トップへ戻る

知り合いが多い人の特徴や少ない人との違い

知り合いが多い人と少ない人の違いについて

※2018年12月18日:情報更新しました。

 

知り合いが多い人と少ない人で結構分かれますけども、大体はその中間くらいの人が一番多いのではないでしょうか。

 

要するに知り合いが多くはないけども、すごく少ないわけでもないのがその中間層なわけです。

 

で、皆さん自身が知り合いが多い人だったり、皆さんの周りにそういう知り合いが多い人も結構いるのではないでしょうか。

 

そういう人の性格とか内面とか行動をじっくりみて考察してみると何故知り合いが多いかってのは自ずとわかってきました。

 

やはり知り合いが少ない人にはないものを沢山持ち合わせているわけです。

 

それだけ知り会いが多い人と少ない人では大きな違いがあるのです。

 

今回知り合いが多い人と少ない人の違いを語る上で、知り合いが多い人は知り合った多くの人との付き合いがしっかり継続的にあるという前提で話しを進めていき、知り合いが少ない人は、新しい知り合いができてもなかなか付き合いが続かない人という前提で話を進めていきます。

 

それでは今回は、知り合いが多い人と少ない人の違いを4つほどあげて説明します。

 

知り合いが多い人は自分から誘うし相手からの誘いにも乗る特徴がある

知り合いが多い人と少ない人の違いの1つ目は、知り合いが沢山いる人は自分から友達や知り合いを積極的に誘うことが多いし、逆に相手からの誘いにも乗ることが多いという特徴があります。

 

こんな感じで自分から誘うし誘いにも乗るような方ってかなり積極的な人と言えますし、フットワークが軽い人なのです。

 

自分が誘い相手の誘いに乗ることが知り合いを増やすコツ

 

このタイプの人はたとえ急な誘いでも会ってくれる人なわけです。

 

もちろん予定が空いてなければ無理ですけども、何も予定がなければ当日のいきなりの誘いでも全然のってくれるわけです。

 

このような行動が出来ていると出会いが更に広がっていき必然的に新しい知り合いがどんどん増えていきます。

 

このあたりが知り合いを増やすコツ、知り合いを増やす秘訣、知り合いを増やす方法と言えるわけです。

 

このような人は必然的に人脈を増やす事が可能になりますし、良い人脈を築ける人に自然となってるわけなんですね。

 

知り合いが多いと良い人脈を築ける

 

付き合いが悪い人は知り合いは増やせない

 

逆に知り合いが少ない人は、自分から誘わない人だし誘われても断る人なわけなんです。

 

たとえ予定が空いていたとしてもいきなりの当日の誘いには乗って来ないことが多いですし、気が向かないだけで誘いを断るわけです。

 

とにかく付き合いが悪い人なのではないでしょうか。

 

これだとどうしてもいつまでも知り合いが増えない人なままなわけなんです。

 

ですので知り合いが少ない人がどうしても知り合いを増やすにはまずは基本的には人からの誘いを断らないようにすれば良いかと思います。

 

予定がどうしてもある場合は断っても良いでしょうけども、暇なのに急な誘いには乗れないとか気が向かないってだけで断っては知り合いは増えていきませんので多少無理してでも誘い乗るようにしましょう。

 

こういう癖を付けていけばそれが当たり前になっていくし、やがて自分からも誘える人にもなれてくるはずです。

 

 

マメに連絡をしている

知り合いが多い人と少ない人の違いの2つ目は、知り合いが多い人はとにかくマメに連絡をくれる人が多いのではないでしょうか。

 

メールの返事が早い人でありLINEの返事が早い人

 

基本的にメールの返事が早い人、LINEの返事が早い人なわけなんです。

 

メールの返事が早い人

 

知り合いが多いので凄く忙しい人なわけですので、結構スケジュールが埋まってる人なわけですが、それでもメールやLINEの返事はパパっとすぐにする人が多いのではないでしょうか。

 

やっぱり知り合いが多いので早く返事をしていかないと埋もれてしまって、返事がすごく遅くなってしまったり返事をすっかり忘れてしまう恐れがあるので空いた時間にすぐに返事を出すわけなんです。

