トップへ戻る

付き合って1年以上経過したカップルが会う頻度が増えた場合の理由として考えられることは何かを聞いてみた

付き合って1年以上経過した後に会う頻度が増えたカップルについて

付き合って1年以上経過した後に会う頻度が増えたカップルについてですが、そのようなカップルって割合的には少ないかもしれませんが、いることはいるのではないでしょうか。

 

 

 

そうなった理由はいろいろでしょうけども、今回は付き合って1年以上経過した後に会う頻度が増えたカップルのそうなった理由は何かをいろんな人に聞いてみました。

 

 

半同棲になってしまったから

 

天音さん(30代後半)↓

 

付き合ってすぐの時は1週間に1回休みに会うぐらいの頻度でしたが、1年を超えたぐらいから会う頻度が増えてきました。

 

週4から週7ぐらい会ってる日があります。

 

そうなった理由は1人暮らしなので、半同棲になってしまったからです。

 

 

同棲を始めたから

 

takashiさん(20代後半の男性)↓

 

付き合ってから1年ほど経ってたから同棲を始めることが多くてそれで強制的に会う機会が増えました。

 

付き合ってから1年ほどで相手のことを知ることができるのでそこから同棲をするというのが一番良いしそれで同棲をすることがあるので頻度が増えました。

 

 

arasisukiさん(女性)↓

 

「同棲」

 

結婚を意識し出して一緒に住むようになったからです。

 

そして仕事柄一緒に住んでいた方が過ごす時間も増えて相手のことをまたどんどん知ることができました。

 

結婚前に一緒に暮らして相手のことを知りたいと思っていたので同棲してよかったと思っています。

 

結婚の練習になりました。

 

 

互いの優先順位が相手だとわかった

 

優先順位が彼氏や彼女が一番になったので会う回数が増えた

 

yumiさん(30代後半の女性)↓

 

付き合いはじめの頃は、友達や仕事など優先順位が恋人ではないかもしれないという探りあいのようなものがあり、休みのたびに会ったり、時間が空いたら会いたいということを表面に出しませんでした。

 

しかし、徐々に互いに優先順位が相手だと分かり、もっと一緒にいたいと思っていることがわかったので、会いたいということを遠慮しなくなり、頻繁に会うようになりました。

 

 

結婚式に向けて

 

プロポーズされ結婚の準備で会う機会が増えた

 

yukoさん(30代後半の女性)↓

 

誕生日に彼氏からプロポーズをされて、オッケーした。

 

お互いの家族に報告する必要があるけれれども、彼女の父親がもともと交際に反対していたため、どうすれば彼女の父親に許してもらえるか2人で考えることにした。

 

お互いなかなか妙案が浮かばず、会ってなんども話し合いを重ねていた。

 

 

surumeさん(30代前半の女性)↓

 

「結婚するまでの準備」

 

自分の体験談なのですが、付き合って1年ちょっと経った時に彼からプロポーズされました。

 

その後、籍を入れて夫婦になるまでにやらなければいけないことが沢山ありました。

 

お互いの両親への挨拶、新居探しと家電や家具の購入、引越し、婚約指輪と結婚指輪の購入、婚姻届提出。まだまだあった気がしますが、そんなやらなければいけないことを会ってこなさなければならなかったので会う頻度が増えました。

 

なので、会う頻度が増えた理由は結婚するまでの準備を会ってしていたからだと思いました。

 

 

仕事の休みが合うようになった

 

アップルパイさん(30代後半の女性)↓

 

最初の1年間は仕事の都合でどう合わせても月に2回会えればいい方。

 

一年だってからたまたま週に一度は会える休みになったので会う頻度が増えました。

 

お互いの趣味や食の好みが一致していた彼だったのでせっかく会えるならあの店に行こう、この店に行こうと色々なところに行くようになりさらに仲良くなりました。

 

 

なんとなく…から

 

りんごさん(20代後半の女性)↓

 

今までは誰かの紹介などで出会って、なんとなく付き合い始めたけれどお互い乗り気ではなく、一応付き合ってはいるけれど…状態だったのだと思います。

 

デート中に何かピンとくるものを見つけた、例えば彼女の気遣いに胸を打たれた、彼が仕事の相談にのってくれて頼もしかったなどなど、お互いに一緒にいたいと思える理由を見つけて本当のカップルになったというのはよくある話だと思います。

 

 

双方あるいは一方が過熱気味になっている

 

pukuriさん(男性)↓

 

経験談ではなく想像になりますが、おそらく結婚が見えてきたのだと思います。

 

この人となら幸せになれそうと女性が思い、そして男性はこの人を一生守り続けたいなんてまるでメロドラマの主人公のように脳内が幸せムードでいっぱいなのでしょう。
相思相愛の絶頂期でなければ会う機会が増えることなんてありませんし、冷めてきたカップルなら会う回数は少しずつ減っていくはずです。

 

やはり付き合ってから1年以上が経過しているのに何度も何度も会うというのは幸せの絶頂期にあるからだと思います。

 

例外があるとすればどちらか一方が他方の浮気などを心配し、それで疑心暗鬼になって暇さへあればずっと一緒にいて常に監視したがっているというケースも考えられますが。

 

いずれにしろ、少なくとも二人のうちのどちらか一方の恋する気持ちが過熱気味にあるのは確かだと思います。

 

 

遠距離恋愛がおわったから

 

mamiさん(20代前半の女性)↓

 

遠距離恋愛がおわったから!まさしくワタシがその一人です。

 

彼と付き合って半年が経ったときに、彼の配属の関係で遠距離になってしまいました。

 

付き合って間もなかったこともあり、付いていくことはせずそのまま遠距離に突入。

 

約二年間の遠距離恋愛を経て、いまは仲良く同棲しています!

 

 

心の壁が随分と薄くなり

 

なべぶたさん(男性)↓

 

今まではお互いに相手が自分の深い部分まで踏み込むことに対して何らかの抵抗を感じていたけれど、それが付き合って1年以上経過した後にそのような心の壁が随分と薄くなり、その結果としてお互いが一緒にいるのが心地よくなったので、彼らは一年以上経過して必然的に会う頻度が高くなった。

 

 

同じ趣味が見つかった

 

snowさん(女性)↓

 

やっぱり女でも男でも同じ趣味の人とは自然と一緒にいる時間が長くなると思うんですよ。

 

なので、どっかの時点でお互いに同じ趣味を持ってることが発覚したんじゃないでしょうか。

 

私だったら同じ趣味を持った彼氏なら頻繁に会いたくなりますね。

 

話も弾むでしょうし一緒にいて楽しいも思います。

 

 

結婚を意識してきた証拠

 

kawamiさん(男性)↓

 

付き合って会わなくても平気になると、この人は運命の人ではないと思ってしまいます。

 

会わないのが普通になり、疎遠になることになります。

 

一年経過して頻繁に会うのは、失いたくない気持ちが強くなります。

 

熱しやすく冷めやすいとは違ってきます。

 

 

まとめ

 

付き合って1年以上経過した後に会う頻度が増えたカップルのそうなった理由は何かをいろんな人に聞いてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

中には、これはあるあると感じたものもあったのではないでしょうか?

 

私の中では盲点でしたが、仕事の休みが合うようになって、会う回数が増えたってのもけっこうありがちなパターンかもしれませんね。


【シェアする】