トップへ戻る

付き合う前の花火大会デートでの告白までにすべき事や心構え

恋人未満な関係の花火大会デートでの告白について

花火大会に男女が2人きりで行く場合、そういう関係って友達以上や恋人未満な関係であることが割合的には高いのではないでしょうか。
もちろんまだ普通の友達段階の2人の場合もあるでしょうけどね。

 

もちろん普通の異性の友達でお互いに恋愛感情がないけども、1つのイベント的なものを楽しむ意味合いで二人で花火大会に行くことも多いけども、大体は2人で行くってときは恋人同士か友達以上恋人未満な人達の割合が高いのではないでしょうか。

 

 

で、友達以上恋人未満な関係やまだそこまでの関係まで到達してない単なる異性の友達状態だけども、どちらかが片想いをしている場合ですと花火大会で告白をしたいと考えてる方も多いのではないでしょうか。

 

告白する側は殆どは男性からってケースが多いとは思います。もちろん花火大会で女性から男性に告白したいと考えてる方もいるかもしれませんが割合的にはかなり少ないのではないでしょうか。

 

 

で、私は花火大会で告白をする時って告白するまでの過程が最も大事だと考えてます。それによって花火大会での告白の成功率が全然違うからです。

 

 

それでは今回は付き合う前の花火大会デートで告白するまでにどういう過程を踏んで行けば良いかとを説明します。

スポンサードリンク

 

 

かなり仲の良い友達になっておく

付き合う前の花火大会デートで告白するまでの大事な過程の1つ目は、花火大会までのかなり深い友達になっていることが大事です。

 

花火大会までにかなり仲の良い友達になってることが大事

 

その理由は?

 

★告白の成功率が凄く上がるから★

 

★愛の告白の成功率を上げるアップさせる方法の記事でも同じようなことを説明してますけども、かなり仲の良い関係に花火大会までに既になっていれば、相手もフリーであれば付き合ってもらえる可能性が高いです。

 

それは何故かと言いますと、かなり仲の良い友達になれてるってことは一緒にいて楽しいとか落ち着けるとかって思ってもらえてる可能性が大なんで告白を断る理由自体がないからなんです。

 

 

なので告白されたら付き合っても全然いいや~って感じに思ってもらえるわけなんです。

 

 

それくらい仲の良い友達関係になっていれば告白成功率はどれくらいまで跳ね上がっているかと言いますと、
90%以上であると私は考えてます。

 

このような関係性にまで発展してる2人を別の言い方で表現するとしたら、友達以上恋人未満にまで発展してると言えるのではないでしょうか。

 

それも恋人関係により近い状態に既になっていると言っても過言ではないでしょう。だからこそ告白すれば受け入れてもらえる可能性が大なのです。

 

 

▼ただし例外もあります▼

 

かなり仲が良い関係にまで発展してるけども、告白したら撃沈してしまうケースもあるにはあります。

 

それは男友達がかなり沢山入るような女性に告白した場合です。

 

こういう男友達が多い女性って男友達と遊んでる時が凄く楽しいからこそ、あえてフリーでいて恋人を作ってない場合もあるからです。

 

 

なのでそれぞれの男友達と凄く仲が良いので、自分も単なる男友達の1人である場合もあるからなんです。

 

なのでそういう相手に花火大会に告白しても失敗する可能性が結構高いのです。

 

 

もちろん成功可能性もありますけども、確率的には五分五分の50%程度の成功率かと思います。

 

 

この成功率が高いか低いかは皆さんで判断して欲しいですが、できればそれくらいの確率であれば告白はしないほうが無難かなって私は思っております。

 

 

 

でもこういう男友達が多い女性に告白した場合に告白の成功率をもっと上げる方法がないわけではないです。

 

 

ではどうしたら良いかを説明します。

 

それは、他の男友達と自分とは違う部分をいかに出せるかどうかが重要になってきます。

 

一番良い方法だとサプライズ的な事をその女性に仕掛けていくのです。

 

 

●花見デートの告白のタイミングなんて考えてまだ消耗してるの?の記事でも説明してますけども、例えば突然サプライズ的にその女性が喜びそうなものをプレゼントするのです。この場合は事前にその女性が欲しいなあって思ってるものを聞いておく必要がありますのでしっかりと聞いておきましょう。

 

かなり仲の良い友達プレゼントを贈る

 

 

それに+して手書きの手紙をプレゼントと一緒にデートの帰り際に贈るのです。手書きの手紙はかなり相手の心を掴むのに効果があるし、他の男はしないことだと思いますので絶対してみてください。

