トップへ戻る

遠距離恋愛を長く続ける方法でLINEや会う頻度など

遠距離恋愛について

遠距離恋愛にも様々な形があるとは思いますが、
例えば最初のスタートの段階から遠距離恋愛だったり、
または、途中からどっちかが転勤か何かになってしまって、
遠距離恋愛を余儀なくされてしまったカップルもいるのではないでしょうか。

 

遠距離恋愛ってイメージとしては、
寂しいとか辛いとか会いたい時に会えないとかいう、
ややネガティブな印象を持たれてる人達が多いとは思います。

 

 

ある人が仰ってましたが、愛って近くにないとダメなんだ!ってね。

 

なのでその方は遠距離恋愛なんて上手くいきっこないって断言しておりました。

 

でも全てに当てはめるのはあまりにもあれだと思いますし、
上手に付き合えば十分遠距離恋愛は継続が可能だと思うんですよね。

 

 

もちろん人によっては遠距離恋愛など無理だよって方もおられますけども、
世間では遠距離恋愛を何年も上手に継続されてる方もおられますので
決して不可能なわけではないんです。

 

 

それでは今回は、 遠距離恋愛のコツで上手に続ける方法や心構えなどを紹介します。

スポンサードリンク

 

 

メールやLINEで高頻度でやりとりする

遠距離恋愛のコツで上手に続ける方法や心構えの1つ目。

 

恋人が遠距離に住んでる場合ですと、
その関係を繋ぎとめておく重要なアイテムとして、
メールやLINEって代表的なものではないでしょうか。

 

遠距離恋愛中はメールを高頻度でしていく

 

遠距離恋愛が終わってしまうパターンとして、
遠距離恋愛初期の段階では高頻度でメールやLINEのやりとりをしてたけども、

 

それがゆっくりと、
低頻度になってきてやがてお互いに連絡しなくなってしまって
自然消滅って事も多いのではないでしょうか。

 

 

なので遠距離恋愛カップルであれば、
できればお互いにマメにメールやLINEでやりとりする必要性がでてくるわけです。

 

 

:高頻度でやりとりと言っても別に張り付くレベルでなくて、
1日に1通か2通や、2日に1回くらいのペースでもやりとりすれば良いのです。

 

 

でも、これが週に1回とかですと少なすぎる頻度ではないでしょうか。

 

なので週1とかにならないように少なくとも3日に1回は、
相手にメールやLINEを送るようにしましょう。

 

それが遠距離恋愛を続ける秘訣であり有効な方法の1つなわけなんです。

 

 

恋人に執着しすぎない

遠距離恋愛のコツで上手に続ける方法や心構えの2つ目。

 

メールやLINEでなるべく高頻度でやりとりしたほうが良いと説明しましたけども、
それでもあまりにも恋人に執着しすぎるのは、良い状態とは言えません。

 

遠距離恋愛をしているけれど恋人に執着して、好き過ぎて、
凄く会いたい気持ちが強すぎると途中でどうしても息切れを起こしてしまって、
結局近場に相手を求めてしまうってことに成りかねないからです。

 

そうならないためにも、あんまり恋人の事は考えすぎないくらいが丁度良いのです。

 

では、恋人に執着し過ぎないようにするにはどうしたら良いのかを説明します。

 

 

①1人でできる趣味に没頭する。

 

趣味に没頭して恋人のことはあまり考えない

 

1人でできるような趣味をできれば複数持つようにしましょう。

 

・複数の趣味があってそれらに没頭してる時は、遠距離恋愛中の
恋人の事はあまり考えてない状態になってるわけです。

 

 

そうなると結果的に気持ちは上手い具合に分散できてるわけなんで、
恋人に執着し過ぎてない理想的な状態になってるのです。

 

そのように気持ちを上手く分散させられていれば、
遠距離恋愛を純粋に楽しむことができることに繋がるわけです。

 

 

②友達を増やしていく。

 

遠距離恋愛中は友達を増やす

 

近場に恋人がいると恋人ができる前は友達と遊ぶ事が多かったけども、
恋人ができた途端に友達と合う頻度は凄く少なくなるカップルが多いのではないでしょうか。

 

でも遠距離恋愛の場合は、
基本的に恋人とはたま~にしか会えないわけなんで
友達と遊ぶ時間などは沢山作れるわけです。

 

なので遠距離恋愛をしているなら、
友達を増やす良い機会だと思えば良いのです。

 

 

:友達が増えれば、オフやアフター5は充実するでしょうし遠距離恋愛の寂しさも
かなり半減するし恋人に執着し過ぎる事も無くなり良い流れになってるわけです。

 

 

①~②を簡単にまとめると、とにかく恋人と会ってる時以外の楽しみをもちなさいってことです。

 

・自分の気持ちのエネルギーが例えば10あるとすれば、
5:5くらいの割合か、友達付き合いや趣味に没頭している時のほうが6:4くらいで
上に行くくらいが丁度良いかと私は思います。

 

 

それくらいの割合いになれば、恋人に執着し過ぎているという状態では無くなってるわけです。

 

⇒★友達を無数に増やす方法や心構え

 

 

なるべく月に1回は会う

遠距離恋愛のコツで上手に続ける方法や心構えの3つ目。

 

遠距離恋愛と言ってもどれくらいの遠距離かはカップルによって様々です。

 

でも基本的な遠距離恋愛の定義としては、
車でもすぐに行けないような距離に住んでる者同士の恋愛を言うのではないでしょうか。

 

なのでなかなか日帰りではデートしにくいわけです。

 

日帰りの場合だとちょっとしかデートできない事が多かったり、
それなりに時間が取れたとしても、かなり早起きして会いにいかないと難しくなってくるわけです。

 

 

で、肝心の会う頻度ですけども、
月に1回は会うようにしないとなかなか遠距離恋愛を続けるのは
難しくなってくるのではないでしょうか。

 

 

遠距離恋愛中は月に1回は会わないといけない

 

2ヶ月や3ヶ月に1回しか会わないようなカップルだともはや恋愛の醍醐味を味わえないわけですし、
寂しさも埋まらないわけです。

 

2つ目で説明した趣味や友達付き合いを充実させれば大丈夫なのでは?
って思う方もいるかもしれませんが、
2ヶ月か3ヶ月に1回しか会ってないと、
バランス的には、友達付き合いや趣味が9で恋人は1という偏ったバランスになってしまうので、
あまり良い状態とは言えないからです。

 

そして結果的に遠距離恋愛は自然と終わりを迎えてしまうわけです。

 

そこまで会えてないと、もう恋人と付き合っているという実感すら薄らいでしまうし、
恋人の事をあまり考えなくなってしまうのではないでしょうか。

 

:遠距離恋愛をしてて、あまり恋人の事を考えなくなってしまったら、
恋人とはほぼ終わってしまってるわけです。

 

 

でも月に1回でも会えていれば、そこまで偏ったバランスや精神状態にはなりませんので、
なんとか遠距離恋愛を継続させることは可能なわけなんです。

 

丁度良いバランス6

 

★あわせて読みたい遠距離恋愛関連のオススメ記事↓

 

⇒転勤が決まったら彼女とどうする?転勤を機に別れたほうがいい?

 

 

まとめ

遠距離恋愛のコツで上手に続ける方法や心構えを3つ紹介しましたけども、

 

とにかく関係をしっかりと繋ぎとめる努力をしつつ、
あまりにも恋人の事ばかり考えすぎないというバランスが、
遠距離恋愛を長く続けるには大事な事なのではないでしょうか。