トップへ戻る

今までで一番努力したことや頑張ったことって何かを聞いてみた

今までで一番努力したことや頑張ったことについて

今までで一番努力したことや頑張ったことについてですが、誰しもそのように努力したことや頑張った経験ってあるのではないでしょうか。

 

 

私の場合だと、高1の頃に試験直前や試験中の試験勉強で夜中の3時くらいまで起きて勉強して、2時間睡眠で学校に行った時ですね。

 

 

この時が我ながら一番努力したし、一番頑張ってた事かなって思います。

 

 

今はそんなことはとてもできそうにありませんが(笑)

 

 

それ以降だと、自動車学校に通ってた時に免許を取りたくて必死になって教習を頑張って、教習が終わってからのイメージトレーニングを頑張ってた時くらいです。

 

 

 

それでは今回は、今までで一番努力したことや頑張ったことって何かをエピソードを含めていろんな人に聞いてみました。

 

 

子育て

 

子育てを頑張った

 

knkさん(40代後半の女性)↓

 

今まで一番努力したり頑張ったりしたのは子育てです。

 

1人目の子供は手探り状態でとにかく大変でした。

 

それでも、実家の母親に体験談を聞いたり育児書を読んだりして、何とか対応することができました。

 

頻繁な夜泣きに耐えて子育てを続けられたのは、今では大きな誇りになっています。

 

 

gqpさん(50代前半の女性)↓

 

今までもそれなりに仕事なども頑張ってきたつもりですが、やはり子育てだけは一番一生懸命やっていると思います。

 

責任があるのも勿論ですが、子供一人一人全てが違うので、これが正解というものが無いところが大変です。

 

成人すれば安心できると思っていたところもありましたが、やはり幾つになっても心配なのだなぁと実感しています。

 

今は末っ子の反抗期の真っ最中なので、毎日模索しながら頑張っています。

 

親になって初めて知ることも多く、今更ながら自分の親には感謝する事が沢山あります。

 

 

rickkさん(女性)↓

 

今までで一番努力してきた事は子育てです。

 

出産後すぐに引っ越しをし家族、友達が近くに居なく孤独な子育てでした。

 

初めての子育てで子供は常に抱っこをしてあげないと泣く子だったのでとても辛かったです。

 

でも、近所の赤ちゃんの集いや学童に積極的に参加しお友達を作り、育児書も読み、誰にも相談できない辛さや悩みを乗り越えて、家事も頑張り、常に子供に寄り添って必死で頑張ってきました。

 

そんな赤ちゃんだった息子も小学生。

 

まだまだ子育て大変ですが、必死に頑張って子供に寄り添ってきたので聡明で天真爛漫な子に育っています。

 

 

アメリカの生活での英語学習

 

ミツバチさん(女性)↓

 

夫の転勤にともなってアメリカで生活することになった時の事です。

 

英語は苦手だった私も英語ができなくては生活できません。

 

子供もいたので子供の学校関係にも英語は必要でした。

 

行ってすぐのころはチンプンカンプンでしたが、毎日テレビを見て耳を慣らして少しずつ分かるようになりました。

 

自分の生涯であれほど努力したことは前にも後にもありません。

 

 

博士号を取るためにとにかく努力しました

 

Angelさん(30代後半の女性)↓

 

大学院に進学し、博士号を取るためにとにかく努力しました。

 

学費を自分で賄うために中学や高校で非常勤講師をしたり家庭教師をしたりしながらお金を貯め、学費を払いました。

 

同時に博士論文を書くための勉強をし、その生活はとても大変なものでしたが、有意義なものだったと思っています。

 

 

高校受験の勉強

 

みやびじょさん↓

 

私が今まで一番努力したことは高校受験の勉強です。

 

中学生2年生の前半まで私はいわゆる不良で、成績もすこぶる悪く、県の偏差値最低の私立高に行けるか行けないか程度の学力でした。

 

ある日、ふと勉強しないとやばいんじゃないかと思いついて、無我夢中に勉強をすると、学年1桁まで成績を上げることに成功し、無事進学校に入学することができました。

 

