待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由

※広告・PRあり

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女について

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女についてですが、なかなか遅刻癖のある人ってそれを改善するのは難しいかもしれませんが、改善されることもあるにはあります。

 

遅刻しなくなった理由について、しっかりとしたきっかけがあるんです。

 

それでは今回は、待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由を説明します。

 

彼氏がその事の悪口を言っていたのを人伝いで知った

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由の1つ目は、彼氏がその事の悪口を言っていたのを人伝いで知った場合です。

 

そういう人伝いで知った場合って結構ショックだし、それと同時に自分はかなり彼氏に迷惑をかけたり嫌なことをしてたんだと真から思えるので、本気で改善しようと考えて、そのあとは待ち合わせに遅刻しなくなることがあります。

 

このようなことがきっかけで遅刻しなくなると、ほぼ今後は待ち合わせに遅刻することは無くなっていくはずです。

 

やっぱりこんなことで別れを迎えるのも嫌でしょうからね。

 

彼氏が帰ってしまった

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由の2つ目は、彼氏が帰ってしまった場合です。

 

今まではいくら待ち合わせに遅刻しても、待っててくれたけども彼氏の堪忍袋の緒が切れてしまい先に帰られてしまった場合は、やっぱりこのままこんなことをしてるとフラれてしまうと考えるので、そのあとは遅刻しなくなることが多いです・

 

先に変えられた時は「こないので帰るわ」みたいなラインがきてしばらく放置されることが多いでしょうけども、ラインで何度も謝罪してもう遅刻しないからって何度も宣言すれば許してくれるはずです。

 

遅刻の事を責められ既読無視や未読無視されてしまった

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由の3つ目は、遅刻の事を責められ既読無視や未読無視されてしまった場合です。

 

遅刻のことを責められ、そのあと、何度ラインをしても既読無視や未読無視が1週間以上続いてしまうとさすがに、やりすぎたと感じて心から反省するんですよね。

 

で、その間も当然何度もラインで謝罪し、もう遅刻しないからと宣言して10日間すれば機嫌を治してまた元通りの関係に戻るはずです。

 

これだけ放置されるのはもう嫌でしょうし、遅刻どころか、約束時間の15分くらい前には到着するようになってるはずです。

 

まとめ

待ち合わせで遅刻ばかりだったのに急に遅刻しなくなった彼女の理由を説明しましたが、1つ目がやはりショック度的には一番だと思いますので、絶対に改善しないといけないと考えるでしょうね。