってくると、親との接し方や関わり方で悩んでる状態はかなり軽減されるのではないでしょうか。

 

親が喜ぶ事を沢山してあげる事で、親の自分に対しての当たりの強さなども弱くなってくる可能性が高いですし良い事尽くめなのです。

 

ですので、親に限らずですけども、とにかく人が喜んでくれる事を沢山して行く事が幸せへの第一歩を考えてください。

 

 

頼み事は半分以上はしてあげる

親との接し方がわからない20代30代40代の親との上手な関わり方の3つ目は、親が年老いてくると段々と自分できる事が減ってきますので何かとこちらに対して頼み事をしてきますが、そうした時はなるべくしてあげれば良いのではないでしょうか。

 

親との接し方の中で悩んでる部分にやたら頼まれ事をされるってがある人も多いでしょうけども、そういう場合は10頼まれたら7か8くらいはやってあげればいいのではないでしょうか。

 

要するに半分以上の頼み事は引き受けるのです。

 

では親からの頼み事を半分以上はしてあげたほうが良い理由を説明します。

 

親孝行の1つとして行う

 

親からの頼み事は半分以上はしてあげたほうが良い理由ですけども、後々後悔をしないためにも親孝行の1つと考えてみてはいかがでしょうか。

 

親からの頼み事を断ってばかりいると、親が亡くなってしまった後とかにもっと色々としてあげれば良かったなあって後悔してしまう可能性があるからです。

 

でも頼み事を沢山引き受けてさえいれば、そういう後になってからの後悔は絶対少なく済むもんなんです。

 

だからこそ親からの頼まれ事はなるべくしてあげるようにしましょう。

 

 

説教じみた話をしてきたらその場から去る

親との接し方がわからない20代30代40代の親との上手な関わり方の4つ目は、説教じみな話しを自分に対してしてくる親って多いでしょうけども、その事で悩んで方も多いと思います。

 

で、そういう説教じみた話をしてきたらその場から去るようにすれば良いのではないでしょうか。

 

親って加齢すればするほど説教じみてくる人も多いですし、説教じみた話をこちらにしてきてこちらも言い返したりするとやっぱりストレスになるわけですし。

 

ですのでそういうのを避けるためにも、親が説教モードになってきたらその場からすぐに離れてしまえばせき止められるし、余計なストレスを溜めずに済むので良いのです。

 

 

まとめ

:こちらから用事以外は話しかけないようにすれば、親に依存しなくなり親からの当たりの強さも軽減される。

 

:親が喜ぶ事を定期的にしてあげる事で親も自分もとてもハッピーになれる。

 

:親孝行の1つだと思って、親からの頼み事の半分以上はしてあげるようにする。

 

:説教じみた話を自分に対してしてきたら、ストレスを溜めないためにもすぐにその場から立ち去るようにする。


【シェアする】