 

そうすることで知り合いとの関係をしっかりと保つ事も可能になってきます。

 

どうしても返事が遅くなってしまったり、返事を忘れて放置してしてしまうとその相手との関係は疎遠になりやすいわけです。

 

そういうのも知り合いが多い人は自然とわかっているわけなんでメールやLINEの返事は早めにするわけです。

 

もちろん返事をするだけなくて、自分から食事などの遊びに誘うメールやLINEや電話も積極的にしているのではないでしょうか。

 

逆に知り合いが少ない人ですと、連絡不精な人、メールの返事が遅い人が多いのではないでしょうか。

 

普通に考えて返事が遅い人と仲良くなりたいとは思いませんので結果的に知り合いは増えていかないわけです。

 

どうしても連絡不精な人ですと関係を繋ぎ留められなくなっていきますので。

 

 

 

常に新規の出会いを探している

知り合いが多い人と少ない人の違いの3つ目は、知り合いがすごくいる人って常に新規で新しい出会いを求めてる方が多いのではないでしょうか。

 

やっぱり新しい出会いを常に求めていないと、
知り合いが今現在多くてもいろんな理由で疎遠になってしまう方も必ずでてくるわけですので、常に新しい出会いを求めてないと交流保てる知り合いって減ってしまうわけなんですね。

 

そういう部分も知り合いが多い人って自然とわかってる方が多いのではないでしょうか。

 

こういう知り合いが既に多いのに常に新しい出会いを求めてるような方って、休日は1人でいたくない人だし大変フレンドリーな人が多いのではないでしょうか。

 

こういうタイプは知り合いが多いと楽しいと心から思えてるし、知り合いが多いと得であることも実感なさっているのではないでしょうか。

 

具体的に知り合いが多いとどういう部分で得かと言いますと、人生において色んなチャンスに恵まれていくのです。

 

知り合いが多いと得することが多い

 

それだけ知り合いが沢山いると良い話が舞い込んで来やすい状況が出来上がるわけです。

 

 

逆に知り合いが少ない人は知り合いが多いと、面倒とか知り合いが多いと疲れるとかって感じているので新規の出会いは求めてません。

 

知り合いが多いと人間関係に疲れるわけです。

 

1人でいるのが好きな人だし消極的な人なわけなんです。

 

 

知り合いが多い人は自分にも他人にも完璧を求めず優しい

知り合いが多い人と少ない人の違いの4つ目は、知り合いが多い人ってのは、基本的に他人に対して寛容で完璧を求めたりせず優しいという特徴がある事が多いです。

 

ですので、少々の欠点はなるべく見ないようにしてむしろ相手の良い所をばかりを探すような癖がついてるわけです。

 

それに知り合いが多い人は人間は決して完璧ではないって事を無意識にわかってる方が多いのではないでしょうか。

 

誰にでも欠点はある事をしっかりとわかってるし、少々の事は目を瞑ることができるのです。

 

もちろん自分自身も完璧になろうとはしてないのです。

 

だからこそ人に優しくできるし、相手の欠点もそんなに気にせず人と付き合えるわけなんで知り合いが増えていくわけです。

 

逆に知り合いが少ない人は、知り合った相手のちょっとした欠点が見えてくるとその相手と距離を置きがちになり、相手も距離を置かれてることに気付くわけなんで疎遠になってしまうわけです。

 

ですので知り合いがあまり増えずに付き合いのある知り合いは少ないままなのです。

 

 

まとめ

:知り合いが多い人は自分から誘うし急な誘いにも乗る事が多いので、そういうした行動が出会いを増やし更に知り合いがどんどん増えていく。

 

:知り合いが沢山いる人はマメにメールやLINEの返事をすることでメールやLINEの未返信を防ぎ、知り合いと疎遠になることを防ぐことで関係を保つことができている。

 

:知り合いが多くいるような人は常に新しい出会いを求めているので、交流がちゃんとある知り合いの数がしっかりと保てているか更に増えていることが多い。

 

:知り合いが多い人は、人に対して完璧を求めず欠点は誰にでもあるという前提で人付き合いをしているので、少々の欠点があっても距離を置いたりしない。


【シェアする】