トップへ戻る

一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する理由や特徴や対処法

一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する事について

20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する事ってあるのではないでしょうか。

 

母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する理由は様々ですけども、娘からしたら彼氏との付き合いを母親に邪魔されてるだけだと感じるので非常に迷惑なわけです。

 

ですので、どうにかこうにかそのような彼氏との付き合いを反対や干渉する母親を変えたいとか、母親を避けたいと考えてしまうのではないでしょうか。

 

それでは今回は、20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する理由や対処法の実家暮らしの場合を紹介します。

      目次

 

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する理由の実家暮らしの場合↓

 

1、娘の彼氏の家が遠方にあるから

 

2、母親が子離れできてない

 

★20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合↓

 

1、旦那が亡くなって一人で寂しいから

 

2、旦那とあまり仲が良くない

 

3、友達があまりいないので娘に依存している

 

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する場合の対処法↓

 

1、実家からでて一人暮らしをする

 

2、意識的に母親から距離を置く

 

まとめ

 

 

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する理由の実家暮らしの場合↓

 

娘の彼氏の家が遠方にあるから

20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する理由の実家暮らしの場合の1つ目は、娘の彼氏が遠くに住んでいる、かつ実家は家業をしていて既にその実家の家業を継いでいる場合です。

 

なぜ一人娘の彼氏が遠方にいて、実家の家業を継いでいると反対するかと申しますと嫁いで娘が遠くに住んでしまったら何かと困るからではないでしょうか。

 

何かあった時でも遠くに娘が住んでいたらいろいろとすぐに頼る事もできませんし、あとは家業を継いでる人と娘が結婚するって事は最初からあちらの親と一緒に住む事になるので、娘の幸せを考えた場合に苦労が絶えないのでは?と考えているからではないでしょうか。

 

まとめると、

 

遠くに嫁ぐ+相手方の親と同居すると言う事は母親からしたら一番避けたいケースなわけです。

 

にも関わらず娘がそのケースに完全にハマってしまったのでどうしても反対しているのです。

 

 

母親が子離れできてない

子離れできない母親

 

20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する理由の実家暮らしの場合の2つ目は、単に母親が子離れできてない場合です。

 

子離れできてない母親の特徴を言えば娘が成人しているにも関わらず、娘が子供の頃と接し方がほぼ同じだったりする事が多いのではないでしょうか。

 

とにかく娘を溺愛してしまっていて、誰にも取られたくないので娘に彼氏が出来た事を知るとどんな彼氏であろうとも付き合う事を反対するのです。

 

 

★20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合↓

 

旦那が亡くなって一人で寂しいから

20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合の1つ目は、旦那が割と早くに亡くなってしまって寂しいし心の拠り所は娘しかいないのでどうしても過干渉気味になってしまう事が多いのではないでしょうか。

 

要するに、母親の意識が同居する娘に集中してしまってるわけです。

 

このタイプの母親は趣味も特になかったりするんで、尚皿、娘の行動を自然と監視気味になってしまうのです。

 

 

旦那とあまり仲が良くない

旦那と仲が悪い

 

20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合の2つ目は、母親があまり旦那と仲が良くない場合も多いです。

 

ですので旦那の事は自分の中では完全にどうでもいい存在になってる分だけ溺愛している娘に意識が集中する分だけ、過干渉気味になってしまってるのです。

 

まあ旦那と仲が悪くても娘にあまり干渉しない母親も多いでしょうけども、そういう母親は娘が成人したのを機に子離れできてるからです。

 

ですので、この旦那と仲が良くないかつ、娘を過干渉してしまう親も子離れできてないタイプと言えるでしょう。

 

 

友達があまりいないので娘に依存している

20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合の3つ目は、母親には友達が殆どいない場合も多いです。

 

友達がほぼいないので、その分だけ娘の行動ばかり気になってしまうのではないでしょうか。

 

友達がいたり、趣味があったりすれば成人している娘に意識が集中してしまう事はないでしょうけども、このような友達がいない母親っていうのは趣味もこれと言ってないので、尚皿娘を干渉しがちになるのです。

 

唯一の心の拠り所は娘しかいないので、どうしても娘の行動ばかり追いかけてしまってるのではないでしょうか。

 

 

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する場合の対処法↓

 

実家からでて一人暮らしをする

20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する場合の対処法の1つ目は、実家からでて一人暮らしをする事も一考かと思います。

 

溺愛している娘が一人暮らしをすると言い出したら、きっとそれもかなり反対されるでしょうけども、どうしても現状を変えたいと思っているならば強引に押し切って一人暮らしをなさってみてはいかがでしょうか。

 

一人暮らしをする場合は、実家からはそんなに遠くない場所の方がいいかもしれません。

 

実家から近ければもしかしたら母親もいつでもすぐに行ける距離だからって事で納得してくれるかもしれません。

 

後は、週に1回くらいは実家に帰ってお泊りするようにすれば母親の寂しさも半減するのではないでしょうか。

 

こんな感じにすれば、母親とは丁度良い距離感になると思いますし、前よりかは干渉される事も自然と減っていき彼氏との付き合いを反対してる度合も半減してくるかと思います。

 

要するに一緒に住まなくなった事で母親も一度冷静になって自分を見つめ直す事が自然とできたからこそ、そのような状態になると言えるのではないでしょうか。

 

 

意識的に母親から距離を置く

20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する場合の対処法の2つ目は、意識的に母親から距離を置く事です。

 

どのように距離を置くかと申しますと、家族との最適な距離感の記事でも書いてますけども、家にいる時でも母親と一緒にいる時間を意識的に減らしていけばいいのではないでしょうか。

 

要するに二人でじっくりお話するような時間を今より減らすようにするのです。

 

例えば大事な用事があったり、ご飯を食べてる時以外の時間はなるべく自分の部屋で過ごすようにすればいいのではないでしょうか。

 

そのようにちょっと距離を置く事で、母親のこちらへの態度も多少は遠慮気味になる事が多いのです。

 

娘にそのように距離を置かされると、多少なりともその変化に母親も気づくわけなんで前よりかは、ずけずけとこちらに入り込んで来ることは減ってくるはずです。

 

 

まとめ

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対する理由の実家暮らしの場合。

 

:娘の彼氏の家がかなり遠くにあるので、遠くに嫁がれると何かと困ると感じているから。

 

:娘を溺愛するあまり、娘の子供時代と変わらない接し方になってしまっていて子離れできてないから。

 

 

★20代一人っ子で母親が娘を執拗に干渉する理由の実家暮らしの場合。

 

:旦那が亡くなってしまっていて、同居する娘に意識が集中してしまって過干渉になってしまっている。

 

:旦那とはあまり仲が良くないし、旦那は空気のようなどうでもいい存在になってしまっているのでその分の愛情が娘に集中してしまっている。

 

:友達もいないし、趣味もないので溺愛している娘に気持ちが集中してしまっている。

 

★20代一人っ子で母親が彼氏との付き合いを反対や干渉する場合の対処法。

 

:思い切って実家からでて一人暮らしをする事で、母親と丁度良い距離感にする事が出来る。

 

:家にいる時も母親と一緒に過ごす時間を減らすようにする事で、母の自分への依存度を減らす効果を出せる。


【シェアする】