トップへ戻る

彼氏や彼女についた大きな嘘か小さな嘘って何かを聞いてみた

彼氏や彼女についた大きな嘘や小さな嘘について

彼氏や彼女についた大きな嘘や小さな嘘についてですが、ほとんどの方は大なり小なり彼氏や彼女に嘘をついたことがあるのではないでしょうか。

 

 

私ももちろんあります。

 

 

私の場合だと一番印象深い嘘は、今まで彼女ができたことがなかったのに、初めて付き合った彼女に過去に彼女がいたと嘘をついちゃいました。

 

 

初めて彼女ができたのが21歳だったので、それが恥ずかしかったからです(笑)

 

 

今考えると正直に言えば良かったなあって思いますね。

 

 

 

それでは今回は、彼氏や彼女についた大きな嘘か小さな嘘って何かをいろんな人に聞いてみました。

 

 

結婚前の実家生活での嘘

 

millさん↓

 

「たいしたことない嘘」

 

結婚前は両親と同居していました。

 

その時はほぼパラサイト状態で、生活費はほとんど家に入れず、家事も親にやってもらって、私は自由に時間やお金を使っていました。

 

が、彼氏には毎月親に生活費を渡し、料理もたまにやっているかのように話していました。

 

いい年して親に依存している奴と思われたくなかったもので…。

 

料理してないってことは、いつのまにかばれていました。

 

 

オタクであることを隠していた

 

psyさん(男性)↓

 

大学の時にサークルで知り合った彼女で、いわゆる飲み会やイベントなどの活動が中心のテニスサークルだったんですが、一方で自分はマンガ・ゲームオタクなところがあり、そちらのほうは交流も少なく家で一人でひっそりとしていました。

 

彼女と付き合うようになってからも自分の家に呼ぶことはなく、平均的な男子としてゲームやマンガが好きなことは知られていたと思いますが、グッズを集めたりするようなオタクとまでは思われていませんでした。

 

 

riryさん(30代前半の女性)↓

 

アニメヲタクであることを彼氏に隠していた

 

「どうしても行きたくて…」

 

彼氏と前から約束してた、某テーマパークデート。

 

しかし、まさかのその日に好きなアニメのイベントがバッティングしてしまい…彼にはヲタクであることを隠していた私は彼に前日、「インフルエンザになった」と嘘をつき、アニメイベントへ行きました…

 

 

体重を大幅にサバを読んで少なく言っていた

 

体重を10キロ偽って報告した

 

ジャスミンさん(20代前半の女性)↓

 

高校生の時に付き合っていた彼氏が何かと自分の体重を気にしてくるのでその都度大幅にサバを読んでマイナス10kgくらいの数字で言っていました。

 

今は骸骨同然のガリガリだけれど、当時は誰がどう見てもデブだったので。

 

 

付き合った男性の人数を少なく言った

 

ieoさん(20代前半の女性)↓

 

「彼氏についた小さな嘘」

 

誰にでも一度は彼氏や彼女についた大きな嘘や小さな嘘の過去があるのではないでしょうか。

 

私の場合は、彼氏に彼と出会うまでに付き合った男性の人数について嘘をついたことがあります。

 

実際は中学時代から合わせて5人いるのですが、消極的に1人だと言ってしまいました。

 

 

天音(30代後半の女性)↓

 

彼氏と付き合って間もない時、付き合った人数は?みたいな会話って日常ですよね。

 

彼氏に付き合った人数は何人なの?って聞かれて思わず、あなたが初めてだよ!って嘘をついてしまいました。

 

実は5人目でした。

 

何で嘘ついたか自分でも、わかんないですが未だに私は彼がはじめてです。

 

ごめんなさい。

 

 

ご飯を食べていないのに「食べたよ」

 

makomakoさん(40代前半の男性)↓

 

私は、彼女に対しては基本的に嘘はつかないようにしていました。

 

とはいっても全く嘘をつかないということはできないので、小さな嘘はついていました。

 

ついた嘘は、今後の関係を壊さないような嘘で、例えばご飯を食べていないのに「食べたよ」とか、自分にしかわからない答えのものです。

 

それ以外の、例えば他者が関わってくるようなものなどは嘘はつきませんでした。

 

というのも、自分で完結しないものに対して嘘をついてもどこかで必ずバレるからです。

 

 

彼女との買い物で

 

mtさん(男性)↓

 

彼女の買い物に付き合った時のことです。

 

女性用のショップに私も連れていかれ、とても居心地が悪かったのです。

 

そんな私に彼女から二枚のデニムを見せられてどちらが似合うか問われました。

 

このやり取りがとても恥ずかしくて早く店から出たい思いで、適当に片方のデニムを指差してしまいました。

 

その後彼女がデニムを穿いた際に「似合ってる?」と聞かれ「似合ってるよ」と小さな嘘をつきました。

 

 

好みのタイプ

 

kinokoさん(40代後半の女性)↓

 

友だちの紹介で会うことになった人でした。

 

こちらの好みは充分に伝えていたのに当日はちょっと雰囲気の違うタイプが目の前に。

 

話しは合ったのでとりあえずお付き合いを始めることに。

 

後日「自分が好みのタイプだったんでしょ?」と言われ「そうだね」ととりあえず小さな嘘をつきました。

 

 

自分で作ってない料理を自分で作ったと嘘をついた

 

msglさん(20代後半の女性)↓

 

私は料理がどちらかというと苦手な方で、人に食べさせることに抵抗がありました。

 

元カレと付き合っていた時、自分で作ったと嘘をついて、スーパーで購入したお惣菜や、母親が作ってくれた料理を元カレに出していました。

 

変に見栄をはっていましたが、おそらく気づかれていたと思います。

 

 

元カノを親戚の子と嘘をついた

 

ryomaさん(30代後半の男性)↓

 

彼女と2人でデートをしている際に、偶然元彼女と会ってしまって、その時に少し話をしてしまいました。

 

それで彼女に誰?と聞かれた時に親戚の子と嘘をついてしまいましたが、親しそうに話をしていたのが幸いしてばれなかったです。

 

 

以前の婚姻期間を偽った

 

violeさん(女性)↓

 

実はバツイチであることは明かして付き合っていましたが、結婚していた期間は嘘をつきました。

 

6年くらいの婚姻状態だったのですが、長かったんだぁとショックを与えないよう2~3年だったかなーと濁していました。

 

その彼とは1年くらいで終わってしまいましたが、今思うと一生突き通せる嘘でもないなと思います。

 

 

片親なのに両親がいると偽った

 

snowさん(女性)↓

 

実は母子家庭だったのを「普通の両親のいる家庭」と偽っていた。

 

本当は言わないといけなかったと思うけど、絶対片親と言ったら嫌がられる自信があったので最後まで嘘を突き通しました。

 

結局「親に会わせて」の一言でバレたんですが、私としてはある程度人並みなことをしてみたかったので、つい「両親いるよ」と嘘をついてしまったのです。

 

 

まとめ

 

彼氏や彼女についた大きな嘘か小さな嘘って何かをいろんな人に聞いてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

皆さんいろんな嘘をつかれていますが、ほとんどは相手を傷つけないついても良い範囲の嘘だったという印象を受けました。


【シェアする】