トップへ戻る

女上司と付き合う結婚する良い点と悪い点

女上司と付き合う事について

※2018年11月29日:情報更新しました。

 

社内恋愛には様々な形がありますし、上司の男性と付き合うケースが多いですけども上司が女性の場合であっても恋人関係になることもあるでしょう。

 

そのケースですと割りと若い女上司で独身の場合であれば部下の男性と恋仲になることって結構あるわけです。

 

女性の上司のほうが年上の場合もあれば年下の場合などなど色々あるでしょうけどね。

 

あとは割と熟女と言える年齢だけどもずっと結婚したことがなかったりバツイチだったりする上司と部下がお付き合いなさることもあるでしょう。

 

いずれにしてもあまりオープンには付き合えないのではないでしょうか。

 

普通の同僚同士でも社内恋愛って秘密にしておくことが多いでしょうけども、女上司と部下の男性が付き合う場合はもっともっとバレないように気を使わなくちゃいけないので大変だとは思います。

 

女上司と部下が付き合う場合はどっちが先に言い寄って付き合ったかもすごく気になりますよね。

 

自然とお互いに惹かれあってそうなる場合も多いかもしれませんが。

 

二人切りで食事などに行ったのがきっかけで仲良くなることも多いでしょうからね。

 

そして更にお付き合いが発展したら結婚まで到達することもあるのではないでしょうか。

 

それでは今回は女上司と付き合う結婚するメリットとデメリットを紹介します。

スポンサードリンク

 

 

★女上司と付き合うメリット↓

 

 

女上司と付き合うと刺激的な恋愛を味わえる

女上司と付き合えば刺激的な恋愛ができる

 

女上司と付き合うメリットの1つ目は、社内恋愛って基本的に秘密にするのが当たり前だと説明しましたけども、女上司との恋愛ともなると特に絶対にバレてはいけないと思うはず。

 

:別に会社でそのような恋愛が禁止されてるわけではないけども、女上司と部下が付き合ってることがわかってしまったら、そのまま交際の継続した場合にちょっとしたことでもその女上司が付き合ってる部下の男性を優遇したりするとエコヒイキしてるみたいな見方をされてしまってやりにくくなるわけです。

 

そういう理由もあって社内恋愛の中では特にバレてはいけないケースなのです。

 

でもそういう絶対にバレてはいけない雰囲気での女上司との交際って凄くドキドキ感があるし、ジェットコースターのようなスリルや刺激を味わえるのではないでしょうか。

 

女上司と付き合うスリルを味わえる

 

周りにバレないようにコッソリ会うって普通の恋愛では絶対に味わえないですからね。

 

デートしてるときも会社内の人間に見られないように神経を使わなくちゃいけないですけども、それもまたなんだか追われてるドキドキ感みたいなものを味わえる要因なわけなんです。

 

あと女上司も会社にいるときと違う面を見せてくれるはずです。

 

会社では上司の立場だけどもデート中はそういう女上司的な部分はあまり見せることもなく普通の女と同じように甘えてくるでしょうし、会社にいるときとは全然ちがう良い意味でのギャップを味わえるのも女上司と付き合うメリットなのではないでしょうか。

 

別の言い方をすれば会社では厳しい上司であってもデート中はまさに仔猫のような甘えモードになるわけなんで2面性を味わえるというのも女上司と付き合う醍醐味なわけなんです。

 

会社内ではキリっとしてるけども、会社から出ればそうした柔らかいモードに変化する部分って男からしたら凄い惹かれると思いますし、飽きずに付き合える理由の1つになるのではないでしょうか。

 

こういう部分を味わいと思ってるならちょっとでも良いなあって思ってる独身の女上司にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

 

誘う時は相談があるんですけどって感じで食事に誘えば良いかと思います。

 

その時に相談などは手短にして別の話で盛り上がっていって貴方の良さをどんどん見せてアピールしていけば良いのではないでしょうか。

 

