雨降りの夜を歩くのは嫌いとか怖い?エピソードなども

※広告・PRあり

雨降りの夜を歩くことについて

雨降りの夜を歩くことについてですが、我々は生きてたら、雨の日の夜に歩くこともありますよね。

 

 

私の場合は滅多に雨の日の夜に外を歩くことってあまりありませんが、たまに歩くとなかなか良いもんです。

 

 

なんとなく幻想的な雰囲気が感じられたり、雨が降ってない夜とはまた違った情景が感じられるので嫌いではないですね。

 

 

それでは今回は、雨降りの夜を歩くのは嫌いとか怖いかをエピソードを含めていろんな人に聞いてみました。

 

 

雨音で音が消されて怖い

 

夜の雨は音が消されるので怖い

 

amyさん(女性)↓

 

雨が降っている夜は、雨の音で他の音がかき消されてしまって怖いです。

 

不審者がいたとしても、音が聞こえないと気がつくのが遅くなるし、車やバイクの音も聞こえないのでとても怖いです。

 

 

おさかなさん↓

 

ただでさえ夜道は怖いなと思うときがあるのですが、雨が降っていると周りの音も雨の音で遮断されてしまって、さらに恐ろしさを倍増させる気がします。

 

足元も濡れて不快感もすごくて不安感も増す気がします。

 

 

mtさん(男性)↓

 

街灯があったとしても雨の中の夜道は緊張します。

 

雨の音で聴覚が鈍くなることもあり、後方から人が歩いてることに気づけないこともあります。

 

振り返ったら人がいたことにドキッとします。

 

視界も悪いので水溜まりや動物の排泄物などに気づけないのも難です。

 

 

なべぶたさん(男性)↓

 

雨が降っているときの夜というのは不気味というか雨音である程度の音はかき消されてしまうので、一人でそのような中を歩かなければならないとなると少々物騒な気がします。

 

それに、自動車事故も雨の日は起こりやすいと聞いたことがあるので、私は雨降りの夜を一人で歩く怖いと感じます。

 

 

KURANさん(20代後半の男性)↓

 

雨の音に消される足音は本当に怖いです。

 

何度か恐怖にあったことがあります。ある日、駅から自宅までの道は人通りが多いのですが雨の日は人が少なくなります。

 

その日に自宅までの帰り道に歩いていたのですが、どこからか男性に付けられていたみたいですが全く音に気付かずに鞄をひったくられそうになってからは怖いです。

 

 

怖いのでいつもより警戒して歩いています

 

tomtoさん(30代後半の女性)↓

 

傘で視野が狭くなるし、雨音で周りの音が聞こえにくくなるし、荷物と傘で両手がふさがっていて何かあった時に咄嗟に動けないし、普通の時より怖いと感じます。

 

傘で死角になっているので、何かあっても周りの人に気付いてもらえないかもという不安もあるし、同じ夜の時間帯でも雨の日は平時よりも警戒して歩いています。

 

 

嫌いのレベルでは収まりません

 

ジャスミンさん(20代前半の女性)↓

 

夜で歩くことに関しては、さほど恐怖を抱くことは無いものの、こと雨が降っている時に外出する気力なんてものは一切わいてこないため、嫌いのレベルでは収まりません。

 

 

視界が悪くなるので、事故という意味では怖い

 

psyさん(男性)↓

 

襲われるとかいった意味では特に怖く感じることはありませんが、雨で、しかも夜ともなると視界が悪くなるので、事故という意味では怖いです。

 

特に傘差しをしている自転車なんかはほとんど周りに注意を払っていないので、ぶつかられても、勝手に転ばれても困るのであまり近寄りたくないですね。

 

 

帰ってくる頃には足元はびしゃびしゃ

 

ya03さん(女性)↓

 

夜に雨が降っている中、歩くのは暗くて足元がよく見えず雨水が足やズボンに跳ねて濡れるので嫌です。

 

歩いている横を車が通ると、水や泥が跳ねかかることもあります。

 

また雨で地面が濡れていると、滑ることもあるので少し怖いなと思います。

 

 

haliさん(女性)↓

 

雨の日の夜は、水たまりが見にくいので、はまってしまうことが良くあります。

 

また、風が強いと膝から下にかけてずぶ濡れになってしまいますし、個人的には雨の日の夜はあまり歩きたくありません。

 

