トップへ戻る

エスカレーターが嫌いな理由、トラウマなど

エスカレーターが嫌い苦手な人について

エスカレーターが嫌い苦手な人って結構いるのではないでしょうか。

 

エスカレーターが嫌い

 

私の周りにもおりますし、私も今は苦手ではないけどもエスカレーターが嫌いだった時期がありました。

 

エスカレーターが嫌いな人は、エスカレーターを使わなくてもいいような所だったらなるべく階段かエレベーターを利用なさる方が多いのではないでしょうか。

 

私もエスカレーターが苦手だった時は、3階くらいの目的の場所であれば階段を利用する事が多かったです。

 

それでは今回は、エスカレーターが嫌い苦手な理由などを書きます。

 

 

エスカレーターから転倒した事がトラウマになっている

エスカレーターが嫌い苦手な理由の1つ目は、エスカレーターから転倒した事がトラウマになっている方もおります。

 

これは少数かもしれませんが、私の周りにそういう方がいてエスカレーターから誤って転落して大怪我をしてしまってから、エスカレーターがトラウマになってしまって全く乗れなくなってしまってました。

 

なのでその人とお出かけする時は、エスカレーターがあるような場所であっても全て階段かエレベーターを使用するんです。

 

もちろんエスカレーターから転倒して怪我をした経験があっても、それでトラウマにならない人の方が圧倒的に多いでしょうけどね。

 

怪我をしたけどもトラウマにならなかった人の場合は、前以上に気をつけるようになることで、より安全にエスカレーターに乗るようになっていってるのではないでしょうか。

 

 

私も以前一度だけですがエスカレーターの段を踏み外して転げ落ちた経験があるんです。

 

かすり傷程度で済みましたけども非常に怖かったです。

 

下に誰もいなかったのでまだ良かったなあって思いますね。

 

私が転げ落ちて下に沢山人がいたら将棋倒しになってしまった可能性もありますからね。

 

現にエスカレーターでの将棋倒しの事故ってたびたび起こってますし。

 

 

エスカレーターで痴漢された経験がある

エスカレーターが嫌い苦手な理由の2つ目は、これは基本的に女性だけになりますけどもエスカレーターに乗ってる時に、すぐ後ろの段にいた男性に痴漢された事があってそれがトラウマになってエスカレーターが嫌いになった方もいるのです。

 

私の周りでもエスカレーターで痴漢に遭った方が数名いますが、まさに上記のようなシチュエーションで痴漢されてました。

 

皆さん後ろからお尻を触られたって言ってましたよ。

 

こういうエスカレーター痴漢に遭わないためには、混んでる時は難しいでしょうけども、エスカレーターが割りと空いてる時は、エスカレーターに乗り込んだらすぐに後ろを振り向いて誰かいないかを確認してすぐ後ろに男性がいたらなら一段か二段上がっていくようにしてください。

 

それだけで警戒してるんだなって事を男性に意識させる事ができるんで痴漢しようとはしないはずです。

 

 

あと空いてるエスカレーターに乗り込む直前にも、誰か他に乗り込まないかあたりを見渡して警戒するくらいで丁度いいでしょう。

 

 

エスカレーターで盗撮された経験がある

エスカレーターが嫌い苦手な理由の3つ目は、エスカレーターで盗撮された経験がある女性も多いです。

 

これも私の周りで何人もいて、エスカレーターに乗ってる時にすぐ後ろの段にいた男性にスマホでスカートの中を盗撮されてしまったそうです。

 

それに気づいたけどもその時は恐怖から何も言えなかったそうですけどね。

 

この場合も防ぐ方法としては、痴漢の場合と同じくエスカレーターに乗り込んだ後にすぐ後ろに誰かいないかをチェックしたり、乗り込む前に誰か他に乗りこむ人がいないかチェックするようにしましょう。

 

その時に誰もいなかったとしても、エスカレーターの次の階までの中間くらいの位置に差し掛かった時はもう1回後ろを振り向いてすぐ後ろに誰かいないかチェックするようにしてください。

 

もしかしたら足音を出さないように忍び寄ってきてる可能性もありますので。

 

 

知らない人が一段下にいるのがなんか嫌

エスカレーターが嫌い苦手な理由の4つ目は、知らない人が一段下にいるのがなんか嫌だと感じてエスカレーターが苦手な理由になってる方もおります。

 

別に上記のような痴漢や盗撮されたような経験がなくても、一段下に他人がいる状態ってなんだか赤の他人が自分と接近しすぎているので変な緊張感が走ってしまうわけです。

 

後ろに他人がいる場合は振り返らないと見えないので尚更嫌なのではないでしょうか。

 

一段前に人がいる場合だとまだそうでもないと思います。

 

前の段にいる人の場合は、相手の姿がこちらからは後姿だけどもバッチリ見える分だけ嫌度は低いわけです。

 

 

1人分しか横にスペースがないタイプが苦手

エスカレーターが嫌い苦手な理由の5つ目は、エスカレーターの中には横幅が狭くて1段に1人しか通れないとか乗れないようになってるものもあります。

 

そういう狭いタイプの場合だと後ろで急いでる人がいないか気になってしまって嫌な方もいるのです。

 

横幅があるタイプでしたら、右側のスペースを空けておけるので、その右スペースは急いでる方が登っていくように使えますけども狭いタイプだとそれができないので気を使うのではないでしょうか。

 

なので私はそのような狭いタイプのエスカレーターを利用する時は、上に人がいない場合は止まらずに歩くようにしてます。

 

 

まとめ

:エスカレーターから転倒して大怪我をした事でトラウマになってしまった。

 

:エスカレーターに乗ってて一段後ろにいた男性に痴漢されたり盗撮された事がトラウマになっている。

 

:知らない人が一段に下にいるのが、振り返らないと見えないし近すぎてちょっとプレッシャーを感じて苦手意識がある。

 

:1人分しか横にスペースがないタイプのエスカレーターは、後ろで急いでる人がいないか気になってしまうので嫌い。


【シェアする】