 

 

かなり仲の良い友達に手書きの手紙を贈る

 

 

手紙の内容ですけども、もちろん告白的なことを書いてはいけません。相手の内面を褒めるとか、いつも遊んでくれてありがとう的なことを書けば良いでしょう。

 

 

こんな感じでプレゼントと手書きの手紙を好きな女性に贈れば他の男とは一気に差をつけられるし、自分とデートしてくれる回数を増やしてもらえる可能性が高くなるしこちらを恋愛対象として意識してもらえる可能性が高くなり花火大会で告白しても成功率を上げることが可能になってきます。

 

 

既に3回以上は2人でデートしていることが大事

付き合う前の花火大会デートで告白するまでの大事な過程の2つ目は、既に2人きりでデートをしている回数が2回以上であることが重要です。

 

 

その理由は?

 

★3回以上デートしてくれるってことは一緒にいて楽しいと思って貰えているから

 

3回以上二人きりでデートしてくれてるってことは、少なくとも一緒にいてつまらないとか退屈だとか疲れるとかって思われてないわけです。

 

そんな風に思ってたら2回以上会ってくれてないからです。

 

なので少なくともそれなりに一緒にいて楽しいとかって思ってもらえてるからこそ3回以上会ってくれてるわけです。

 

 

一緒にいて面白くないとかって判断されるときって大体は最初の1回か2回のデートで判断されるんで、その1~2回のデートを乗り越えたってことは1つの高い壁を突き破ったと考えて良いのではないでしょうか。

 

 

▼3回目のデートが花火大会デートだった場合に告白しても成功するのか?▼

 

1~2回のデートを乗り越えてるってことは、相手は自分と一緒にいて楽しいと思ってもらえてるって説明しましたけども、この場合に3回目のデートが花火大会デートでそこで告白したら成功するかどうかが皆さん一番気になるところなのではないでしょうか。

 

では、3回目のデートが花火大会デートで告白が成功するケースを説明します。

 

 

:2回デートしてから相手からの反応が良くなってきた:

 

 

 

2回デートしてみて、好きな相手からのメール、LINEなどの返事が早くなってきたり、前よりも相手からのメールやLINEが頻繁にきたり電話も頻繁にくれるようになってきたり、相手からデートに誘ってくれるようになっているならば、相手は自分の事を恋愛対象として考えてくれてるわけなんで3回目の花火大会デートで告白しても成功する確率はかなり高いと思います。

 

逆に2回デートしてみたけども、まだ上記のような反応が相手になければ告白はまだ先延ばしににしたほうが良いです。

 

 

まあ奥手の女性だとたとえこちらを恋愛対象としてみてくれるようになったとしても態度に変化がないことも多いので奥手な女性の場合だと判断が難しくなりますけども、大体の女性はこちらを恋愛対象として考えるようになってくれたら、こちらへの対応は上記のようにかなり変化してくることが殆どです。

 

 

相手の内面が本当に好きかどうかが大事

付き合う前の花火大会デートで告白するまでの大事な過程の3つ目は、告白を考えているけどもルックスが好きってだけでなく内面も好きかどうかが大事です。

 

男性の場合はどうしても女性のルックスから入っていきますので、顔が好みだから好きだと思ってしまうことが多いです。顔が好きだから付き合いたいって思ってる状態ってどういうものかと言いますと、単にその女性を抱きたいとかって思ってる場合が殆どなのです。

 

抱きたいって思ってるってことは、そこには愛がないわけなんでもし付き合ってもすぐに飽きてしまうことが多いわけなんです。

 

 

世の中には恋人ができてもすぐに浮気する人がおりますけども、こういう人たちの多くも相手のルックスだけに惹かれて付き合ってしまうわけなんで、抱いてしまったら相手にすぐに飽きてしまうのでまた別の人を求めてしまうという理屈なわけなんです。

 

 

そうならないためにも、しっかりと相手の内面を知って性格的にも長く一緒にいて落ち着けるとか話してて楽しい人かどうかを判断しておく必要があります。

 

 

 

 

★性格的に合うかどうかの判断について★

 

性格的が自分に合うかどうかをどのあたりで判断したら良いかと言いますと、上記でも説明しましたけども一緒にいて楽しいとか、長く一緒にいても疲れないとか落ち着ける相手かどうかで判断すれば良いかと思います。

 

