トップへ戻る

40代ニート無職の1日の過ごし方や生活について

40代ニートの日常や1日の過ごし方

40代ニート無職の日常や1日の過ごし方についてですけども、20代と40代の頃の2回ほどニートだった時期があります。

 

まあ40代ニート時代は1年ちょっとで短かったですけども、40代のニート無職の日常や1日をどう過ごしてるかとかに興味がある方もおおいのではないでしょうか。

 

それでは今回は、私が40代ニート無職時代だった頃の日常や1日の過ごし方を書きます。

 

 

40代ニート時代は寝る時間や起きる時間は一定

私が40代前半の時のニート無職時代は、意外と昼夜逆転とかになる事はなくて、寝る時間も起きる時間も大体一定してました。

 

ずれてもせいぜい1時間か2時間程度でしたね。

 

20代の頃にもニート時代を経験してると前述しましたが、その頃は昼夜逆転をしちゃってる事が多かったです。

 

 

何故こんなにも違うものかは、はっきりととした要因はわかりませんが、40代の頃の方が20代の頃よりも体力的に落ちてきてるので夜更かしってしにくいのかなって部分や、若い頃に比べたら昼寝もすんなりできるようになったし、20代の頃に比べたら布団に入ってもすんなり眠れるようになりましたね。

 

昼寝したらなかなか夜は眠れないって人が多いし、私も若い頃はそうでしたけども40代に入ってからは昼寝をたとえ2時間したとしても夜は大体同じくらいの時間に眠れております。

 

まあ自分の中では何もする事がなくても、無意識のうちに早く寝て早く起きなきゃって気持ちになってたからかなとも思いますね。

 

 

アンケートなどでお小遣い稼ぎをしている

アンケートで時間潰しをする

 

私が40代前半の時のニート無職時代の日常の過ごし方として、まず朝にチェックする事はパソコンを起動させてメールをチェックするところからスタートしてましたけども、
私はアンケートサイトに数多く登録してるのでアンケートサイトからのアンケートの依頼が来てないかを毎朝メールでチェックしてました。

 

そしてアンケートサイトからメールがきてたら、せっせとアンケートをこなしていたんです。

 

お菓子をちょっと買えるくらいのお小遣いにしかなりませんでしたけども、40代ニート時代の貴重な暇つぶしにはなってました。

 

ちなみに保険とかもろもろetcの月々の料金に関しては、貯金を切り崩して払ってましたよ。

 

あと、家賃は実家住いなのでかかってません。

 

 

ニュースを読みまくり知識を蓄える

自分磨きの方法としても紹介しましたけども、ニュースを読みまくってました。

 

これは今もしてる事ではありますけども、とにかく新聞ではなくてネットのヤフーニュースを読みまくってました。

 

ヤフーニュースは読んだ人がコメントを投稿する事もできるんで、そのコメントも必ず読むようにしてます。

 

そのニュースのコメント欄の方が面白い感想などが書かれていて勉強になるし、新しい考えや知識を増やせるんですよね。

 

ヤフーニュースは毎日莫大な量のニュースをアップさせてるんで、ヤフーニュースを読めば暇つぶしにもなるし、知識も増えるしで素晴らしいなあって思ってます。

 

ニュースやニュースのコメントで興味深い部分や参考になった部分はコピーしていつでもまた繰り返し読めるようにテキストなどに保存してますよ。

 

 

昼寝する日が多くなった

私が40代前半の時のニート無職時代の日常の過ごし方として、昼寝する日が多かったです。

 

やっぱり昼ごはん食べた後は結構誰でも眠くなったりしますけども、会社勤めしてる人だと昼寝できたとしても僅かな時間か休日にしかできませんよね?

 

でも40代ニートの場合は暇ですし、時間を気にしなくても良いのでタップリと昼寝できちゃうわけです。

 

私の場合だと大体30分~1時間くらいの昼寝が多かったです。

 

多い時だと2時間昼寝してることもありましたけどね。

 

 

音楽鑑賞している時間も長い

私は元々音楽鑑賞も趣味でしたが40代前半のニート時代は音楽鑑賞をしている時間も凄い長かったです。

 

前述したアンケートサイトをこなしてる時やニュースを読んでいる時もヘッドホンで音楽を聴きながらしてるんですよね。

 

40代前半のニート時代は音楽鑑賞をしてる時間って1日に大体10~15時間ほどだったと思います。

 

要するに起きてる時は殆ど音楽を耳にしてたわけです。

 

ちなみに聴いてる曲は、80年代や90年代の懐メロが多いです。

 

 

2時間ドラマの再放送を見てた

私が40代前半の時のニート無職時代の日常の過ごし方として、2時間ドラマの再放送もよくみてました。

 

私のところだと平日は午後13時くらいに2時間ドラマの再放送がやってたんでそれを見るのが楽しみだったんですよね。

 

何度も見たくなりそうな作品だったら、録画もしてました。

 

結構な暇つぶしにもなってたし、2時間ドラマの再放送を見てる時は、それに夢中になれてるので色んな事も忘れられてなかなか良い時間でした。

 

まあ今でも2時間ドラマの再放送は好きで見てますけどね。

 

今は録画して夜とかに見るパターンが多いです。

 

 

猫と遊ぶ

猫と遊ぶ40代ニート

 

猫を飼ってるんで猫と遊んでる事も多かったです。

 

猫と遊んでる事も自分はニートである事を忘れさせてくれるとても癒される時間でしたんで、猫を飼ってて本当に良かったなあって思いますよ。

 

その当時の子は今は亡くなってしまいましたが、今はまた別の子を飼って一緒に生活をしております。

 

 

まとめ

:40代ニート時代は昼寝を長くしててても、寝る時間や起きる時間は大体一定だった。

 

:朝起きてアンケートサイトのアンケートをこなしお小遣い稼ぎをしていた。

 

:ヤフーニュースやニュースのコメント欄を読み漁って知識を蓄えていた。

 

:暇な分だけ、昼寝も自由にできるので、働いてた時よりかは昼寝する日が多くなった。

 

:1日に大体10~15時間くらいは音楽鑑賞をしていた。

 

:平日午後から放送していた2時間ドラマの再放送を見るのが好きで見ていた。

 

:猫と遊ぶ事でニートである現実を忘れさせてくれていた。


【シェアする】