気まぐれな人のLINEの特徴

※広告・PRあり

気まぐれな人のLINEについて

気まぐれな人のLINEについてですが、ラインをしててなんかこの人って気まぐれだなあって感じる人っていませんか?

 

けっこうそういう気まぐれだと感じるLINEをなさる方って多いはずです。

 

私がラインをしていた人の中にも気まぐれだなあって人が結構いました。

 

それでは今回は、気まぐれな人のLINEの特徴を紹介します。

 

長文の時もあればスタンプだけの時もある

気まぐれな人のLINEの特徴の1つ目は、長文の時もあればスタンプだけの時もあります。

 

なので、すごく長ったらしい文量の時もあれば、スタンプが1つだけの時もあったり、一言だけの短文などなど、その時の気分によってラインの感じが違うわけですね。

 

普通の人だと、そこまで変化は少ないわけですが、気まぐれな人はそれだけラインに自分の気分が出てしまうわけです。

 

長文の時は悩みが深い時が多いのかなって感じます。

 

逆に割と調子良い時のほうがあっさりしたスタンプ1つとかが多い印象です。

 

毎日LINEがくることもあれば1ヶ月以上返信がないこともある

気まぐれな人のLINEの特徴の2つ目は、毎日LINEがくることもあれば1ヶ月以上返信がないこともあります。

 

気まぐれで気分屋ですので、それに比例してラインの返信頻度もかなりバラバラなのです。

 

一番返信が来ない場合だと、2ヶ月以上こないってこともあるかと思います。

 

このあたりは人によって違ってくるかもしれませんが。

 

毎日ラインが来るときって、何か喋りたいことがたくさんあるような時かなって思いますね。

 

LINEしてくる時間がバラバラで一定していない

気まぐれな人のLINEの特徴の3つ目は、LINEしてくる時間がバラバラで一定していないことが多いです。

 

まあ、これに関しては気まぐれな人以外でも多いかと思いますが、それでも気まぐれな人の場合はもっと極端かと思います。

 

例えば、早朝にしてくるときもあれば、昼時だったり、夜中の2時とか3時だったりなどなど、とにかくラインしてくる時間が極端にバラツキがあるわけです。

 

まあ、あまり相手からしたら害はそんなにないかもしれませんがね。

 

寝てるときは通知音は消してるでしょうし。

 

まとめ

気まぐれな人のLINEの特徴を紹介しましたが、3つともかなり極端なLINEの傾向ではありますが、気まぐれな人だと結構多いはずです。