その時は女上司をどんどん褒めまくり、良い気分にさせて、次に会う約束をその時に取り付けちゃいましょう。

 

食事の途中で一度席を外してトイレなどで女上司への日頃の感謝と女上司の良い面を褒めまくれば、かなり喜んでくれるでしょうし、貴方に段々と気持ちがなびいていくはずです。

 

 

働きやすくなる

女上司と付き合えば飴と鞭を与えてもらえる

 

女上司と付き合うメリットの2つ目は、同じ部署の直属の女上司と交際してる場合なら、上司と部下という関係性で悩むことって無くなるのではないでしょうか。

 

何故かと言いますと会社では少々厳しくされていても、2人で会ってる時はそういう部分は見せる事もなく普通のカップルと同じなので会社で厳しくされても我慢できるんですよね。

 

2人で会ってる時は優しい女性になってくれるので飴と鞭を上手い具合にその女上司は使い分けていると言えるわけなんで、彼氏である部下はその飴と鞭を使い分けられることに一種の心地良さを感じることができるわけです。

 

こういうのって恋人関係だけの特権なわけなんですね。

 

付き合っていないと絶対に味わえない部分なのではないでしょうか。

 

会社内ではその女上司には敬語だけども、デート中はタメ口で喋れるってのも面白い関係性なわけなんです。

 

以上の事からより働きやすくなりますし、仕事にやり甲斐をより見出せるようになってくるのです。

 

まあこれが会社でも優しかったりすると逆にイマイチ刺激が足りないと感じるかもしれませんね。

 

逆に仕事中は優しいけども二人で会ってる時は厳しくて口うるさくなる女上司もいるのかもしれません。

 

でも基本的には仕事中は厳しい人の割合が多いはずです。

 

 

●女上司と付き合う結婚するデメリット↓

 

 

女上司と結婚する事はあまりオススメできない

女上司は結婚相手には向かない

 

女上司と付き合う結婚するデメリットは、上記でも説明した通り、普通の社内恋愛以上に秘密を貫かなくてはいけない部分もあるけども、将来の結婚相手としてはやや不向きかなって思いますしオススメできません。

 

それなりの地位にある女上司の場合でしたら結婚したとしてもなかなか仕事は辞めないし簡単には辞められないことが多いのです。

 

そうなった場合、もし結婚したら同じ職場に結婚後も上司と部下という関係で勤めなければなりません。

 

こうなってくると非常に働きにくくなるわけです。

 

やっぱりそれだけ周りの目が厳しくなるわけですね。

 

ちょっとしたことでエコヒイキしたとかって言われかねないので、部下の旦那と接する時は会社内にいるときは他の部下よりも厳しく接しないといけなくなるわけです。

 

それさえできていればあまりデメリットはないかもしれませんがね。

 

それでも一番ベストなのは、女上司である妻が結婚後に仕事を辞めてくれるのが一番でしょうけども、それが無理なら部下の旦那を別の部署に異動してくれるように会社が気を使ってくれるかどうかですね。

 

どうしても同じ部署に上司である妻がいるのが嫌なら会社に異動願いを出せば良いのではないでしょうか。

 

上記のような理由を言えば案外通る気がします。

 

 

あと女上司である妻が結婚後も続けて働いてくれる場合なら経済的には楽にはなるんでメリットはあるかと思います。

 

結婚を機に一軒家やマンションもより購入しやすくなるでしょうからね。

 

 

女上司と付き合う結婚するメリットとデメリットまとめ

★女上司と付き合うメリット

 

:会社内の人には絶対バレてはいけないけども、そのバレずに交際するドキドキ感は大いに刺激的で楽しい。

 

:会社では厳しい上司だけども二人で会ってる時は優しいという飴と鞭を味わえてより働きやすくなる。

 

 

●女上司と付き合う結婚するデメリット

 

:結婚後も女上司である妻が働き続ける場合は困る事になるので結婚相手としては不向き。