トップへ戻る

暇な冬の家の中での有意義な過ごし方楽しむ方法5選

暇な冬の家の中での過ごし方について

※2018年11月11日:情報更新しました。

 

冬の暇な時間や休日ってやっぱりいくら暇であっても寒くて外に出たくないって人は多いのではないでしょうか。

 

やっぱり外が氷点下だったりすると、暖房の効いたポカポカな家の中との気温差がかなりあるんで尚更ですよね。

 

だからといって何も予定がない時に家の中で何をして過ごしたら良いのか分からなくなることもあります。

 

そういう暇を持て余してる時もかなり退屈ですし気持ち的にも変な倦怠感みたいなものも襲ってくる方が多いのではないでしょうか。

 

そのようにならないためにも冬の暇な時間や休日前には、しっかりと何をするか計画を立てていくのが有効かと思います。

 

具体的に何をして良いのかわからないって人も多いかと思いますが、とにかく真剣に考えに考えれば必ず思いつきますし良い答えがフトとした時にでてくる事が多いです。

 

考えるときは他の事は何も考えずに、目を粒ってやりたいことを必死に考えるのです。

 

そうしたらきっと冬に自宅でやりたい事がきっと見つかるはずです。

 

上記でも説明した通り、考えてる時に答えが出ない場合も多いです。

 

なので必死に考えた後に他の事をしているときにフトやりたいことが浮かんでくることが多いし、そういう時のほうがより自分が楽しめそうな事が浮かんでくるんです。

 

それでは暇な冬の家の中での過ごし方オススメ5選を紹介します。

スポンサードリンク

 

 

暇な冬の家の中での過ごし方として熟語を学ぶ

熟語を沢山学ぶ

 

暇な冬の家の中での過ごし方オススメの1つ目は、私が最近ハマってる事ですけども、熟語サイトなどを読みまくってその言葉の意味を頭に叩き込むんです。

 

四字熟語を始めとして、様々な熟語を学び理解し、しっかり頭に覚えこませれば、人とのちょっとした会話や文章を作成する時にも使えますし、いろんな熟語を知っていれば、人からは尊敬の眼差しで見られたり頭が良い人だなって思われるはずです。

 

熟語サイトなどにある熟語やその説明文は、できればテキストドキュメントなどにコピーして保存するか、またはその熟語が説明されているページをお気に入りに入れておくようにしましょう。

 

そしてしっかりと理解を深めて普段からその熟語を使えるようにするために何度も何度も読み返すのです。

 

休日や暇な時間に熟語を読みまくれば、半年や1年後くらいには、かなりの熟語マスターになれるかもしれません。

 

私も熟語を読む事が1つの趣味になっておりますけども、冬に限らず年中気になった熟語があればすぐに調べて何度も読むようにしてます。

 

そして前述したようにお気に入りに入れたり、テキストドキュメントなどにコピーして保存するようにしてます。

 

熟語サイトでなくても、国語百科事典などで勉強しても良いでしょう。

 

国語辞典で勉強する

 

熟語を1つ1つ覚えていけば、何か文章を書く機会があるような時にも使える語句が増えていってるわけなんで、よりスムーズに良い文章が作成しやすくなるメリットがあるんです。

 

 

自分の内面を磨く

暇な冬の家の中での過ごし方オススメの2つ目は、冷静にじっくり考えて自分の欠点や内面的に足りてない部分を炙り出して、その欠点を克服するためにどうしたら良いかを考えてみたらどうでしょうか。

 

1つ自分の中の大きな欠点がわかったら、それを克服するための方法などを解説している自己啓発本やサイトなどを何度も何度も読むのです。

 

欠点を炙り出し克服していく

 

1つ例を上げると、人と接する時に笑顔が足りてないなあって思ってるなら、笑顔に関する記事を読みまくるのです。

 

ネットに笑顔がいかに生きる上で有効で徳な事かを解説している記事って沢山ありますので読んでみましょう。

 

何度も読んで読んで読みまくることで頭と心の中にしっかりと植えつけるのです。

 

そうすることによってそのうち忘れたころに人と接したら自然と笑顔を作れるようになってるかと思います。

 

人と目が合ったら笑顔で挨拶する

 

まあコンビニとかスーパーなどのお店のレジの人にまで笑顔を出さなくても良いですけどね(笑)

 

でも家に宅配に来た人には、荷物を受け取ったあとに笑顔でありがとうございますって言うようにしてます。

 

 

●自宅にいながら自分磨きができる方法を解説しているこちらの記事もご覧ください↓

 