 

nmsiさん(40代前半の男性)↓

 

今まで一番頑張ったと言えるのは、高校受験です。

 

実は中学は引きこもりでほとんど学校に行ってなく、特別学級など特例でなんとか中学は卒業させてもらいましたが、学力は全然ダメでした。

 

それを何とか中学3年の夏から半年間死ぬ気で勉強して、当時住んでいた県内のそこそこ倍率のある県立高校に入学できました。

 

合格発表後はホッとしすぎたのか力が抜けて1週間ほど寝込むほどしんどかったくらい、精神的にも肉体的にも一番頑張ったと言えます。

 

 

社会保険労務士試験に独学で挑戦

 

hysqさん(40代前半の男性)↓

 

これまでに私が一番努力したのは社会保険労務士試験に独学で挑戦して合格したことです。

 

ただでさえ難関試験として有名であるにもかかわらず独学で挑んだことで一気の祖に難易度が跳ね上がって大変でした。

 

独学にこだわってかなり苦労したのは確かです。

 

本当に大変でした。

 

 

ピアノ演奏

 

mozarさん(20代後半の女性)↓

 

私が今までで一番努力したことや頑張ったことは、「ピアノ演奏」である。

 

ピアノは気づいた時から始めていた習い事であったが、ピアニストになりたいと思うようになり、習っている先生からのご指導を受け、さまざまなコンクールに参加した。

 

しかし、小さいころはコンクールを受けたところで、結果を残すことができず、ピアニストになる夢を諦めかけていた。

 

それでも現在、ピアニストとしての演奏活動をする夢を諦めず、大人になってからもコンクールを受け、仕事がある日でも3時間は練習時間を取るようにした結果、2位銀賞、3位銅賞を受賞する結果を残すことができるようになった。

 

日頃の練習の積み重ねや、諦めない気持ちが結果を残すと改めて感じた出来事である。

 

これからも日々努力をし続け、演奏活動を続けていきたい。

 

 

高校受験の勉強をしながら家事をこなした中学生時代

 

stuerkさん(40代前半の女性)↓

 

人からすれば大した努力ではないですが、高校受験の勉強をしながら家事をこなした中学生時代が1番努力したな、頑張っていたなと感じます。

 

共働きで私の下には2人弟妹がいます。

 

両親ともに私たち兄弟が学校に行く時とほぼ同時に家を出て、帰りは寝る間際まで帰って来なかったので、私がほぼ全ての家事をこなしていました。

 

今、同じ中学生を見るたびによくやっていたなと感じます。

 

 

英検の一級を取るための勉強

 

Ryoさん(20代後半の男性)↓

 

今までで一番努力したことは英検の一級を取るための勉強です。

 

英語の面接の練習をしたいけど英語を話せる友達がまわりにいなかったのでネットを駆使してネイティブの友達を作ったりしました。

 

そして参考書や対策本など合計で10冊くらいは買って何度も反復して解いていました。

 

いま思い出してもきつくなるくらいですが、あのとき頑張ったお陰で無事に合格することができました。

 

 

遺産分割協議

 

ベスパさん(50代前半の男性)↓

 

私にも遺産分割協議をする時が来ました。

 

ドラマで視聴していて、どんなにドロドロした感じかは知っていましたが、ついに私にもその時がきたかという感じでした。

 

不正をしている相続人への追及を大変がんばりました。

 

相手は不正をしたまま終わらせると後悔し通りの老後となるでしょうから、相手のためにもがんばりました。

 

 

自動車学校に通った事

 

あらさん(女性)↓

 

今まで生きてきた中で一番頑張った事は運転免許証を所得する為に逃げないで最後まで頑張って自動車学校に通った事です。

 

私は学校がとても嫌いで小学校、中学校、高校と休める限界まで色々と理由をつけて休んでいました。

 

そんな私ですが、高校卒業後自力で貯めたお金で自動車学校に行きました。

 

先生から毎日怒られ文句を言われ毎日泣きました。

 

でも一日も休まずにきちんと最後まで通いました。

 

それから歳をとってアラフォーになりましたが、頑張った事を聞かれるといつもこれを思い出します。

 

