トップへ戻る

寒い日の休日の5つの過ごし方や楽しむ方法

すごく寒い日の過ごし方について

※2018年11月18日:情報更新しました。

 

寒い日と言えばやはり晩秋とか冬というイメージが強いのではないでしょうか。

 

気温自体もこの季節は低いわけですけども、陽が暮れるのも早くて夜長であるところも特徴的ですよね。

 

なのでなんだかとってもこの時期ってロマンティックな雰囲気があるし、どこか寂しさも感じてしまう時期でもあります。

 

私は個人的には秋冬のそういう夜長な部分って気に入ってますね。

 

夜長であることを多いに利用してイルミネーションが街などで沢山見られる時期でもあるのでそういう部分も凄い好きな点であります。

 

すごく寒い日の休日で特に予定もなくて暇な時って何をして良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

なのでダラダラ過ごしてしまってあっという間に休日が終わってしまったり、暇すぎて気分的にもなんだか重苦しく感じてしまう方も多いと思います。

 

でも寒い休日だからこそより楽しめるような事も多いのも確かなのです。

 

それでは今回はすごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法を5つ紹介します。

スポンサードリンク

 

 

すごく寒い日の休日の過ごし方として露天風呂や足湯に浸かってくる

寒い休日に露天風呂に浸かる

 

ごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法の1つ目は、やっぱり寒い季節ですと温泉に浸かるってのが定番中の定番ではないでしょうか。

 

露天風呂が特に気持ち良いの記事でも露天風呂の良さを説明してますけども、特にオススメなのが外に設置されてるような特に気持ち良い露天風呂や田舎をドライブ⇒足湯の記事でも良さを紹介してますけども足湯に
浸かることです。

 

オススメポイント↓

 

▼寒さと暖かさのコントラストを味わえる▼

 

露天風呂の様子

 

湯に浸かるまではすごく寒いけども、湯に浸かった瞬間にカラダの浸かってる部分はポカポカだけども、湯に浸かってない部分は冷たい空気を浴びているという、このコントラストを味わえるのが露天風呂や足湯の醍醐味だと思うんです。

 

 

暖かさと寒さの二つを同時に味わえるのって凄い心地良いですけども、どっちかといえば暖かさのほうがこの場合は勝っているからこそ、決して風邪などは引く心配もないわけなんです。

 

土日休みでしたらあらかじめ露天風呂や足湯のあるホテルや旅館を予約しといて泊まりで行くのも良いでしょう。もちろん土日以外の連休でも良いですし。

 

連休が取れない人ですと日帰りか休みの前の日にホテルや旅館を予約して1泊するでも良いでしょう。

 

真夏などの暑い時期の露天風呂や足湯も悪くないですけども、やっぱり寒い時期のほうが上記のようなコントラストを味わえる分だけ、気持ち良さは倍増するのです。

 

 

ちなみに私は露天風呂や足湯に浸かったら毎回大体30分くらいは浸かってる事が多いです。

 

中には1時間以上浸かってる人もおりますけども、足湯だったらそれくらいは余裕でしょうけども、露天風呂だとさすがに私は1時間以上はキツイですね(笑)のぼせてしまいますので。

 

寒い日の休日に足湯に浸かる

 

 

足湯だと連れがいる場合なら足湯に浸かりながらお喋りを楽しむとあっという間に時間は過ぎていきます。

 

それだけ足湯って気持ち良い分だけ話に花が咲くんですよねえ♪

 

 

■足湯だと無料のところも多い■

 

足湯だと無料のものも結構あったりするんで金欠気味の方でしたら無料で浸かれる足湯を調べて行ってみてはいかがでしょうか。

 

ネットで検索すれば近場の無料で使える足湯はでてくるはずです。

 

足湯は無料のところも結構ある

 

 

★露天風呂関連のその他のオススメ記事はこちら↓

 

⇒客室露天風呂を二人きりで堪能する

 

 

ウォーキングもすごく寒い日の休日を楽しむ方法としてオススメ

寒い休日に1時間くらい歩く

 

すごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法の2つ目は、凄く気温が低い休日に外に行きたくないって人も多いかもしれませんが、厚着をガッチリとして散歩やウォーキングに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

オススメポイント↓

 

★歩いたあとは長くカラダのポカポカ状態が持続する★

 

歩いて20分くらい経過した頃にはかなりカラダは温まってきて、寒さなどあまり感じなくなります。寒い時期ですと30~1時間歩けば結構汗だくになりますし、家に帰ってきてからもしばらく時間は、カラダがポカポカな状態が続くので暖房もその間は使わなくても耐えられるくらいなんです。

 

こんな風に運動によって体温を上げていくのって体にも凄く良い事ですしぜひ歩いてみてください。

 

 

冬の夜のウォーキングは格別の記事でも説明してますけども冬や寒い時期の夜に歩くのも銀世界のロマンティックな気分に浸れるのでお勧めです。

 

それだけ夏場のウォーキングとは全く違った世界感を味わえるわけです。

 

でも豪雨とか吹雪いてる時は色々と危険ですのでウォーキングをせずに家で過ごすようにしましょう。

 

吹雪いてる日はウォーキングは中止にする

 

 

●寒い季節のウォーキング関連の必見は記事はこちら↓

 

⇒★雪道や冬にウォーキングをするメリットやデメリット

 

 

すごく寒い日の休日の過ごし方として防寒具をネットで購入する

寒い休日に足りてない防寒具を購入

 

すごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法の3つ目は、晩秋や冬の寒い時期ですと防寒対策は必須ですけども、凄く寒い休日を利用して現在足りてない防寒具をネットで購入なさってみてはいかがでしょうか。

 

しっかり用意しておかないとやっぱり困る事が多いですし、風邪などを引き易くなりますし。

 

☆特に用意しておいたほうが良いものですと、まずはカイロです

 

カイロは冬の必需品

 

カイロって備蓄して常に持ち歩くようにしておくと、カラダが凄く冷えてしまってるけども、周りにストーブもないような環境の場合に凄く役に立つからです。

 

なのでカイロはカバンなどに常に2~3つくらいはストックしとくようにしましょう。

 

オススメなのが30~40枚とかがセットで売ってるようなものを購入することです。カイロは1個1個の使える時間は長くはないですし、1個寿命がくる度に買いに行ってたら面倒だからこそ、それくらいのセットで売ってるものを購入するのが一番効率が良いのです。

 

 


(楽天市場)

 

 

☆2つ目は、電気敷布です

 

電気敷布は冬の必需品

 

電気敷布って省電力なものが多いので長い時間使用しても電気代って対したかからないんですよね。しかもとても暖かいですしメリットしかありません。

 

 

私の使い方ですと布団の下に敷くのではなくて、起きてる時に膝と足に掛けるように使ってます。

 

もちろん真冬の凄く寒い時ですと電気敷布だけでは、寒さは凌げない時も多いですけども晴れてる日であれば、結構暖かいので電気敷布だけでも凌げる日も多いのです。

 

 

ちなみに私は電気敷布を使う場合だと強でも弱でもなくその中間の中モードで使用しております。

 

中モードで使用しても私の使ってる電気敷布の場合は、1時間1円もかかりません。大体0.4円か0.5円くらいなのです。

 

なのでこんなに電気代がかからないなら1日中でも安心して使えますよね。

 

 

電気敷布は、サイズや物によって価格は違いますけども私は4500円くらいのものを買いました。

 


(楽天市場)

 

 

<☆3つ目は湯たんぽです

 

湯たんぽは冬の必需品

 

最近は色んなタイプの湯たんぽが売ってるのです。足入れタイプとか靴下のように履くタイプのものもあるんです。

 

で、1回1回お湯をガスで沸かすタイプではなくて、電気を使って充電して沸かすタイプのも沢山あります。

 

