トップへ戻る

一度も告白したことがない男の割合や特徴4つ

一度も告白したことがない男の割合について

一度も告白したことがない男の割合ってどれくらいはハッキリとしたデータはないかもしれませんが、先日ニュースで20代の童貞率が34%である事がアンケートを取って判明したそうです。

 

この数字は思ったよりも多いと感じた方が多いのではないでしょうか。

 

ここからは私の想像になりますけども、30代の童貞率も30%くらいはあるのかなって思ってます。

 

で、この20代や30代の童貞男で一度も告白したことがない男の割合ってどれくらいのパーセンテージなのかを推測してみましたが、私が過去に20代や30代の童貞の10人以上にそのあたりを聞いた事があるんですが、その20代や30代の童貞の9割くらいは一度も告白したことがない男である事がわかりました。

 

ですので結果として20代や30代で一度も告白したことがない男の割合って大体30%くらいかなって結論に至りました。

 

20代や30代の童貞男はそれだけ告白をする勇気や自信も今まで持てなかったわけですね。

 

では、ここからは20代や30代でそういう一度も告白したことがない男の特徴を4つほどあげて説明します。

 

 

恋愛にあまり興味がない

一度も告白したことがない男の特徴の1つ目は、女性に全く興味がないわけではないけども、女性と付き合う事がとても面倒だと感じてしまってるので結果的に20代や30代になっても一度も告白したことがない男になってしまってる方も多いです。

 

どうしてこうなってしまったかと言いますと、今の時代は昔に比べて恋愛以外に楽しめる事が溢れていて、どうしてもその恋愛以外に楽しめる事のほうが面白いと思ってる事もあってか女性と付き合いたいって感情が沸いてこなくなった男が増えたからではないでしょうか。

 

十分楽しめる趣味をいくつも持ってるし、それで十分人生を謳歌できてるわけなんで女性と付き合った経験がなかったとしても、もし告白して付き合うとなると頻繁に会わなくちゃいけなくなるので、とても面倒な状態になってしまうんだという事が想像できてしまってるわけです。

 

ですので結果的に20代や30代になっても一度も告白したことがない男になってしまってるのです。

 

では、このような恋愛にあまり興味が沸かない男が女性と付き合いたいと思うにはどうしたら良いかを説明します。

 

ちょっとでも気になったらアプローチしてみる

好きな女にアプローチする男

 

いくら恋愛にあまり興味がないと言っても前述した通りで女性に全く興味がないわけではありませんので、実際にストライクゾーンの女性が目の前に現われて会話などをしていけば多少なりとも付き合ってみたいと思う事は有り得るわけです。

 

それは何故かと言いますと、一度も告白したことがない男の中で今は恋愛に興味がなくて女性と付き合いたいと全く思ってなくてももっと若い頃からそうだったわけではありません。

 

10代とかはやっぱり多少なりとも彼女が欲しいと思った方が大半なのです。

 

やっぱり10代の頃のほうが周りに異性が多かったでしょうし、何かと関わる機会が多かったのではないでしょうか。

 

でも20代や30代ともなると学生時代に比べたらなかなか恋愛対象となる異性と知り合う機会が減ってくるから尚更女性への興味を薄くさせてるわけです。

 

ですので、もし自分好みな女性が自分の目の前に1~3人でも現れたら女性と付き合うのは面倒だし彼女いらないって考えが吹っ飛ぶ可能性は結構高いのです。

 

そうなった場合は迷わずアプローチし最終的には告白すべきです。

 

まあ急にそのような女性が目の前に現れないかもしれませんが、人生っていつどうなるかわかりませんよ。

 

友達や知り会いが突然自分好みな女性を紹介してくれる可能性だって無くはないでしょうし。

 

 

告白前の段階で諦めてしまう

一度も告白したことがない男の特徴の2つ目は、好きな人が現われても告白する前の段階で色々理由をつけては諦めてしまう方が一度も告白したことがない男には多いのです。

 

要するに、告白しても失敗するだろうしするだけ無駄だと考えてしまうわけです。

 

では、このような告白前の段階で諦めてしまう男はどうしたら良いかを説明します。

 

告白した経験をしておく

 

人生って経験が大事ってよく言われてますけども、まさしくそれは告白にも当てはまります。

 

やっぱりいくら調べて色んな知識をかき集めても実際にやってみないと感覚的に掴めない事って多いわけです。

 

:告白もまさしくそうで、告白を何度も経験する事で告白して失敗しやすいタイミングや成功しやすいタイミングなどを段々と掴めてくるのです。

 

ですので好みの異性が目の前に現れたらどこかのタイミングで告白してみることをオススメします。

 

その時に仮に告白に失敗したって大丈夫です。

 

再告白のタイミングさえ謝らなければ2回目の告白で成功する事だって多いのでとにもかくにもまずは告白という経験を積んでいきましょう。

 

ちなみに私が女性に初めて告白したのは高1の時で通学電車の中でコクりました。

 

まあ撃沈しましたけどね(笑)

 

タイミング的にも悪かったですし、まだその子とそんなに喋った事もありませんでしたので。

 

でもその告白失敗経験って自分の中では大きな財産になってます。

 

実際そのような失敗を経験する事でこのタイミングで告白してもダメなんだなってのを学べたわけですし。

 

 

慎重になりすぎている

一度も告白したことがない男の特徴の3つ目は、とにかく慎重になりすぎている男です。

 

もっと具体的に言えば、このタイミングはちょっと早いかな?とかもっともっと仲良くなって勝機が見えてから告白しようとかって考えてしまって結局一度も告白したことがない男のままになってしまってる方もいるのです。

 

まあ慎重になるのは悪くないけども、このタイプも一度も告白した事がないからこそどのタイミングで告白すれば上手くいくかなどをずっと掴めずにいるのではないでしょうか。

 

やっぱり告白が成功するベストなタイミングってのは、実際に告白の経験を重ねていかないとなかなか掴めないものですので、とにもかくにも告白という経験をどんどん積んで行く事が大事になってきます。

 

 

告白前の段階で距離を置かれる

告白する前に距離を置かれる男

 

一度も告白したことがない男の特徴の4つ目は、好きな女性ができてこれからどこかのタイミングで告白しようと考えていたけども、その好きな女性に告白する前の段階で距離を置かれてしまうというパターンも結構あります。

 

この場合だと、2人きりでデートする段階までは持ち込めてるけどもそこからの詰めが甘いわけです。

 

要するに1回目や2回目のデートでしくじってるのではないでしょうか。

 

そうならないためにはまずはデートで女性を楽しませて良い気分にさせ、こちらに気持ちをなびかせていく必要があります。

 

そのあたりは女友達を自分に依存させる方法を良かったら参考になさってみてください。

 

 

まとめ

:恋愛以外に楽しめる趣味がいくつもあるので、なかなか彼女が欲しいという気持ちが沸かなくて一度も告白したことがない男になってしまった。

 

:告白する前の段階で告白しても失敗するだろうという理由を見つけて結局告白せずにきてしまった。

 

:完全に勝機が見えてから告白したいと慎重になりすぎてしまい、結局勝機がえないまま告白する機会を失い今日まできてしまった。

 

:2人きりでデートに持ち込める所まで行けるがそこからの詰めが甘いので、告白する前に距離を置かれてしまう。


【シェアする】