⇒★自宅でもできる簡単な自分磨きの方法

 

 

暇な冬の家の中での過ごし方として好きなものを食べる

暇な冬の家の中での過ごし方オススメの3つ目は、好きなものを食べる事です。

 

冬の休日や空いた時間に何日か前に買っておいても良いし休日にお店に行って買いに行っても良いでしょう。

 

とにかく食べたいものを自由に制限なく食べまくるのです。

 

太ると心配なさる方もいるかもしれませんが、あくまでこういうことをするのって週に1回か2回までとして、それくらいだったらいくら食べても太りません。

 

これは私が実際に試しているので間違いありません。

 

まあこういうドカ食いをしちゃうと癖になって毎日のようにしちゃうようになる方もおりますので、注意が必要ですが、週に1回か2回程度なら全然大丈夫です。

 

 

それに好きなものを食べてるとお腹も心も満たされますし、時間もあっという間に過ぎる感覚になるんです。

 

 

ネットやメールだけの友達を作る

暇な冬の家の中での過ごし方オススメの4つ目は、特にインドア派の人にオススメしますけども、リアルで会わずにネットやメールだけの友達を作ってみてはいかがでしょうか。

 

具体的にはネットですとSNS上だけで、つぶやきや日記などのコメント欄でやり取りする相手とかです。

 

メール友達もSNSでも見つけることができるので一石二丁かと思います。

 

私はSNS上でやり取りしてる人が10人以上いてそのうちの4名とはメールもしてます。

 

SNS以外のもので知り合ったメル友も合わせるとネットやメールだけでやり取りしている友達は15人くらいはいます。

 

それくらいいれば家の中でも案外退屈しないですし、特に趣味や価値感が合う人と仲良くなれば、メールなどで会話してるだけでも凄い楽しいですし充実するんです。

 

自分の知らなかった情報や知識などもそのやり取りしてる人から教えてもらえたりするんで勉強にもなるんです。
冬にSNSで友達を作る

 

ここまでいくとリアルで会う友達を作る必要性もない気がしちゃいますね。

 

人付き合いが苦手な人でしたら、こういうネットだけの友達をどんどん作ってみてはいかがでしょうか。

 

リアルで会う友達に比べたらやりとりは全然楽ですし、変な気も使わないですし、それでいて色んな会話を幅広くできるわけなんでメリットだらけなんです。

 

人付き合いが苦手であまり積極的ではないような人でもSNS上でなら結構アクティブな人間になれると思いますし、SNSを利用するときは待ちの姿勢ではなくて、自分からどんどんコメントやらメールなどをして絡んでいきましょう。

 

 

★上記のような人付き合いが苦手な人が友達を作る有効な方法を解説しているこちらの記事も参考になさってみてください↓

 

⇒●人付き合いが苦手な人が友達を作るオススメな方法など

 

この時はできれば同性とだけやり取りしていくようにしましょう。

 

やっぱり異性ですと会話が盛り上がってくるとリアルに会いたいと言ってくる方もいるからです。

 

どうしても異性が相手だとネットからの出会いであっても恋愛感情って芽生えやすいからなんです。

 

 

だからこそなるべく同性とだけやり取りをしましょう。

 

SNSであってもどうしても異性と絡まなくちゃいけなくなった場合は、浅いやりとりだけに留めておきましょう。

 

 

●SNSで友達を増やすメリットを解説しているこちらの記事もご覧ください↓

 

⇒SNSを高頻度で利用する

 

 

暇な冬の家の中での過ごし方として昔のドラマを見る

暇な冬の家の中での過ごし方オススメの5つ目は、これも私が現在してることですけども、10年~30年くらい前に放送されていたドラマを見ることです。

 

80年代のドラマですと大映ドラマがオススメですし、90年代ですとトレンディドラマがなどがオススメです。

 

レンタル店にいけば沢山ありますし、衛生方法が見れる環境ならば、昔のドラマを見れるチャンネルに入会すればみれるはずです。

 

昔のドラマでも放送されてる当時や再放送でも1回も見てない作品を中心に見ればもっと楽しめるかと思います。

 

 

暇な冬の家の中での過ごし方オススメ5選まとめ

:熟語サイトで熟語を学び何度も読み返して頭に叩き込んでいく。

 

:自分の欠点を炙り出して、克服する方法を見つけて努力する。

 

:好きなものを好きなだけ買って食べる。

 

:SNSでリアルで絶対に会わない同性の友達を作る。

 

:80年代とか90年代のドラマを見る。