トップへ戻る

好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインや他3ケース

好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインについて

※2018年12月6日:情報更新しました。

 

好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインを知りたい方って多いのではないでしょうか。

 

好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインってイマイチわからない方が多いかと思いますし。

 

でも、好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインって確実にあるのです。

 

それでは今回は、好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインと他の3ケースも紹介します。

スポンサードリンク

 

 

好きな人と複数で遊ぶ時に自分の側にいつもいてくれたら脈あり

いつも自分に寄り添ってくれる場合は脈あり

 

好きな人と複数で遊ぶ時の脈ありサインは、まだ2人で会ったりはしてないけども、複数の友達と遊んでる時に、好きな人が自分の隣にいつもいてくれたり、自分にばかり話しかけてくれてる場合は、脈があるかもしれませんし自分に対して結構好意を持ってくれてる可能性があります。

 

でもそれだけではまだ脈ありと確信を持てない方も多いかと思いますが、そのような状況で他の友達から「きっとお前の事が好きなんだよ」って言われたら、かなりの確率で脈ありと考えて良いでしょう。

 

それは何故かと言いますと、そういう友達の意見って冷静に客観的に見れてる分だけより正確だからです。

 

ですので、そういう場合はその後はこちらから好きな人をデートに誘ってどんどん2人だけの時間を作るようにしていきましょう。

 

きっと上手くいきますので。

 

それは好きな相手も望んでいることだと思いますし。

 

上記の状況ですと、2人で会うようになれば、いつ告白をしても成功率はかなり高いはずです。

 

●告白の成功率を上げる方法を紹介しているこちらの記事も参考になさってみてください↓

 

⇒★愛の告白の成功率を上げるアップさせる方法

 

 

相手からも遊びに誘ってくれる

その他の好きな人の脈ありや好意のサインはどういうものがあるのか?の1つ目は、これはある程度仲良くなっていて友達以上恋人未満な関係のケースになるかと思いますが、こちら側から遊びに誘うばかりでなくて、好きな相手からも結構お誘いが来る場合です。

 

この場合は当然二人だけで会うわけですけども、まだ相手の反応が悪い場合だったら、相手からは決して遊びに誘ってくることはないのです。

 

でも相手からも誘ってくれるってことは、何かしたらこちらに対して相手も好意を持っていると判断しても良いかと思います。

 

ですのでこういう相手からも誘ってくるようになれば告白はいつしても良い状況かと思います。

 

しかも告白性効率はかなり高いでしょう。

 

 

好きな人からも遊びに誘ってくれる場合は脈がある

 

 

この場合だと告白はあまり時間をかけずになるべく早いうちにしたほうが良いです。

 

あまり長く時間をかけてしまうと、相手からは単なる友達だと判断されてしまって、他の人に気持ちが移ってしまう可能性もあるからです。

 

女性は特に見切りを付けるのが早い傾向がありますし。

 

ただし相手もこちらに好意があったとしても受身な人な場合は相手からはなかなか誘ってこないわけなんで、そういう場合は判断が難しくなってきます。

 

でも2回以上こちらの誘いに乗ってくれてる場合だったら、結構脈ありと判断しても良いでしょう。好意があるまではいってないかもしれませんがね。

 

でも嫌だったら自分と2回以上も会ってくれないわけなんで、一緒にいて楽しいとかって思ってくれてる可能性は高いです。

 

それにこのタイプは押しに弱い人が多いのでどんどんプッシュしていけば、お付き合いできる可能性が高くなります。

 

 

●自分に対して現時点で恋愛感情がない女性を惚れさせていく方法を紹介しているこちらの記事もご覧ください↓

 

⇒★自分に対して恋愛感情がない女性を惚れさせる方法

 

 

2回以上2人だけで会っている

2回以上2人で遊んでる場合は脈あり

 

その他の好きな人の脈ありや好意のサインはどういうものがあるのか?の2つ目は、1つ目でもちょっと触れてますけども、こちらから誘えば会ってくれて、しかも2回以上既に2人だけで会ってくれてる場合です。

 

もし最初に2人きりで会ってくれて、相手からあまり一緒にいて面白くないと判断された場合は、色々な理由で次回誘っても誘いを断ってきます。

 

これは私はかなり経験してますけども、1回目で一緒にいて価値がないと判断された場合は95%以上は二度と2人で会ってくれないのです。

 

でも1回目をクリアさえすれば、その後はスムーズに2回3回とずっと会える場合が多いです。

 

私の場合は2回目で失敗したケースもあります。

 

2回目で失敗するケースですと1回目ってそれなりに緊張感があるし割と自分の欠点も出さずに接することができてることも多いけども、2回目って1回目に比べたら緊張感は1回目ほどはないですし、気が緩む分だけ自分の悪い部分を露呈してしまうというか、ある程度自分というものを出してしまうわけなんで、その自分を受け入れてくれるかどうかでそれ以降も会ってくれるかがかかってくる感じがしました。

 

このあたりは相性の問題かもしれませんけどね。

 

なので最初の2回まで乗り越えて3回会えているならば、脈はあるし恋人関係になれる確率が結構高くなっていくかと思います。

 

そういう意味では2人で会うのが2回目の時も1回目ほどではないにしても、ある程度は緊張感を持って接したほうが良いのです。

 

とにかく好きな相手を気遣い相手中心に物事を進めていくようにしましょう。

 

それがしっかりできてさえいればきっと上手くいきます。

 

 

愚痴や悩みを言ってくる

好きな人から悩みや愚痴を言ってきたら脈がある

 

その他の好きな人の脈ありや好意のサインはどういうものがあるのか?の3つ目は、こちらに愚痴や悩みを直接会った時やメールなどで言ってくる人です。

 

愚痴や悩み事などはある程度仲良くなってる関係でないと言わないわけですし、それを異性に言うわけなんで、気を許している相手なのです。

 

皆で会ってる時よりかは二人で会ってる時に、それらの愚痴や悩みを言ってくる場合は特に脈ありだと判断して良いのではないでしょうか。

 

それ以前に既に2人っきりで何度も会ってる関係ってことです。

 

普通に考えても男女が2人で会っていて好きな人が自分に愚痴や悩み相談をしてくるって友達以上の関係になっていると言えるのではないでしょうか。

 

ですから、この時点で脈があるだけでなく、好きな相手も自分にある程度の好意がある可能性は高いです。

 

 

★異性の友達関連のその他の必見記事はこちら↓

 

⇒●付き合いの長い異性の友達に突然恋愛感情って芽生える?

 

 

まとめ

4つのケースを紹介しましたけども、どれも共通していることは、既に友達関係になっていてある程度お互いの事を知ってるというところが同じ部分であります。

 

ですので面識がちょっとある程度だったり、殆ど会話した事が無いような場合だと脈あり判断はしないほうがベストです。

 

このようなケースで脈ありと判断してしまっても勘違いの場合が殆どですので。

 

女性は特に得体の知れない人に好意は持ちませんので。