トップへ戻る

話しかけにくい人に多い癖や特徴やあるある

話しかけにくい人について

悪い人ではないけども、話しかけにくい人って皆さんの周りにいますよね。

 

または皆さん自身がそういう人であったりもするかもしれません。

 

私なんかも割りと話しかけにくいと言われる事が多いです。

 

どこか壁みたいなものを感じるらしいです。

 

どうしてそのように見えるかですけども、そういう部分も説明しますが、話しかけにくい人の全てが同じ特徴を持ってるわけではありません。

 

同じ話しかけにくい人であっても多少性格的な癖や行動パターンが違う場合もあるのです。

 

それらについても詳しく説明します。

 

いずれにしろ話かけにくい人って人生において損することはあっても得をすることって殆どないのではないでしょうか。

 

話かけにくく見えるがために、人生においての様々なチャンスを逃してしまってるとも言えますからね。

 

逆に話しかけやすい人ってのは、人が自然と寄って来やすくて、人生における様々なチャンスに恵まれやすいわけdす。

 

それでは話しかけにくい人に非常に多い5つの癖や行動や特徴をを説明します。

スポンサードリンク

 

 

人から心を閉ざしている

話しかけにくい人って基本的に人から心自体を閉ざしている方が多いのではないでしょうか。

 

いつも心を閉ざしている人は話かけにくい

 

ですので、そういう部分が当然表面にもでてしまっていて、相手からしたら壁みたいなものを感じたり、話しかけるなオーラみたいなものも見えてしまっているので話しかけにくくなってるわけです。

 

私なんかはまさにこのタイプに分類されるほうかと思います。

 

知らない人が近くにいると、どうも人見知りをしがちになるので、そういう人に対して壁を作ってしまってそれが表面にもでてしまってるようで話しかけにくいらしいです。

 

まああまり接点がないような人が相手だとそうなってしまっても仕方ない部分もあるかとは思いますが。

 

どうしてもそのような部分を改善したいと考えているならば、知り合った人に対しては基本的に心を開いてオープンにしとく必要があります。

 

心を開いてオープンにしていると、それが当然表面に現れているので、人からみて話しかけやすい雰囲気になってるはずです。

 

 

人の目を見て話さない

話しかけにくい人の癖や特徴として、人の目を見て話さない方も多いのではないでしょうか。

 

やっぱり人と接する時は、ちゃんと相手の目を見て話さないとダメだと思います。

 

目を見て話せない人って相手に嫌われてるのでは?とか避けられてるのでは?って感じさせてしまうので結果的に話しかけにくい人に見えてしまうわけなんです。

 

普通に考えても相手の目を見て話さない人って、挙動不審だしとっつきにくい印象が強いですよね。

 

ですのでこれを改善するには、目をそらす事はせずにしっかりと相手の目を見て会話をするようにしましょう。

 

相手の目をしっかり見て話すようにすれば、声をかけにくい印象は薄くなっていきますので。

 

私も若い頃は人の目を見て話せなかったけども、これではいけないと思い20代くらいから相手の目をしっかり見て話すように心がけていってやがて完全に改善できました。

 

 

滅多に笑う事がない

あまり笑い顔を見せない人もやはり人から見たら話しかけにくい人に見えてしまうのではないでしょうか。

 

笑い顔が殆どないような人だとやっぱり近寄り難いオーラが出てしまってるので、相手からしたら非常に壁を感じてしまい、話しかけるのに非常に躊躇してしまうわけです。

 

笑顔が少ない人って基本的に笑顔が下手だったり笑顔が苦手だったりして上手く笑顔が作れない人が多いわけです。

 

逆に笑顔が多い人ですと、それだけでもう相手からしたら話かけやすいってだけでなくて、この人と話してみたいって感じるのではないでしょうか。

 

いつも笑顔の人は話かけやすい

 

ですのでそういう笑顔が多い人は当然人から好かれやすいのです。

 

 

:関連記事:⇒笑顔が多い男がモテる理由4つ

 

 

いつも忙しそうにしている

いつも忙しくしている人は話かけにくい

 

話かけにくい人の特徴として、いつも忙しそうに行動している人も当てはまるのではないでしょうか。

 

いつも忙しく動き周っているので、話かけるタイミングを掴みにくいわけですし、話しかける隙間がないように感じてしまうわけです。

 

まあ割りと積極的な人でしたら、このような忙しくしてる方にも普通に話しかけられますけども、割と気弱な方ですとなかなかいつも忙しくしている人には話しかけられない事が多いのです。


見た目がイカつい

話かけにくい人のある意味では代表的とも言えるのが、見た目がちょっと怖そうに見える人です。

 

これらは女性ではなくて殆ど男性に当てはまります。

 

見た目がイカつくて話かけにくい人の特徴を例としてあげてみます。

 

:髭を生やしてしている。

 

:かなりの日焼け肌。

 

:B系ファッション。

 

:金髪

 

大まかに4つほどあげましたが、これらの男性は見た目がイカつく見える傾向があるので、相手からしたら怖そうな雰囲気ですので最初は特に話しかけにくいのではないでしょうか。

 

まあ第一印象だけだったりもするんで、最初だけ話かけにくいだけで一度話してしまうとそうでもなかったりもしますけどね。

 

 

まとめ

:人から心を閉ざしている人は、それが表面にも出てしまっているので結果的に人から見たら壁を感じてしまって話しかけにくくなっている。

 

:人の目を見て話さない人は、相手から見て嫌われtるのかな?とか避けられているのかな?って感じさせてしまって結果的に話しかけにくい人になってしまっている。

 

:笑顔が殆どない人は近寄り難いオーラを出してしまっているので、話かけにくい。

 

:いつも忙しそうにしている人は話かけるタイミングがなかなか掴めないので話しかけにくい。

 

:見た目がイカつい男性は相手からしたら非常に怖く見えてしまうので、最初だけ話かけにくいが一度話してみればそのあとは話かけにくいということはそんなにない。