トップへ戻る

彼氏や彼女が長電話が苦手なよくある理由5つ、長電話は時間の無駄

長電話が苦手な恋人について

※2019年6月27日:情報更新しました。

 

熱々カップルですと長電話が好きな人も多いでしょうけども、彼氏か彼女のどっちかが長電話が基本的に苦手って人もおりますよね。

 

または2人とも長電話が苦手ってカップルもいるでしょう。

 

やっぱり長電話が苦手な人って何かしら理由が必ずあるわけです。

 

その様々な理由で長電話がしんどい、長電話は疲れる感覚に陥ってしまって、長電話が大嫌いになってしまったのではないでしょうか。

 

それでは今回は 彼氏や彼女が長電話が苦手な理由や原因あるあるを5つほど紹介します。

 

 

1人の時間を邪魔されたくない

恋人といる時間を大事にしつつも、彼氏や彼女と会ってない時に、1人の時間を充実させてるような人ですとあまり恋人と電話で話したくない、彼氏と電話で話したくない、彼女と電話で話したくない人もいるわけです。

 

:会ってる時にじっくり話せれば良いと考えているし、一人の時間を何かしら事で夢中になっている時は出来れば恋人からの長電話を避けたいと思ってるわけです。

 

 

電話してる時間が勿体無いし長電話は時間の無駄

 

こういうぼっちでいるときの時間を大切にしているような方は、電話してる時間が勿体無いとか長電話は時間の無駄だと思ってるのではないでしょうか。

 

電話は基本的に用件だけ短く伝えてすぐに電話を切りたい派なわけです。

 

もっともっとこのタイプで電話が苦手な人ですと用件を伝える電話ですら苦手なので電話にでない彼氏や電話にでない彼女もいるのではないでしょうか。

 

ちょっとした用件ですら電話よりメールで会話したいとか電話よりLINEで会話したいって思っているのではないでしょうか。

 

メールやLINEで恋人と連絡する派なので長電話は苦手

 

なので自分は長電話が好きだけども彼氏や彼女はあまり長電話が好きではないと少しでも感じ取れているなら、電話はあくまで用件だけ短く伝えて切るようにしましょう。

 

まあこういう長電話が好きなタイプって鈍感なので恋人が長電話が苦手であることに気付けてない人が多いかもしれませんが。

 

 

 

予定が崩れる

長電話をすると予定が崩れる

 

彼氏や彼女からの長電話が苦手な人の中には、予定をかなり細かく区切って入れてる人もおります。

 

 

最悪で電話を居留守にしたり、電話を無視しちゃうことも

 

基本的に電話って突然かかってくるものですので、恋人からの電話が長電話になってしまうと、計画していた予定が全てパーになってしまうこともあるわけです。

 

相手からの電話を切りにくい人だったり電話を切るタイミングがつかめない人だったりすることも多いので、そうなるとダラダラと長電話に付き合わされる形になってしまい予定が大きく崩れてしまうわけです。

 

こういう人はそうなるのが嫌なので途中からはある程度学習して彼氏や彼女からの電話を居留守にしたり、電話を無視しちゃうことも多くなってくるわけです。
自分が長電話が好きだけども彼氏や彼女があまり電話にでてくれなくなってきたならば、長電話を辞めるタイミングだと思えば良いのです。

 

 

単に疲れる

恋人からの長電話が苦手な人の中には単に長電話自体が疲れるからってのも大きな理由になってる人も多くおります。

 

:特に恋人から電話がきて長々と愚痴や悪口を聞かされたりすると尚更電話にでたくないって思ってしまいますし、電話が嫌いになってしまうわけです。

 

長電話は苦手で疲れる

 

普通に考えても毎回恋人からの愚痴や悪口を電話で聞かされると疲弊するし全然面白くもない話なんでもう辞めてくれ~って思う方も多いのではないでしょうか。

 

ですので逆に長電話が好きで彼氏や彼女に電話で愚痴や悪口ばかり言ってる人はほどほどにしたほうが良いかと思います。

 

例え会ってる時であっても毎回愚痴や悪口三昧だと最悪、恋人に捨てられるかもしれませんので。

 

 

忙しいから

とにかく忙しい人は恋人との長電話が苦手

 

とにかく仕事などが忙しくて長電話してる余裕がないような人も基本的に電話が苦手な人が多いです。

 

忙しいわけなんで電話などに長時間使ってる余裕がないわけですね。

 

ですので恋人から電話がきて恋人が長く話したいと思ってるような時でも忙しいので自分から電話をすぐに切る方向に持っていっちゃう事がこのタイプは多いのではないでしょうか。

 

切るタイミングとかに困るとかいうレベルではないんですね。

 

電話をすぐに切るしかないってレベルな感じなんだと思います。

 

 

それでも恋人と会ってる時は、ちゃんと接していた自分自身も楽しめているのでとにかく電話でなくてデートしている時に恋人とじっくりと話せればいいと考えているわけです。

 

 

長電話で寝る時間が遅くなるのが嫌だから

長電話が苦手な彼氏や彼女の理由の1つに、仕事から帰ってきてご飯食べたり風呂に浸かった後だと、結構遅い時間になってる事が多いですけどもそのような時間に彼氏や彼女から電話がかかってきて長電話に付き合わされると、夜中を過ぎてしまって結果的に寝る時間が遅くなるのが嫌だからって人もいるはずです。

 

寝る時間が遅くなれば、次の日も仕事がある場合だと寝不足になるわけなんで疲れてしまうのではないでしょうか。

 

それが毎晩とか週に何度もあると披露が溜まってきちゃうわけです。

 

そこまでのレベルになってしまうと、夜に彼氏や彼女から電話がかかってきても出たくないと感じてしまって無視しちゃう方も多いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

:一人でいる時の時間も大切にしている人は恋人であろうとも邪魔されたくないので、ぼっちタイムでは長電話はしたくないし苦手。

 

:1日の予定を細かく区切ってたてているタイプの人は、突然恋人からの長電話に巻きこまれてしまうと全ての予定が狂ってしまうので長電話は苦手である。

 

:恋人からの電話の内容が愚痴や悪口のオンパレードだった場合は聞いてて凄く疲れるので、そういうパートナーとは長電話したくない。

 

:とにかく忙しい人は彼氏や彼女からの長電話に付き合う時間がないので、あっちから電話が来てもこちらから早々に切るようにしているし、長電話してるような余裕もない。

 

:長電話になり寝る時間が遅くなって、寝不足になり疲れるのが嫌。


【シェアする】