トップへ戻る

騙すより騙される人になる方がいい理由など、騙すより騙されろ?

騙すより騙される方がいいについて

一般的に騙すより騙される方がいいって言いますけども、これは皆さんも納得できる部分ではないでしょうか。

 

騙す人は悪い人なわけだけども、騙される人って悪い人ではないしそんなにネガティブな印象はありませんよね?

 

もしネガティブな印象を持つ人がいるなら、そういう人からみたら人が良すぎるとか、人を信用しすぎるとかって印象を持つのではないでしょうか。

 

でも人が良すぎるとか人を信用しすぎると思われるって、言われた方も第三者的に見てもネガティブな印象はありませんよね。

 

別の言い方をすれば、純粋な人にも感じますし。

 

それでは今回は、騙すより騙される方がいい理由をちょっと掘り下げて書いていきます。

 

 

人を信じて生きる方が楽だし徳があるから

騙すより騙される方がいい理由の1つ目は、騙されても人を信じて生きる方が楽だし徳があるからです。

 

我々は長い人生の中で多かれ少なかれ、大小さまざまですけども騙されてしまった経験ってあるのではないでしょうか。

 

で、何度も騙されてしまうとどこか人を信用できなくなってしまって、人との付き合いに悩んでしまい悪循環に陥ってしまう方も多いのです。

 

でもいくら騙されても人を信じて生きていった方が人生は上手く周っていくのではないでしょうか。

 

人を信じ信用する事で自分も相手に信用される事に繋がりますし、人に信用される事が多ければ騙されてピンチに陥る事よりも物事がスムーズにいく事の方が必ず増えるからです。

 

そのように考えれば、ちょっとくらい騙されたってへっちゃらに感じませんか?

 

人を信じて信用した方が間違いなく、徳が増えるとわけですし。

 

ですので、基本は騙される事があっても人を色眼鏡で見る事なく信じて信用するようにしていくべきです。

 

 

騙した人は、結局大きく損すると考える

人を騙す人

 

騙すより騙される方がいい理由の2つ目は、自分を騙した人は、結局大きく損すると考えるようにしてもいいのではないでしょうか。

 

自分を騙すような人は1回だけ人を騙すような人ではなくて、何度も何度も繰り返し人を騙してきてる人が殆どですので、長い目で見てもそのような人を騙しまくってるような人って必ずしっぺ返しを食いますし、最終的には大きな代償を払う結果になるはずです。

 

ですので、騙されてしまった場合は騙した人はいつか深い谷に突き落とされるだろうと思っておけば、騙されたショックは半減するのではないでしょうか。

 

そのように考えられたら、騙すよりも騙される方がずっとマシだと思えるはずです。

 

 

騙された自分が悪いと考えればいいだけ

騙すより騙される方がいい理由の3つ目は、騙された自分が悪いと考えてもいいのではないでしょうか。

 

もちろん騙した人が一番悪いわけですけども、騙した人を心の中だけでも責めたってそのような人を騙すような人って基本的には改善される事はないんです。

 

ですので、いくらそのような騙す人を責めても徒労に終わってしまうので結局無駄な事ではないでしょうか。

 

なので騙された自分が注意を怠ったから騙されたんだみたいに、自分が悪いから騙されたんだと考えた方が楽だし自分自身の心がけ次第で今後騙されない人になる事は可能だし騙された自分が悪いと考えた方が長い目で見ても絶対いいわけです。

 

実際私も人に騙された時に相手を恨む気持ちを持つ事は辞めて、今後は騙されないようにするぞと強く心がけたらそれが潜在意識に届いてその後は騙されるような事はほぼ無くなったし、人を騙すような人に出会う事も減ってきました。

 

これは騙された経験をしたからこそ、そうなれたわけなんで結果的に多少なりとも騙される方がいい例と言えるのではないでしょうか。

 

 

人を騙さない人の方が圧倒的に多いと考える

騙すより騙される方がいい理由の4つ目は、人を騙さない人の方が圧倒的に多いと考えてみてはいかがでしょうか。

 

実際皆さんの周りを見ても人を騙す人よりも人を騙さない人の方が圧倒的に多いはずです。

 

そのように広く考えていけば、騙される事ってそんなに頻繁にあるわけではないですし、騙さない人の方が周りに圧倒的に多いわけなんで、そういう方々を見習って人を騙す人になるよりかはまだ騙される人になった方がマシだと思えるのではないでしょうか。

 

 

騙された時は、良い授業料だと考える

騙すより騙される方がいい理由の5つ目は、騙された時は、良い授業料だと考えるようにするのです。

 

3つ目の騙された自分が悪いと考えるに近いとは思いますが、、自分がまだ未熟だから騙されたと考えればいいですし、騙された経験をする事で今後もっと大きな騙され事を未然に防ぐ授業料と考えればいいのです。

 

そう考えれば、騙される事も全てダメな事だとは一概には言えないわけです。

 

 

まとめ

:何度騙されても人を信じて信用して生きていった方が自分も人から信用されていくし、人生が上手く周りだしていくのでそれならまだ人を騙すより騙された方がずっといい。

 

:騙した人は、1回だけ人を騙してる事は少ないし繰り返し人を騙してきてるので最終的には深い谷の底に落とされていって取り返しのつかない自体に陥るので、それだったらまだ騙された方がマシだと言えるから。

 

:自分が注意を怠ったから人から騙されたんだと考えるようにし、今後騙されないように慎重に生きていけばあまり騙されない自分になれていきます。

 

このように騙されない自分になれたのも騙された経験をしたからこそなわけなんで、多少なりとも騙される経験をした方がいいのではないでしょうか。

 

:圧倒的に人を騙さない人の方が世の中には多いはずですので、そのような方々を見習っていければ騙す人になるよりかは、まだ騙される人になった方がマシだと考えられるから。

 

:騙された事は自分がまだ未熟だから起こった事だし良い授業料だと考えるようにしていく事で、騙された経験も自分をステップアップするために必要な事だったと思うようにする。


【シェアする】