もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴

※広告・PRあり

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルについて

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルについて、第三者的な立場から見て、いかにも別れそうに見えるカップルっていたりしますが、それでもなかなか別れないカップルって存在します。

 

そのようなカップルって不思議とさえ感じますよね。

 

それでは今回は、もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴を紹介します。

 

2番手の相手としてお互いに都合の良い存在

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴の1つ目は、2番手の相手としてお互いに都合の良い存在だからの場合です。

 

要するに、お互いに別に本命の彼氏や彼女がいて、お互いのことを2番手の彼氏や彼女的存在になっているわけです。

 

なので、人から見たらあんまり頻繁に会ったりもしませんし、そんなにラブラブ感もないので、一見すると別れそうに見えるけども、お互いに相手のことは楽なポジションに置いていて、気が向いたらなんとなく会うって感じなので別れないんですよね。

 

そういう感じなので、一番本命の彼氏や彼女のほうがむしろ早く別れる事が多いのです。

 

別れ話をする勇気がなく、なんとなく連絡も取り合っている

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴の2つ目は、別れ話をする勇気がなく、なんとなく連絡も取り合っているカップルです。

 

お互いに別れ話をする勇気や、そこまでは考えてなかったりするので冷めていても、たまに会うくらいなあOKだよなって感覚なので、別れそうに見えてなかなか別れないわけです。

 

連絡もそこそこ暇で気が向き向いた時に取り合っているので、友達の延長っぽい関係であり腐れ縁に近いものがあります。

 

たまに気持ちが冷めるが、時間を置くとまた会いたくなる

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴の3つ目は、たまに気持ちが冷めるが、時間を置くとまた会いたくなる感じのカップルです。

 

ラブラブ期間はとっくに終わり、気持ち的には冷めてることが多いけども、それでもちょっと会ってない期間がを作るとまたなんだか会いたくなるわけです。

 

なので、結果的に別れそうでなかなか別れない感じになっています。

 

倦怠期のカップルであっても、こんな感じでたまにしばらく会わない期間を作るのことって有効かと思います。

 

倦怠期であっても、やっぱり久々に会えば新鮮さが多少はありますので。

 

まとめ

もうすぐ別れそうでなかなか別れないカップルの特徴を紹介しましたが、パターンとしてが、2つ目が一番多いかと思います。

 

1つ目は一見すると特殊ですが、2番手の相手って一番都合が良いですし、そういう相手がいても良いのかなとは思いますね。