単に雨に濡れるだけではなく、泥水なんかによって、土がつくこともあるので最悪です。

 

で、すぐに洗濯しようと思っても、雨が降っているので、乾燥に困りますし・・。

 

梅雨時期には湿度が高く、ますます厄介なことになるため、この時期の雨の日の夜は極力歩かないようにしています。

 

 

道路が濡れてたりして歩きづらい

 

こーじーさん(男性)↓

 

怖いとかはないですね。

 

雨の日は道路が濡れてたりして歩きづらいですし、道が見えにくかったりとストレスはあります。

 

なので嫌です。

 

でもその代わり雨の夜に人が出歩いていることもなかなかないですし、結果怖さは感じません。

 

 

夜の雰囲気がよりどんよりと暗い感じが増しているので嫌

 

雨の夜の雰囲気が不気味

 

kaishiyahiさん(男性)↓

 

雨が降っているときは夜の雰囲気がよりどんよりと暗い感じが増しているので嫌です。

 

また雨が降っていると雨音がアスファルトや屋根に跳ね返る音が、淡々と続くのでそれが一層夜の不気味さを増長している気がして更に嫌です。

 

 

雨降りの夜は寒い

 

rinrinさん(40代後半の男性)↓

 

夜は気温が低いですが、雨が降った時も気温が下がります。

 

ですので、雨降りの夜は寒いことが多いので、真夏でもない限りは、私は雨降りの夜に歩くのは、好きではないです。

 

また、水たまりもありますし。

 

また、風があれば余計嫌です。

 

 

kamulaさん(男性)↓

 

雨降りの夜を歩くのは、少し嫌な感じがします。

 

まず夜は大体気温が低下しているときなので、そこに雨が降るとさらに寒くなって体温が奪われてしまいます。

 

雨の振り方にもよりますが、振り方が強い場合には傘をさしても濡れてしまうことがあるので不快になります。

 

 

雨ってなんだか夜の怖さが増すような気がします

 

mwさん(女性)↓

 

雨降りの夜を歩くのは嫌いとか怖いです。

 

まず、雨に濡れるのが嫌ですし、ホラー映画とかのイメージもあるのか、雨ってなんだか夜の怖さが増すような気がします。

 

それに、変な人と遭遇したとき、雨だと走りにくいので逃げにくいのもあるかも知れません。

 

 

栗田さん(女性)↓

 

仕事から帰宅する際バス停から自宅までの距離を15分程歩くのですが、夜は街灯も少なく車通りも人通りも少ない住宅街のため変質者とも遭遇することが多々あります。

 

雨が降ると尚更不気味で、雨の音で人の気配が感じられず後ろからいきなり追い抜かれたりするとドキっとしてしまいます。

 

雨の夜1人で歩くのは非常に警戒心をもたなくてはならないため怖いです。

 

 

sayuriさん(40代前半の女性)↓

 

雨が降っていてあたりが真っ暗な夜は人通りもいつもより少なく、すれ違う人もみんな傘をさしているので顔も見えず不気味な感じがします。

 

会社帰りに雨道を帰る時はいつも小走りして急いで帰るようにしています。

 

 

u321さん(20代後半の女性)↓

 

田舎から都会に引っ越して来て、都会の方が夜歩くのは明るかったりして怖くないのかな?と思ったいましたが、正直都会の方が夜歩くのは怖いです。

 

街路路に入るといきなり暗くなったり人通りが減るので不安になります。

 

雨の日なんて特にそうで、人通り多いところでも外を歩く人が少ないのに街路路に入るとほぼ人がいなく急に誰か出てきそうで不安になります。

 

 

 

人通りが多い道を歩くようにしています

 

 

雨の夜は人が多い場所を歩く

 

summitshutさん(女性)↓

 

雨降りの夜を歩くのは、好きではありません。

 

人通りが多いところを歩くのは問題ないですが、人が少なかったり、裏路地を歩く時は、雨のせいもあり怖く感じてしまいます。

 

なので出来るだけ、人通りが多い道を歩くようにしています。

 

 

まとめ

 

雨の日の夜道を歩きたいって人は一人もいませんでしたね。

 

雨音でいろんな音がかき消されるので怖いという意見が多かったですが、たしかに女性だと特に誰かにつけられたとしても、雨音で足音が消されるので怖いって気持ちはすごく理解できます。

 

しかも暗いので見えにくいわけなので尚更ですよね。