トップへ戻る

悪口を言われない人になる方法

悪口を言われない人について

悪口を言われない人ってかなり少ないとは思いますが、存在する事は確かです。

 

皆さんの周りでもきっといるのではないでしょうか?

 

私の周りでも何人か悪口を言われない人っているんです。

 

そのような悪口を言われない人達を観察をしていると、悪口を言われない特徴や理由がある事がわかりました。

 

それでは今回は、そのような悪口を言われない人になるには?方法などを紹介します。

 

 

悪口を言われない人になるには人の悪口を一切言わないようにする

悪口を言われない人になるには?方法の1つ目は、悪口を一切言わないようにすることです。

 

よく言われてる事ですけども、悪口を言うような人って大抵自分も悪口を言われてるんです。

 

これは間違いない真理なのです。

 

悪口を言う事自体、良い事ではないですしそういう根性の悪さって他の人にも必ず伝わってしまうので悪口を言ってる自分も必ず誰かに悪口を言われているのではないでしょうか。

 

ですので、人に嫌われないためにも悪口を言われない人になるためにも人の悪口を一切言わないようにすることです。

 

私の周りには悪口を全く言われない人が数名おりますけども、そのような人達が人の悪口を言ってるところを聞いた事がないんですよね。

 

ですので、やっぱり悪口を言われない人って、人の悪口を言ってない事がわかったんです。

 

普段から人の悪口を言ってるような人って、たとえ悪口を言った相手にその事が知られなくても、悪口を言いまくってるような人って人への接し方1つにしても嫌われる振る舞いをしてる事が多いので嫌われてるし悪口を言われるんです。

 

人の悪口を言うという根性の悪さが、普段の行動にそのまま直結して現れるので嫌われて悪口を言われちゃうのです。

 

 

余計な事は一切言わないようにする

悪口を言われない人になるには?方法の2つ目は、余計な事は一切言わないようにする事です。

 

特におしゃべりすぎる人は、おしゃべりすぎる人は人生で失敗しやすいの記事でも書いてますけども、ついつい余計な事を言ってしまって相手を傷つけてしまい、結果的に悪口を言われやすいのです。

 

おしゃべりすぎるレベルまで行ってなくても、割と喋るタイプであっても余計な事を言わないように気をつけましょう。

 

例えばですけども、相手の欠点やコンプレックスをストレートに言ってしまったり、相手の意見を真っ向から否定するような事はしないほうがいいです。

 

自分は言いたい事は口に出すタイプだしそれがカッコイイと勘違いしてるような人は、そういう事を平気で言ってしまいがちなんで嫌われるし悪口も言われやすいのです。

 

思った事をすぐ口に出す事がかっこいいなんて自分本意な大きな勘違いなんで、そういう間違ったポリシーを持ってるならあらためたほうがいいでしょう。

 

相手の欠点やコンプレックスや相手の意見を否定するような事さえ言わなければ、大体大丈夫です。

 

 

誰であっても必要以上に絡まない

悪口を言われない人になるには?方法の3つ目は、誰であっても必要以上に絡まないようにすることです。

 

変に絡みすぎてしまうと、嫌われる振る舞いをついついしてしまいがちになることも多いのではないでしょうか。

 

絡みすぎるとやっぱり相手を弄りすぎて嫌われたり、キツい言い方をしてしまったりすることもあるからです。

 

でも必要以上に絡まないようにしていれば、一定の距離感で相手と関わる事になるので自分の欠点を露呈しなくて済むし自分の長所だけを出せていけるのではないでしょうか。

 

そうなると嫌われる事もないし、結果的に悪口を言われない人になってるはずです。

 

ですのでこのタイプは親しい友達は増え難いかもしれませんが、その分だけ悪口を言われる事もあまりないんです。

 

 

ポジティブな事ばかり言うようにする

ポジティブな女性

 

悪口を言われない人になるには?方法の4つ目は、ポジティブな事ばかり言うようにする事です。

 

ポジティブな事をばかり言うように心がけてる事が何故悪口を言われない人になれるかと言いますと、人が傷つくような言葉を自然とあまりチョイスしなくなるからです。

 

では、具体的にポジティブな言葉ってどういうものがあるかを説明します。

 

:素晴らしい。

 

:羨ましい。

 

:可愛い。

 

:綺麗。

 

:尊敬。

 

:リスペクト。

 

:優しい。

 

:好き。

 

 

まだまだいろいろあるかと思いますが、上記のような言葉を多用するように心がけていけば、人に嫌われるような言動を言ってしまう事は殆どなくなって結果的に悪口を言われない人になれてるはずです。

 

 

地味に生きる

悪口を言われない人になるには?方法の5つ目は、地味に生きるようにする事です。

 

よく出る杭は打たれるって言いますけども、変に目立ってしまうと必ず自分に対するアンチってでてくるのです。

 

でも地味に目立たないように生きてさえすれば、目立ってない分だけ自分に対するアンチって存在しにくいのです。

 

では地味に生きる事をもっと具体的に説明します。

 

 

あまり前にでない

 

あまり前に出ずに、どっちかと言えば集団の中ですと盛り上げ役だったり、聞き役に徹するようにすればいいのではないでしょうか。

 

このような盛り上げ役だったり、聞き役に徹しているような人ってどっちかといえば地味な存在だと思いますし、意外と美味しい脇役的なポジションでもあるのではないでしょうか。

 

周りを盛り上げようと自分は黒子に徹する姿を評価してくれる人は必ずいるでしょうし、聞き役に徹する場合も一杯喋りたいタイプの人からしたら話をしっかりと聞いてくれる存在ですので好かれるのです。

 

このような地味な盛り上げ役や聞き役的な人って、まさに嫌われる要素は殆どないし結果的に悪口を言われない人なのです。

 

 

まとめ

:悪口を言われない人は、人の悪口を言ってるところを聞いた事がない人が多い。

 

:相手の欠点やコンプレックスや相手の意見を否定するような事は一切言わないようにする。

 

:必要以上に絡まないようにしていれば、一定の距離感で相手と関わる事になるので自分の欠点を露呈しなくて済むし自分の長所だけを出せていけるので嫌われないし悪口を言われない。

 

:ポジティブな言葉を多用するように心がけていけば、人に嫌われるような言動を言ってしまう事は殆どなくなって結果的に悪口を言われない人になれてる。

 

:地味に目立たないように生きてさえすれば、目立ってない分だけ自分に対するアンチって存在しにくいので悪口を言われない。


【シェアする】