お互い電話を一切しないカップルの理由

※広告・PRあり

お互い電話を一切しないカップルについて

お互い電話を一切しないカップルについてですが、非常に珍しいですよね。

 

以前はしてたけども、今は一切しなくなったというパターンもあるでしょう。

 

実際、私の周りにもそのようなカップルッて何組かいましたよ。

 

それでは今回は、お互い電話を一切しないカップルの理由を説明します。

 

お互いやることが多くてその妨げになるから

お互い電話を一切しないカップルの理由の1つ目は、お互いやることが多くてその妨げになる場合です。

 

普段からかなり忙しく、家に帰ってからもやることが多いので、恋人と会ってない時に電話などしてる余裕がないんですね。

 

なので、お互い電話はしないようにしています。

 

電話が苦手同志のカップルとも言えるでしょうね。

 

LINEやメールでの連絡で事足りる

お互い電話を一切しないカップルの理由の2つ目は、LINEやメールでの連絡で事足りる場合です。

 

電話なんかしなくとも、用事があればLINEや電話で全然済むと感じてるので電話はしないのです。

 

電話だとついつい無駄に長く話してしまいがちですが、LINEとかメールはそんなことにはなりませんので良いのです。

 

しかも、自分の余裕のある時に返信が出来る点も気に入っています。

 

このタイプのカップルは、相手からの返信が遅くてもあんまり気にしません。

 

自分も余裕があるときにしか返信をしないし、遅くなることも多いので、相手もそうであってもそれを理解してあげているからです。

 

電話は疲れるし時間の無駄

お互い電話を一切しないカップルの理由の3つ目は、電話は疲れるし時間の無駄に感じてる場合です。

 

昔は、それなりに電話はしていたこともあったけども、ある日をきっかけに電話は無駄だし、ダラダラと話してても疲れるので嫌になったって場合が多いと思います。

 

一度そう感じてしまうと電話に対する苦手意識が段々と強くなっているので、電話はかけないし、電話がきても出たくなくなってきます。

 

よりその苦手意識が強いと、電話に対してトラウマ的な感情に近いものになっていく場合もあります。

 

このタイプは恋人だけでなく、友達や家族とも電話で話すのは苦手なんですよね。

 

とにかく電話自体が嫌で仕方ないわけなので。

 

まとめ

お互い電話を一切しないカップルの理由を説明しましたが、電話などしなくても十分お付き合いは可能性ですし、お互い電話を一切しないカップルがいても全然問題ないですよね。