トップへ戻る

ニートのメリット利点やとデメリット

ニートのメリットとデメリットについて

ニート生活にはメリットとデメリットって結構あります。

 

ニート経験がないような人から見たらデメリットばかりなのでは?って感じるかもしれませんが、ニートを経験してみてそれなりにメリットがある事もわかりました。

 

もちろんデメリットもそれなりにありますけどね。

 

それでは今回はニートのメリットとデメリットを詳しく書きます。

      目次

 

:ニートのメリット:

 

1、好きな時に好きなだけ寝れる

 

2、健康状態を保てる

 

3、趣味だけに時間を使える

 

4、嫌いな人と会わなくて済む

 

:ニートのデメリット:

 

1、体力が無くなっていく

 

2、好きな物を買えない

 

3、他人と会いたくなくなる

 

まとめ

 

 

:ニートのメリット:

 

好きな時に好きなだけ寝れる

ニートは好きなだけ眠れる

 

ニートのメリットの1つ目は、好きな時に好きなだけ寝れる点ではないでしょうか。

 

ですので昼寝も長い時間できるでしょうし、夜寝て朝に起きる場合であってももっともっと寝ていたいならいつまでも寝れちゃうわけです。

 

私もニートの時は、睡眠時間は十分確保できてました。

 

ですので、慢性疲労になってしまってるような事はまずなかったです。

 

昼寝も大体毎日してましたし。

 

昼寝に関しては昼ごはんを食べたちょっと後くらいに眠くなってたので、大体13時とか14時に昼寝する事が多かったです。

 

で、大体1時間くらい寝てましたね。

 

多い時だと3時間くらい昼寝してました。

 

3時間くらい寝てる時は、なんか凄い体調が悪い時やすごく疲れてる時が多かったです。

 

 

注意点を言えば、あまり夜更かしをしちゃうと昼夜逆転しちゃう点ではないでしょうか。

 

私もニート時代に昼夜逆転しちゃった事が多かったです。

 

酷い時だと朝7時くらいに寝て午後16時くらいに起きてしまう生活になってしまった事があります。

 

午後16時だと秋とか冬になるともう薄暗くなってるので、起きた頃にはすっかり夕方になってるわけです。

 

あまりこのような昼夜が逆転してしまってるような生活は良いとは言えませんので、ニートであろうとも寝る時間は大体同じくらいにしといて方がいいでしょう。

 

寝る時間を大体決めておけば、起きる時間が1時間とか2時間ずれたとしても、昼夜逆転しちゃうような事はないです。

 

よく昼寝をしたら夜はなかなか眠れない方っておりますけども、私の場合は昼寝をタップリしたとしても夜は大体同じくらいに寝れるタイプです。

 

 

健康状態を保てる

ニートのメリットの2つ目は、良い健康状態を保てるです。

 

1つ目で書いた睡眠時間を十分を確保できるだけでなくて、基本的に疲れる事もしてないし仕事によるストレスも溜まってないので健康状態は大変良好なニートが多いのではないでしょうか。

 

やっぱり睡眠時間が忙しくて足りてなかったり、ストレスが溜まっていると病気になりやすいんです。

 

でも睡眠時間が十分取れていてストレスのない生活を送っているニートは病気には成り難いのではないでしょうか。

 

私もニートの時は体調だけはやたら良かったです。

 

とにかく疲れる事を一切やってないので疲れが溜まる事もないし、お金がないので無駄に買って食べるような事もないし前述した通りで睡眠も十分取れてるので病気にならなかったし、風邪を引く事もほとんどなかったです。

 

このあたりもニート生活の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

趣味だけに時間を使える

ニートのメリットの3つ目は、趣味だけに時間を使える点です。

 

時間はたっぷりあるので、自分の好きな事に使えるので趣味を持ってる人ならその趣味を楽しむ時間だけに集中できるのではないでしょうか。

 

ニートであっても趣味が沢山あるような人は特に趣味に没頭できて楽しい毎日を送れてそうですよね。

 

ニートの趣味ってお金があまりかからないような趣味が向いてるかと思いますけども、現在趣味があまりないニートでしたらそのようなお金のあまりかからないような趣味を探してみてはいかがでしょうか。

 