一緒にいて楽しいよりも一緒にいて落ち着ける相手かどうかを重視したほうが良いです。長く付き合えるバローメーターって一緒にいて落ち着けるかどうかが一番重要ですので。

 

 

一緒にいて落ち着けるかが重要

 

 

性格的に本当に自分に合うかどうかはそれなりの回数のデートを重ねていかないとわからないことが多いです。

 

やっぱり最初は自分の良い面ばかりしか人間って見せないわけなんで本性を隠してる場合があるからです。

 

 

でも2人でデートする回数が結構な回数になってくると本質的な部分はじょじょに明らかになってくるので、その後になってからでも告白するかどうかを決めれば良いのではないでしょうか。

 

 

なので花火大会は1つの過程と考えて花火大会に必ずしも告白をする必要はないと思います。

 

 

これはあくまで私の考え方ですけども、付き合う相手を選ぶ時は「性格7、ルックス3」くらいの比率で選べば丁度良いかと思います。

 

 

やっぱり外見重視で選んだ場合は内面が合わないとすぐに飽きるし、どんなに美人な人と付き合っても最初のちょっとの期間だけで相手の顔には見飽きてしまってなんとも思わなくなるからです。

 

 

 

 

相手の好きな部分を明確にしておく

付き合う前の花火大会デートで告白するまでの大事な過程の4つ目は、相手のどういう部分が好きかどうかをしっかりと明確にしておくことです。

 

その理由は?

 

相手に告白した時に、好きな相手から自分のどんな所が好きなの?って聞かれた場合にしっかりと相手の好きな部分を明確にしておかないと咄嗟に答えられなくなるからです。

 

単に「性格が合うから」とか「一緒にいて楽しいから」とかって短く言うと相手の心に届かないのでもっと長く説明する必要があります。

 

例があげます。

 

「●●ちゃんと一緒にいると安らげるし楽しいし落ち着けるし、●●ちゃんの笑顔にもすごく癒されるし気がついたら●●ちゃんの事ばかり考えてしまって大好きになってしまったことに気付いたんだよ」

 

こんな感じで一言だけでなくもうちょっと長く言えば相手の心に届きやすいです。

 

 

 

告白の返事はすぐに求めない

花火大会で告白した場合にすぐに返事を求めないほうが良いです。返事はいつでも良いし期限をもうけないからゆっくり考えてほしいって言えば良いかと思います。

 

女性の中には付き合って良いと思っていても告白をすぐにOKしてしまうと軽い女と思われるのが嫌だと思う方もいるからです。

 

 

で、告白の返事を考えてもらってる時でもデートを今まで通り重ねていけば良いのではないでしょうか。

 

 

 

告白のタイミングは基本的にいつでも良い

花火大会で告白する場合はどのタイミングで言えば良いか悩んでる方もいるかと思いますが、基本的にどのタイミングであっても良いです。

 

極端に言えば1発目の花火が放たれる前に告白しても良いのではないでしょうか。

 

上記で散々告白までの過程が大事であると説明してますので、告白までの過程をより完璧なものになっているならどんなタイミングで告白しても成功するからです。

 

 

まあそれでも花火大会の後半くらいに告白するのが無難ではないでしょうか。告白したあとはまた今まで通り花火を2人で楽しめば良いかと思います。

 

 

まとめ

:かなり仲の良い友達レベルにまで関係を発展させていれば、花火大会での告白成功率は90%にまで跳ね上がる。

 

:2回のデートを終えて3回目のデートに到達できているってことは、大きな一つのハードを乗り越えていることを意味しているので、告白性効率が上がっているが
2回のデートを終えたあとに相手からのメールやLINEの回数が増えたり電話をくれる回数が増えたり相手からもデートに誘ってくるようになっていれば告白成功率はもっともっと高くなっております。

 

:相手の内面もしっかりと好きになってないと外見の好みだけで惹かれるとそこには愛がないので何度か抱いてしまうとすぐに飽きてしまうことが多い。

 

:相手のどういう部分が好きなのかをしっかりと明確にしておき、どこか好きだと聞かれたときは、一言だけにならずに多少長く好きな部分を説明できるようにしておく。

 

:女性は告白されて付き合っても良いと思っていてもすぐにOKの返事をすると軽くみられそうんで嫌な人も多いので、告白の返事はゆっくり考えて期限を設けないという風に女性にしっかり伝えておく。

 

:花火大会での告白の返事に関しては、告白までの過程が大事であるので基本的にどのタイミングでも良いが花火大会の後半くらいにするのが一番無難である。