トップへ戻る

気づかれない人の特徴や性格や行動

気づかれない人について

気づかれない人についてですけども、気づかれない人って例えば集団の中にいても影が薄いとか存在感がないような人を差すのではないでしょうか。

 

なので集団の中にいても、なかなか気づかれない事が多いのです。

 

集団の中にいるわけなんで、一応顔とかは覚えられてるとは思いますが、それでも皆と一緒にいる時は、影が薄すぎるので気づかれないわけです。

 

それでは今回は、そのような気づかれない人の特徴や性格や行動を書きます。

 

 

声が小さいと影が薄すぎる人になってしまう

気づかれない人の特徴や性格や行動の1つ目は、声が小さい人です。

 

気づかれない人にこの声が小さいという部分はかなり当てはまってるのではないでしょうか。

 

声が小さいと集団の中では非常にいるのかいないのかわからない事が多いですし、影が薄すぎる印象を与えてしまうわけです。

 

ですので声が小さくてなかなか人に気づかれない人は、声を今よりも大きく出す事で周りに気づいてもらえる存在になれるのではないでしょうか。

 

まあ急に声を大きく出すのって難しい事だと思うんで、じょじょにでも声を今より1トーンくらいは大きくする事から始めてみてください。

 

 

自分を出さないようにしている

気づかれない人の特徴や性格や行動の2つ目は、自分を出さないようにしている人も多いのではないでしょうか。

 

要するに、自分の考えを言わないわけですし自己主張を全くしないわけです。

 

ですので、1つの集団の中にいてもこのような人は、どういう人物なのか理解してもらえてない事が多いのではないでしょうか。

 

悪い言い方をすれば何を考えてるかわからないように見えるので、宇宙人的な存在だったりするわけです。

 

 

ですので、このような方が気づかれる人になるには、自分自身をもっともっと出していくべきです。

 

自分はこういう人間なんだよって部分を出すようにしましょう。

 

そうすれば多少は目立ってくるし、皆に気づいてもらえる存在になれるはずです。

 

 

喜怒哀楽が表面にあまり出ない

気づかれない人の特徴や性格や行動の3つ目は、喜怒哀楽が表面にあまり出ない人です。

 

ですのでこのタイプは、怒ったり切れたりする部分を人に一切見せないし、悲しんでる姿も見せないし笑う時でもあまり大きく爆笑する事はなくて、微笑する程度である事が多いのではないでしょうか。

 

悪く言えば人間味がない印象があるかもしれませんが、このような喜怒哀楽が穏やかな人って一緒にいて面白みはないかもしれないけども、一緒にいて疲れない人でもあるかと思います。

 

周りを振り回すような行動はしないのではないでしょうか。

 

でもあまりにもそういう喜怒哀楽を出さないでいると、気づかれない人に陥ってしまう事が多いのです。

 

ですので、このような喜怒哀楽が表面にあまり出ない事で気づかれない人になってしまってる場合は、喜怒哀楽の喜と楽の部分はもっともっとオーバーに出してもいいかと思います。

 

喜んだり楽しんだりしてる姿を出す事は決してマイナス要素にはならないし、そういう部分である程度目立ってくれば気づかれる人になってるはずです。

 

 

顔のレベルは中の中

気づかれない人の特徴や性格や行動の4つ目は、顔のレベルは中の中くらいで濃い顔でもなく、黒髪で普通体型で服装も割と地味で過剰な部分が見た目に全くなかったりすると気づかれない事が多いのではないでしょうか。

 

要するに、見た目に特にわかりやすい特徴がない人なわけです。

 

ですので印象にも残らないし、結果的に影が薄すぎる人になっているのではないでしょうか。

 

このタイプは、2つ目で書いた自分を出す事もないですし、3つ目で書いた喜怒哀楽が表面にあまり出ない人でもある事が多いのです。

 

ですのでこのような人が気づかれる人になるには、まずは見た目からでも多少なりとも印象に残る部分を出す必要があります。

 

例えば黒髪であれば、ちょっと明るいカラーにしてみてもいいでしょうし、濃い顔でなくて薄い顔であれば女性であればツケまつ毛を付ける事でかなり印象がパっと華やかになってくるのではないでしょうか。

 

男性で薄い顔であれば、髭を蓄えたら印象に残るでしょうし、髪型にしても美容師さんに頼んで今風のかっこいい髪型にしてもらえばかなり印象が変わって気づかれる人になってるはずです。

 

髭を蓄えてみる

 

 

まとめ

:声が小さいと影が薄すぎる印象を与えてしまうので、結果的に気づかれない人になってしまう。

 

:自分の考えや自己主張を全くしてないと気づかれない人になりやすい。

 

:喜怒哀楽が表面にあまり出ない人は、存在感が薄くなってしまうので気づかれない人になりやすい。

 

:顔は中の中レベルで、黒髪で顔は濃くなく薄い顔だったりすると印象に残らない分だけ、気づかれない人になりやすい。


【シェアする】