そのあたりに関しては、お金のかからない趣味の記事や趣味インドアの記事などが参考になりますので良かったら読んでみてください。

 

 

嫌いな人と会わなくて済む

ニートのメリットの4つ目は、嫌いな人と会わなくて済む事です。

 

やっぱり仕事をしてると嫌いな人や苦手な人って一人や二人はでてくるわけです。

 

そうなるとそれがストレスの素となって自分を苦しめるわけですけども、ニート生活にはそういう事もなくて嫌いな人と会わなくて済むし嫌いな人ができたり増えたりもしないのではないでしょうか。

 

嫌いな人がリアルの生活でいるとしても、家族の誰かくらいだけかと思うんです。

 

 

 

:ニートのデメリット:

 

体力が無くなっていく

ニートは体力が無くなってくる

 

ニートのデメリットの1つ目は、体力が無くなっていくんです。

 

仕事してるとやっぱりそれなりに動くわけですので、最低限の体力は付いてきますけども、ニートは慢性的な運動不足になりがちなので体力が段々と無くなってくるんです。

 

ですので、体力の低下を防ぐためには適度な運動をした方がいいでしょう。

 

ウォーキングでも散歩でもいいでしょうし、自転車に乗るとかでもいいのではないでしょうか。

 

まあ毎日でなくても良いので週に2~3回だけでもウォーキングや散歩や自転車に乗ったりなどの運動をしてください。

 

 

好きな物を買えない

ニートのデメリットの2つ目は、基本的にお金がありませんので好きな物が買えない点もニートの大きなデメリットではないでしょうか。

 

なんか衝動的にこれが欲しいとかこれが食べたいなあって思っても働いてる人のようには買えないというジレンマが発生するんですよね。

 

ですので、ニートであってもちょっとくらいはお小遣い稼ぎをすればいいのでないでしょうか。

 

お小遣い稼ぎの方法に関しては、ニートでも人生を楽しむ方法の記事でも書きましたけども、アンケートサイトやポイントサイトに登録しまくってみてはいかがでしょうか。

 

アンケートサイトやポイントサイトに登録して、それなりに真剣に毎日こなしていけば月に2000~3000円くらいは稼げますので是非登録してやってみてください。

 

 

他人と会いたくなくなる

ニートのデメリットの3つ目は、他人と段々と会いたくなくなってきます。

 

ニート生活を送ってると基本的に人間関係は限られてきます。

 

そうなると人と接する機会も少ないので、他人と関わる事への免疫力が落ちていきますので他人と関わったり会ったりするのが億劫になってくるんです。

 

そうなると支障がでてきます。

 

それは親戚などのどうしても会わなくてはならない人達ともできれば会いたくないと思ってしまう点です。

 

でも親戚には冠婚葬祭の時に会うし、それ以外であっても自分の家に遊びにきたりしますので、会う事を基本的に逃げる事はできないんですよね。

 

ニートは基本的に実家住まいですからね。

 

そのあたりはニートの大きな課題と言えるのではないでしょうか。

 

親戚が来ると仕事の事を聞かれる事もあるんでそれも凄く嫌なのではないでしょうか。

 

そういう場合はニートが職業を聞かれたらの記事が参考になりますのでよかったら読んでみてください。

 

 

まとめ

:ニートのメリット:

 

1、昼寝も長い時間できるし、夜寝て朝に起きる場合であってももっともっと寝ていたいならいつまでも寝れちゃう。

 

2、基本的に疲れる事もしてないし仕事によるストレスも溜まってないので健康状態は大変良好な状態を保てる。

 

3、時間はたっぷりあるので、自分の好きな事に使えるので趣味を持ってる人ならその趣味を楽しむ時間だけに集中できる。

 

4、嫌いな人と会わなくて済むし嫌いな人ができたり増えたりもしない。

 

:ニートのデメリット:

 

1、ニートは慢性的な運動不足になりがちなので体力が段々と無くなってくる。

 

2、衝動的にこれが欲しいとかこれが食べたいなあって思っても働いてる人のようには買えないというジレンマが発生する。

 

3、人と接する機会も少ないので、他人と関わる事への免疫力が落ちていきますので他人と関わったり会ったりするのが億劫になってくる。


【シェアする】