 

本業を辞めて11年間バス釣りに専念

 

バスプロになるために頑張った

 

クロスケさん(40代前半の男性)↓

 

今までの人生の中で一番努力して頑張った事はバス釣りでした。

 

私はバスプロになりたく本業を辞めて11年間バス釣りに専念しました。

 

ちなみにバスプロとはブラックバスを釣るプロの釣り師です。

 

本場はアメリカですが日本でもバス釣りは人気がありバスプロは沢山居て大会も数多く開催され盛り上がっている業界です。

 

こうしたバスプロになりたく私は11年間毎日バス釣りをし様々なアマチュア大会に出場し最終的に功績を上げプロになりました。

 

私の人生の中で本当に一番努力し頑張りました。

 

以上です。

 

 

大学の卒業論文です

 

haroharoさん(30代前半の女性)↓

 

当時からのんびりしていた私は、あろうことか卒論のテーマを決めたのが10月でした。

 

当初は、文献を引用して書けばいいと安易に考えていましたが、指導担当の先生から実験をしてデータを集める必要がある言われてしまい、いっきに頭が真っ白になってしまった事を今でも覚えています。

 

しかし卒論の提出期限は翌年の1月で、今更他のテーマに変更する事もできそうにありませんでした。

 

授業と就職活動の時間以外の全て、寝る時間も削ってを卒論に取り組みなんとか期日までに書き上げ、無事に大学も卒業することができました。

 

書きあげた時は嬉しさのあまり涙してしまい、今考えるても、3ヶ月でよく仕上なと感慨深い物があります。

 

 

中学時代の男子テニス部の話

 

pukuriさん(40代前半の男性)↓

 

中学時代の部活(テニス部)は物凄く頑張っていたと今振り返っても思います。

 

頑張ってもお金をもらえるわけではありませんし、試合で勝ちまくって優勝するわけでもないのに朝と放課後に毎日ひたすら練習していました。

 

1年生のときに親友と二人で男子テニス部に入部して、最初は同学年で33組あったうちの33番手からスタートしたのに少しずつ成績を上げていき、3年生の最後の大会のときは7番手でした。

 

1番手から6番手までのペアは全員、小学生の頃からテニススクールに通っていた人達で全国大会で優勝や準優勝をするような人達だったので、彼らと比較すると厳しいですがそれでもゼロから初めた私と親友はそれなりの成果を上げることができたと引退するときに思いました。

 

ただ、強豪校だったこともあって自分達は一度も優勝することはありませんでしたし、武功をあげることもできなかったのが心残りです。

 

それは他校の1番手(エース)に勝つことは出来ても同じテニス部の1番手から6番手の人達に勝つことができなかったからです。

 

他校なら私でも1番手になることができたのになと悔しく思うこともありましたけれど、今となってはそれも含めて良い経験になったと思います。

 

 

私が一番、努力したのは、ライティングです

 

ストーンリーフさん(40代前半の男性)↓

 

私は、今まで生きてきた中でライティングを一番頑張ったと思います。

 

努力したというわけではありませんが、結果的に長い時間を、ライティングと共に過ごしてきました。

 

具体的に、Webの記事をスクラップして、よく読みました。

 

そして、どういう文章なら、人は喜んで見てくれるかなどをよく考えました。

 

私が大事だと思うのは、「自慢しない」「人を不快にしない」「ポジティブに書く」です。

 

この3つがライターに最低限求められるものだと思いました。

 

 

まとめ

 

今までで一番努力したことや頑張ったことって何かをエピソードを含めていろんな人に聞いてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

子育てを一番頑張ったときのエピソードを読むと、やっぱり子育てって苦労の連続なんだろうなあってのが伝わってきましたね。

 

私は子育ての経験はありませんが、母もかなり大変だったんだろうなあって気づかされました。

 

高校受験の勉強を一番頑張ったというのもありましたが、生れて最初に一番努力したことが高校受験の勉強だったって人はたしかに多そうですよね。

 

ちなみに私は高校受験の勉強は殆どやりませんでしたがw

 

推薦入学だったので。


【シェアする】