トップへ戻る

お金を貸してと言われる人の性格的特徴

お金を貸してと言われる人について

お金を貸してと言われる人って何かしらお金を貸してと言いやすい特徴があるのではないでしょうか。

 

お金を貸してと言われるような人は人間的には悪い人ではないと思いますが、お金を貸して言われて貸してしまうと自分が損してしまいますよね。

 

それでは今回は、お金を貸してと言われる人の特徴や性格を説明します。

 

 

性格が大人しい人

お金を貸してと言われる人の特徴や性格の1つ目は、性格が割と大人しい人です。

 

大人しいタイプの人って、仲の良い人にお金を貸してと言われるとなかなか断れない人の割合が多いのではないでしょうか。

 

お金を貸してと言ってくるような人は口が上手くて、よく喋るタイプですので大人しいタイプの人は上手く、その口の上手さに丸め込まれてお金を貸してしまいがちになるわけです。

 

大人しい人は借用書を書かせるような事もできませんので、お金を貸しても結局返ってこない事が多いのではないでしょうか。

 

大人しい性格ですので、お金を貸した相手に強く返済を迫るような事もできない人が多いですし泣き寝入りする事が多いわけです。

 

 

大人しい人が金を貸してと言われたら対応すべきか?

 

性格が大人しくて、過去にお金を貸してしまい結局お金は戻ってこなくて泣き寝入りしてしまったような方は今後どうしたら良いかと申しますと、とにかく家族以外の者にはお金を貸さないと決めておけばいいのです。

 

で、もしまた別の友達や知り合いから面と向かってお金を貸してと言われたとしても、その場では決してお金を貸す事をOKせずにちょっと考えさせてと言って翌日くらいにメールかLINEでやっぱり貸せないって言えば良いのです。

 

直接会っての場合だと断り難い雰囲気になるからこそ、メールやLINEで断りの返事をするわけです。

 

 

断った後の対応

 

断った後にお金を貸してと言ってきた友達と会うのは結構気まずいかもしれませんが、それは時間が解決してくれるはずです。

 

金の無心を断った事で友達から距離を置かれるかもしれませんが、それは仕方ない事だしこちらに比は一切ないのでもうご縁が無くなったと思うしかないです。

 

 

殆どの頼まれ事を引き受けちゃう人

お金を貸してと言われる人の特徴や性格の2つ目は、普段から何か頼まれ事をされると引き受けてしまう人です。

 

当然このタイプは、友達や知り合いからの頼まれ事も快く引き受けてるので、しまいにはお金を貸してと言われる事もあるわけです。

 

そうなった場合に、頼まれ事は基本的に断らないスタンスですのでお金を貸してと言われた時は、なかなか断れない人が多いのです。

 

頼まれ事を断らないポリシーを持ってるわけではないけども、心の奥底では基本的に人からの頼み事は断らない事が浸透してしまってるので、金の無心をされても当然断る事ができないわけです。

 

まあ頼まれ事を断らないような人の中には他人とは金の貸し借りだけは絶対にしないというポリシーを持ってる人もおりますけども、そのような人ってこのタイプには割合的に少ないと思われます。

 

 

頼まれ事を断らない人はどう対応したらいいのか?

 

では、このような頼まれ事を基本的に引き受けるスタンスの人はどう対応したらいいかを説明します。

 

普段からまずは頼まれ事を全部は引き受けないようにして行く事が大事ではないでしょうか。

 

例えば3回に1回くらいははキッパリと断るようにするのです。

 

そのように3回に1回くらいは断るようにすることで、どうしても嫌な頼み事はキッパリと断ることに躊躇が無くなってきますのでお金を貸してと言われてもすぐにキッパリと断る事ができるのではないでしょうか。

 

こんな感じですぐに金の無心を断る事ができるようになれば、金を無心をしてくるような相手との縁も割とキッパリと切る事ができるようになるのです。

 

あと、基本的に金の無心をしてくるような人は、過去にも色んな人にお金を借りてるような人ですので付き合いをやめた方がいい人なのです。

 

 

見るからに隙がありそうな人

お金を貸してと言われる人の特徴や性格の3つ目は、見るからに隙がありまくりな人です。

 

隙がありまくりな人の特徴

 

見るからに隙がありまくりな人はどういう特徴があるかを説明します。

 

このタイプは割とフンワリとした柔らかい優しそうな雰囲気を持ってて、怒ったりキレたリする事がない人が多いです。

 

優しい女子

 

そのような雰囲気や性格ですので、他人から見たら隙がありそうに見えて付け込んでいきやすいので、お金を貸してと言いやすのです。

 

で、このタイプは隙があるように見えるだけでなくて、基本的に押しに弱い人も多いので金の無心をされちゃうとなかなか断る事ができなくて貸してしまう方が多いのです。

 

隙がありまくりな人はどう対応するべきか?

 

隙がありまくりな人は、金の無心をされてもなかなかすぐには断る事ができないので、とりあえずその場は考えておくみたいな事を言って返事を保留するようにしましょう。

 

 

そしてその後は別の友達や知り合いに相談するってのはどうでしょうか?

 

このタイプはなかなかキッパリと自分から断る事はできませんので、人に相談する事で後押しをしてもらうのです。

 

人に相談すればきっと「絶対貸してはダメだよ!」って言われるはずですので、そのように言われたらそれが良い後押しになりますのでメールかLINEで断れば良いのではないでしょうか。

 

 

金を沢山持ってると思われてる人

お金持ちは金の無心をされやすい

 

お金を貸してと言われる人の特徴や性格の4つ目は、金を沢山持ってると思われてる人です。

 

金を沢山持ってると思われてる人は実際に普通の人よりかは確かにお金を沢山持ってる人が多いのです。

 

で、なんらかのきっかけでお金を沢山持ってる事を友達や知り合いに知られてしまったら、お金を貸してと言われる事が多いのです。

 

どういうきっかけでお金を沢山持ってるとバレるのか?

 

:収入が多い仕事をしている。

 

:株やFXや不動産投資で儲けてる事を自慢してしまった。

 

:奢ってくれる事が多い。

 

 

この3つがお金持ちだとバレてしまうきっかけになることが多いのではないでしょうか。

 

収入が多い仕事をしてる場合は、お金を沢山持ってる事を隠す事はできないけども、株やFXや不動産投資などで稼いでる事を自慢してしまってお金持ちだとバレてしまうのは防ぐ事ができますので、株やFXや不動産投資でいくら凄く儲けていて人に言いたくなったとしてもその事は誰にも言わないほうが良いです。

 

念には念を入れて、株やFXや不動産投資をしている事さえも誰に言わないほうが無難です。

 

家族にもそれらをやっててお金を沢山持ってるような事を言わないほうがいいです。

 

家族であってもこちらが金持ちだと分れば金の無心を頻繁にしてくる人もおりますので。

 

 

まとめ

:性格が大人しい人は面と向かって金を貸してと言われたらなかなか断れない。

 

:普段から人からの頼まれ事の殆どを引き受けていると、お金を貸してと言われてもなかなか断れない。

 

:優しくフンワリした雰囲気の人は、隙がありそうに見えるのでお金を貸してと言われやすいし、このタイプは基本的に押しに弱いので金をすぐに貸してしまいがちな人が多い。

 

:お金持ちだとバレてしまったら、友達や知り合いからどうしても金の無心をされやすい。


【シェアする】