私は足入れタイプの充電式のを使ってますけども、やっぱり昔ながらの湯たんぽより全然暖かいですし、そのような足入れタイプの湯たんぽを使って布団に入ると気持ち良くなってあっという間に寝れるんです。

 

オススメですのでぜひ購入なさってみてください。価格も結構安いのでお財布にも優しいのです。

 

 

☆4つめは目出し帽です

 

目出し帽って皆さん避けてる人も多いかと思いますけども、歩いて猛吹雪に遭遇した時は、かなり役に立つアイテムなのです。

 

目出し帽を被ることで猛吹雪に遭遇しても寒さをかなり凌げるからです。

 

最近は昔のタイプのものに比べたらオシャレなものが増えてるし、ツバ付きタイプのものもあるんで是非1つくらいは持っておいたほうが良いです。

 

そしていつも持ち歩いてるカバンに冬は忍ばせておきましょう。

 

4つの防寒具を紹介しましたけども、それらをネットで購入する時って選んでる時も結構楽しいもんです。

 

 

すごく寒い日の休日を楽しむ方法の1つとしてお掃除

すごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法の4つ目は、お掃除です。

 

お掃除すると体が暖まる2

 

おすすめできる理由は?

 

▼カラダがポカポカになる▼

 

お掃除すると体が暖まる

 

特に冬の寒い時期ですとやっぱり室内は暖房器具を使わないと寒いわけですけども、ちょっとでも節約したいと思ってる方もいるはずですが、寒い冬の休日にずっと家にいると電気ストーブを使っているなら長時間使うと電気代がかかりますし、石油ストーブを長時間使用しているとやっぱり灯油代が莫大にかかりますよね。

 

でもそれらのストーブを使わなくてもお掃除をしていると割とすぐにカラダがポカポカになってくるんです。

 

ほんとあっという間にです。もちろん冬の寒い時期ですと厚着をした状態でお掃除したほうがもっと早く体は暖まります。

 

お掃除する箇所にもよるかと思いますが何部屋もお掃除する場合だとやっぱり凄く疲れるので1部屋の掃除が終わったら10分でも15分くらいでも休憩を入れたほうが良いかもしれません。

 

それくらいノンビリした気持ちでやったほうがより楽しくお掃除ができるでしょう。

 

 

寒い日の休日を楽しむ方法としてヒトカラを長時間する

すごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法5つ目は、⇒ぼっちを楽しむ13の遊びやおすすめスポットの記事でもオススメしてますけどもヒトカラをすることです。

 

ヒトカラをする男性

 

おすすめできる理由は?

 

■安く遊べるしカラオケボックスの中はポカポカ■

 

ヒトカラをする女性

 

カラオケBOXって今はかなりお安く利用できますけども、3時間や4時間やったって高額にならないところが良いですよね。

 

しかも寒い冬であってもカラオケBOXの中は当然ポカポカなので快適なんです。

 

お友達などと行っても良いとは思いますが、ヒトカラのほうがより自分勝手に気ままに歌えるので単に歌うことが好きな人にとっては連れがいないほうが気楽にできるんです。

 

私も昔は友達とかとだけカラオケボックスを利用してたけども、試しに一人でカラオケをしにいったら友達と一緒に行くよりも全然楽しめたんでそれ以後はヒトカラばかりになっていきました。

 

なのでヒトカラ経験がまだないって人はぜひ一度一人でカラオケをしに行ってみてください。

 

 

すごく寒い日の休日の過ごし方や楽しむ方法まとめ

:露天風呂や足湯に使って外の寒さとのコントラストを楽しむ。

 

:30~1時間も歩けばカラダは温まり、家に帰ってきてからもしばらくは体はポカポカな状態が続く。

 

:カイロ、湯たんぽ、目出し帽を購入する。

 

:お掃除をすることで体はあっという間にポカポカになります。

 

:ヒトカラは連れと行くより気楽に楽しめるし中はポカポカで暖かい。

 

★寒い季節の過ごし方関連のその他の必読記事はこちら↓

 

⇒大雪の日の休日の家での有意義な過ごし方7つ