トップへ戻る

2回目のデートで女性から告白されたらどうする?

2回目のデートで女性から告白された時について

2回目のデートで女性から告白された経験のある男性は多いかと思います。

 

出会い方や段階は色々でしょうけども、例えば割りと昔から友達だったけども2人きりでデートしたのが2回目の時に女性から告白されたり、出会い系やSNSで知り合って2回目のデートで告白されたりなどなどまだまだ色々あるでしょうけどもね。

 

で、2回目のデートで女性から告白された場合に、まだこっちは好きとかそういう気持ちがあまり芽生えてない段階だったりすると結構告白をOKするか断るか迷う事って多いのではないでしょうか。

 

判断が非常に難しい場合がありますからね。

 

まあ単なる友達として会ってて、相手を異性として全く見れない場合は、断る事になるでしょうけども、そういう感じまでいってない場合だと、やっぱりどう選択したら良いのか悩みどころなわけです。

 

要するにビビビとくるものはないけど、全く異性として見れないわけでもないという感じの女性から告白された場合はどうすれば良いのか非常に迷うし、簡単に結論を出してしまうと後悔することにもなるんで難しいのではないでしょうか。

 

今回はそのように感じてる女性に、2回目のデートで女性から告白された時の対処法を紹介します。

 

 

2回目のデートで女性から告白されたら保留する

2回目のデートで女性から告白された時の対処法の1つ目は、告白されたけども、もうちょっと相手の女性の事を性格を含めて知りたいのでデートをもっと重ねてから結論を出してもいい?みたいな感じで言って告白の返事を一度保留してみてはいかがでしょうか。

 

これなら完全に告白を断ってるわけでもないですし、期限を設けてるわけでもないので慎重にゆっくり考える事ができるのではないでしょうか。

 

やっぱり2回目のデートですと、相手の事をもっともっと深く知るには全然足りない回数ですし、デートを重ねていて真の意味で相手の女性と心と心が交じり合えるくらいになってから告白をOKすれば良いかなって思います。

 

それまではよく話し合い、相手の行動みることで本当の人柄が分ってくるのではないでしょうか。

 

ですので、あまりすぐに結論を急ぐ必要はないのです。

 

それまでは相手の女性に待たす事になってしまいますけども、それでも中途半端な気持ちで告白をOKしてやっぱり合わないから別れたいみたいなことをすぐに言ってしまったらもっと相手を傷つける事になるのではないでしょうか。

 

ですから、しっかりとそれなりに時間をかけて考えたほうが後になって後悔する事はないと言えるわけです。

 

 

顔も性格もストライクゾーンなら告白をOKする

ルックスや性格がタイプなら告白をOKする

 

2回目のデートで女性から告白された時の対処法の2つ目は、2回デートしてみて相手の女性のルックスがストライクゾーンかつ性格的にも結構合うと判断した場合だったら、告白をOKするってのも手です。

 

1つ目とは真逆になってしまってるかもしれませんが、この場合はどっちかと言えばとりあえず付き合ってみて相手の事をもっともっと知っていくって感じなわけです。

 

それにいくら友達期間をそれなりに経ていたとしても、付き合ってからだとまた全然相手の対応が違ってくる事も多いのです。

 

要するに友達期間が長くても付き合ってからだと、全然違った面を相手がこちらに見せてくることもあるわけです。

 

ですから、ルックスも性格もストライクゾーンであれば、まずは付き合ってみるのも選択の1つに入れても良いのではないでしょうか。

 

大抵の男性だとルックスも性格もストライクゾーンの女性から2回目のデートで告白されたら、それほど悩む事なく告白をOKしそうではありますけどね。

 

 

次のデートまでに告白をOKするかどうか考える

2回目のデートで女性から告白された時の対処法の3つ目は、相手の女性に告白の返事をあまり長い期間待たせたくない人は、次のデートで結論を出すのも良いのではないでしょうか。

 

なので、女性には「次に会う時まで考えさせてもらえる?」って言うべきです。

 

ただし、次に会うのが明日とか明後日とかでは短すぎるんで、1週間くらいは次のデートまで間を置いて考えるのです。

 

とにかく真剣にその一週間は深く考えるようにすれば、自ずと迷いのない選択ができるはずです。

 

告白をOKするかどうか真剣に一週間考える

 

考える時のポイントとしては、この女性は本当に自分にとって必要な人か?とか長く付き合っていけそうか?とか付き合って落ち着ける相手なのか?などのその3つあたりを考えるポイントにすれば良いかと思います。

 

特に付き合って一緒にいて落ち着けそうかどうかって所を重視すべきです。

 

やっぱり一緒にいて落ち着けるような女性でないと長く付き合って行く事は難しいからです。

 

 

友達からゆっくり育んでいく

2回目のデートで女性から告白された時の対処法の4つ目は、1つ目の保留する事に近いかもしれませんが、このケースは以前からのリアルの友達関係ではなくてSNSなどで知り合った女性の場合になるかと思いますが、2回目のデートで告白されたら「まずは友達からスタートしてみない?」って言えばいいのではないでしょうか。

 

そこで更に追加の言葉として、「付き合うのはもっとお互いの事を知ってからのほうがいいと思うし、どうかな?」って言えば女性は少なくとも前向きに考えてくれてるのかなって感じるでしょうしガッカリはしないはずです。

 

2回デートしてみてまだお付き合いするにはそれほどピンとこない場合は、上記のような友達からスタートするのが一番なのです。

 

そして友達からゆっくり育んでいけばいいのです。

 

もちろん友達から始めると言っても1年などの割と長い期間かける必要はないです。

 

友達から初めて3ヶ月経過したとして、その間に10回以上2人きりでデートしていけばなんらかの結論は出るのではないでしょうか。

 

それにそれ以上待たせるのも女性に申しわけないので、3ヶ月間で10回以上デートしても女性への気持ちが盛り上がらなければ「友達以上にはどうしても思えない」と言うようにしましょう。

 

 

ちゃんとしっかり結論を言ってあげないと相手の女性もなかなか次にいけませんのでぜひそうしてください。

 

 

で、付き合いをOKする場合はどこで判断すればいいかと申しますと、一緒にいて落ち着けてまあまあ楽しくて気も合うし見た目的にもストライクゾーンであれば、今度はこちらから告白をしてその女性と正式にお付き合いすればいいのではないでしょうか。

 

ですので凄く好きってレベルまで到達してなくても、上記くらいに思えていればお付き合いしても問題ないと思います。

 

 

まとめ

4つそれぞれ、対処の仕方としては違うものですけども、自分だったらと当てはめて一番近そうな対処法を試してみてください。

 

ちなみに私の場合だと、1つ目と2つ目の対処法は何度か使った事があります。

 


【シェアする】