トップへ戻る

美人を見ると落ち込む女性はどうしたらいいのか?

美人を見ると劣等感や落ち込む女性について

美人を見ると劣等感や落ち込む女性って結構いると思いますし、私の周りでもそのような女性はおりました。

 

そのような方って当然自分は美人ではないと思ってるわけなので、美人を見るとそのあまりの違いに落ち込んだり劣等感を感じたりするわけです。

 

私は男ですけども、以前は私もかっこいいイケメンを見ると羨ましいなあって思ったり、自分もあんな風に生まれたかったなあって思った事はあります。

 

でも、どっちかと言えば男性よりも女性の方が自分よりも容姿が美しい人を見ると劣等感を感じてしまう方が圧倒的に多いのです。

 

女性は男性よりも美に対する意識が高いからってのが大きな理由だとは思いますが。

 

それでは今回は、美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方を書きます。

 

 

美人でなくたってモテる

美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方の1つ目は、美人がモテるっていうのは間違いありませんが、でも美人でなくてもモテますし、そのように思えれば美人に対する劣等感や落ち込む気持ちは減るのではないでしょうか。

 

では、具体的に美人でなくてもモテる女性ってどういう人かと申しますと、美人ではないけどモテる女の特徴の記事に書いてますがその一番代表的な事をあげると「笑顔が可愛い女性」ではないでしょうか。

 

単に「笑顔が可愛い」ってだけでなくて、笑顔でいる事が多い愛想のいい女性です。

 

顔の作り自体は美人でなくてもこのような女性は異性だけでなく同性にも好かれるのです。

 

そういう状態になるともはや美人に対する劣等感などはあまりないのではないでしょうか。

 

このタイプの女性は美人よりもモテてる人が多いので、美人よりもそういう面では既に上を行ってる人が多いし美人を見て劣等感や落ち込むという感情は芽を出さないわけです。

 

ですので、愛想が良くて笑顔を多くしていけば自然と美人を見ると劣等感や落ち込む事は無くなっていくはずです。

 

可愛く笑顔が出来るようになるには、鏡の前で笑顔の練習をするといいでしょう。

 

鏡を見ながら笑顔の練習をすれば、どういう笑顔であれば可愛く見えて皆から好感を持たれるようになるかがわかってくるはずです。

 

 

メイクでどうにでもなると考える

メイクで美人になる事は可能

 

美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方の2つ目は、メイクでどうにでもなると考えるようにする事です。

 

女性は男性と違ってメイクできるという武器があるので、たとえ美人でなくてもメイクだけで美人に仕上げる、見せる事は可能なのではないでしょうか。

 

あなたが美人だと思ってる方でももしかしたら、メイクで作られた顔であって素顔は全然美人ではない可能性だったあるわけです。

 

実際、メイク前のスッピンの顔はメイクした顔とは全くの別人な女性ってかなり多いですからね。

 

なので美人を見ると劣等感や落ち込む女性はまずは自分も美人に見えるようなメイクを習得するべきです。

 

美人に見えるメイクの一番のポイントは目元ではないでしょうか。

 

アイプチでもいいので、二重の幅を大きくしたりツケマツゲをしてみたりカラコンを入れてもいいのではないでしょうか。

 

それだけで美人に仕上がる可能性があるかと思います。

 

 

色気で美人より上を行くようにする

美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方の3つ目は、美人よりも色気の面で上を行くようにするのもオススメします。

 

色気の出し方ですけども、メイクとかファッションとかで出していけばいいのではないでしょうか。

 

メイクに関しては色気を出すメイクとかで検索すれば色々でてくるので調べてみてください。

 

ファッションに関しては他の記事でも何度も書いてきましたけども、パンツスタイルが多い女性ならパンツよりも膝丈かミニ丈のスカートを履くようにしてください。

 

あと素足よりかはより色気を出すために、柄入りの黒パンストを履けば高いレベルの色気を出す事ができるでしょう。

 

あまり柄入りの黒パンストを履いてる人っていないので、そういう物を履けば他の女性とは差をつけられるはずです。

 

後は、ネイルに力を入れてみたりアクセサリー類もピアスだったりネックレスだったり指輪を身に付けてください。

 

これくらいすればかなり色気を出せているかと思います。

 

で、


十分色気を出せるようになれていれば、男性からも当然モテるわけですし同性からの評価もあがるのでそれによって自信がついて、美人を見て劣等感や落ち込むような事は無くなってくるはずです。

 

 

他の事に神経を向けていく

美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方の4つ目は、他の事に神経を向けていくようにするってのも一考です。

 

要するに、何か真剣に打ち込む事がないからこそ、そのような美人を見ると劣等感だったり落ち込んだりするわけなんで、夢中になれる何かがあればそんな事はあまり考えなくなるしどうでもよくなって来る事が多いのです。

 

ですので、とにもかくにも何か夢中になれる事を見つけるか、または色んな事をして心を悪い方に停滞させないようにしましょう。

 

例をあげると、習い事を何個か新たに始めてみたり趣味を2つか3つ増やしていけばいいのではないでしょうか。

 

そうする事で習い事で忙しくなったり、趣味に没頭する事で美人を見ると劣等感を感じてしまうなどの感情が入ってくる隙間が無くなってくるのです。

 

どんどん色々な事にチャレンジして、そのような劣等感を潰していってください。

 

 

美人を見ると劣等感があるなら最終手段として整形をする

最終手段として整形をする

 

美人を見ると劣等感や落ち込む女性の対処法や心の持ち方の5つ目は、色々やってみたけども、どうしても美人を見ると劣等感だったり落ち込んでしまって自分も美しくなりたいと感じているならば最終手段として整形するってのも1つそういう感情から抜け出す方法かと思います。

 

ただし、本当にもうどうにもならなくなった場合のみにしてください。

 

整形する事でお金もかかるし、今までの自分の顔を捨てる事にもなるわけなんで本当に真剣に考えて悩んでそれでも整形がしたいならしてもいいのではないでしょうか。

 

くれぐれも衝動的だったり軽はずみではしない事です。

 

 

まとめ

:美人でなくたって、愛想が良くて笑顔が可愛い女性ならモテるのでそういう女性になれれば美人に対する劣等感は消える。

 

:美人もスッピンはブサイクかもしれないし、メイクで美人に仕上げる事は可能なので美人になれるメイクを修得する。

 

:色気で美人よりも上をいくような工夫をする事でモテるようになり、美人を見ても落ち込まなくなる。

 

:習い事や趣味を増やす事で美人に対する劣等感などの感情が入り込む隙間をなくしていく。

 

:色々頑張ったがどうしても自分も美人になりたい気持ちが強くて我慢できないなら、最終手段として整形をしてみる。


【シェアする】