加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴

※広告・PRあり

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人について

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人についてですが、年齢を重ねるとともに、ストライクゾーンが広くなることってよくあることかと思います。

 

理由は複数ありますけども、それが良いか悪いかで言えば、特にデメリットはないのかなって感じますね。

 

それでは今回は、加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴を紹介します。

 

恋愛対象に入れてくれる異性が少なくなってきたので

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴の1つ目は、恋愛対象に入れてくれる異性が少なくなってきたからです。

 

加齢とともに見た目はどうしても劣化してきます。

 

そうなると、それに比例して自分を恋愛対象に入れてくれる異性が減ってくるんですね。

 

それを本人も実感しているからこそ、無意識から意識的かは人によりますが、ストライクゾーンを広めにするわけです。

 

外見よりも性格を重視するようになってきた

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴の2つ目は、外見よりも性格を重視するようになってきた場合です。

 

これもかなり多いはずです。

 

若い頃は、異性の外見ばかり見て付き合うか決める方が多いですが、加齢とともに、それだけだと続かないと分かったのでより性格を重視するようになってくる方が多いです。

 

なので、外見のストライクゾーンはそれに比例して広くなっていきます。

 

ただ、性格的な意味でのストライクゾーンは、この場合はやはり狭くなってくるかもしれません。

 

やっぱり合う人とか合わない人がかなり分かってきてるので、選別をしっかりするようになるからです。

 

選べる立場にはないと悟ったから

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴の3つ目は、選べる立場にはないと悟ったからの場合です。

 

ここまでになる人は少ないとは思いますが、いることはいます。

 

加齢とともにあまり異性に相手にされなくなってくると、ある日を境に自分は選べる立場にないと悟れる人っているんです。

 

このレベルまでいくと、今まで好きにならなかったような異性にも好意を持ちやすくなってきます。

 

これって恋愛的意味ではかなり良い方法に向かったと言えますよね。

 

やっぱり今まで好きではなかったようなタイプでも好きになれたってことは、ストライクゾーンは限りなく広くなった印象がありますし、付き合える異性が多くなったわけですからね。

 

まとめ

加齢とともに異性のストライクゾーンが広くなった人の理由や特徴を紹介しましたが、ゾーンが広くなることってかなり良いことであることもお分かりいただけたかと思います。

 

むしろ広くなったほうが幸せになれると思います。