トップへ戻る

社会人ひとりぼっちで辛い寂しい時の対処法について

社会人でひとりぼっちが辛いことについて

※2021年1月8日:情報更新しました。

 

社会人でひとりぼっちが辛いことについてですが、まず社会人になってから学んだことは、誰にでもあるはずです。

 

楽しいことばかりではありませんし、むしろ辛く嫌なことが多いように思います。しかしそんなにうまく世の中を渡っていける人たちばかりが、社会に存在するわけではありません。

 

職場環境や同僚、上司に恵まれない人、社会人になって実家を離れた人もいるでしょう。

 

あと、社会人になると昔の友達と会う機会は少なくなり、余暇を一人ぼっちで過ごす機会は増えていきます。

 

一人になりたいときはあっても、長期間となると寂しさを感じることもあるでしょう。

 

コロナウイルスによって、テレワークを導入する企業が増えています。

 

そういう会社に勤務していると、平日、土日のどちらも一人で過ごすことになります。社会から隔離されることで、孤独だと感じるやすくなります。

 

そこで感じる孤独感やひとりの辛さは、どのように対処すればいいのでしょうか。

 

今回は一人で寂しさを紛らわすための方法を書いていきます。

 

布団の中で寂しく過ごす

 

 

自分だけがひとりなの?

自分1人だけではない

 

社会人でひとりぼっちが辛い人って、ひとりの孤独感を自分だけが感じているのでないか。

 

そう思うと、余計に辛い気持ちに追い込んでしまう時があります。

 

ひとりという孤独感を一番感じているのは、高齢者の方というイメージが一般的です。

 

しかし実際は20歳代の女性が、一番孤独を感じているようです。

 

20歳代の女性は仕事だけでなく、結婚や育児といった人生の選択に迫られる年齢です。

 

ですが結婚適齢期という言い方も、今では使われなくなりました。

 

要するに年齢や性別に関係なく、誰にでも孤独を感じることは充分にあり得ます。

 

自分だけと落ち込む必要も、どうやらなさそうです。

 

 

働き方を見直そう

忙しい働き方を見直す

 

社会人でひとりぼっちが辛い人は、ひとりという孤独感と戦いながら、仕事を休むことも辞めることもできず、悩む人も多いでしょう。

 

仕事をしている時は、孤独感をごまかせるかもしれません。

 

しかし仕事ばかりの生活は時間だけでなく、心のゆとりも奪われます。

 

そこでプライベートの時間を、増やすことを考えてみます。

 

そのためには仕事を効率よくこなし、時間を作る必要があります。

 

もしかしたら無駄であったり、効率の悪い業務を、漠然と続けているかもしれません。

 

作業効率と成果が上がれば、仕事への達成感で満足が得られます。

 

何も長時間勤務だけが、生活のすべてではないのです。

 

 

休日の過ごし方はどうする?

古い友達に連絡してみる

 

仕事はうまくいっても、休日の使い方が分からない人がいます。

 

休みの一日を寝て終わったり、余計に孤独感が強くなる場合もあります。

 

休日の過ごし方を充実させれば、ひとりの孤独感と、うまく付き合っていくこともできます。

 

 

例えば人と関わりたいのであれば、古い友達に連絡してみるのも手です。

 

「友達になった時は学生だった」、そんなこともよくあります。

 

お互いに社会人になれば、生活する環境は変わっています。

 

以前よりも話しやすかったり、逆に自分の今の状況を、誰よりも伝えやすかったりするものです。

 

 

ワークライフバランスが大事!

 

働き方改革といわれてからは、仕事とプライベートを切り離す考えが少なくなりました。

 

仕事が充実すれば、プライベートも楽しく過ごせる。

 

プライベートが有意義なので、仕事の生産性が高まる。

 

そういった考え方に、今はなっています。

 

お互いの相乗効果が、生活をより充実した魅力あるものへと、高めてくれるということです。

 

仕事だけに打ち込んだり、休日は仕事を忘れてはしゃぎすぎて疲れてしまう。

 

そうならないように、まずは自分が取り組みやすいことから、少しずつ取り入れていけるといいですね。

 

 

趣味に打ち込む

テレビゲームが趣味の人ならテレビゲームをする、漫画を読むのが好きな人なら漫画を読むといったふうに、自分の趣味に打ち込む時間を作ります。

 

楽しいことをすることによって、寂しさを吹き飛ばすことができます。

 

何かに打ち込んでいるときは、時間の流れも早くなります。

 

一人ぼっちを寂しいと思う機会の減少につながります。

 

趣味がないという人は、一つでいいから作ってみましょう。

 

そうすることによって、一人ぼっちでいる寂しさを軽減させられます。

 

趣味関連ですと、あとは職場とは違い、自分の好きな趣味・プライベートの中で仲良くなれる人を探す方法です。

 

今はネットが発達していますので、SNSや掲示板などで、サークルや趣味友を探すことは容易です。

 

メリットは自分の得意な事、好きな事から話に入れますし、相手側も共通の目的ですので、仲良くなれやすいです。

 

また、1度会ってみて相性が合わないと思えば、2度と会わなくても大丈夫ですので、気楽に会う事が可能です。

 

しかし顔も知らない相手と出会う為、最初は大人数のサークルなどに参加してみて、馬が合う方と長く仲良くされるなど付き合う相手は良く選ぶようにしましょう。

 

 

楽しいことを思い浮かべる

明日は給料日(ボーナス)などと考えることによって、気分はウキウキになります。

 

会社からもらったお金で何を購入するのかを思い浮かべることで、寂しさを吹き飛ばすことができるでしょう。

 

給料をもらう以外にも、おいしいご飯を食べる、好きなテレビを見る、酒をたしなむ、お風呂に入るといった楽しみ方もあります。

 

一つではないので、いろいろと思い浮かべてみるとよいでしょう。

 

 

メール、チャットで誰かとやり取りをする

ひとりぼっちであったとしても、メールやチャットなどは行うことが可能です。

 

誰かと交流することによって、一人ぼっちの寂しさを紛らわせることができます。

 

メールやチャットで物足りない場合、Skypeなどを使用して対面で会話してみましょう。

 

直接は会えないものの、生の声を聴けるのは大きなメリットです。

 

コロナウイルスが広がっている時代では、Skypeなどを利用して、家族と通話する人が増えています。

 

 

一人でいられることをプラスにとらえる

発想の転換をして、誰とも会わない時間をプラスにとらえてみましょう。

 

そうすることによって、リラックスできるようになるかもしれません。

 

孤独は寂しいというイメージがつきがちですけど、誰にも束縛されない自由な時間を過ごせると発想転換することもできます。

 

考え方ひとつで、マイナスはプラスに変換することで、一人は寂しくないと感じるようになります。

 

 

仕事先の同僚、後輩と仲良くなる

そうは言っても、現在1人ぼっちで悩んでいる人は職場であまり親しい人が出来ない現状の方が多いはず。

 

しかし社会人になると職場の人と一緒にいる時間がとても多いです。

 

今まで職場の方とは距離を置いていた人や、仕事とプライベートは別だから、と避けていた人は少し仲良くなれるか挑戦することをオススメします。

 

例えば、仕事終わりに一緒に呑みにいってみたり、昼休憩は一緒にランチしてみたり、と一度職場の人と仕事以外の付き合いをしてみることで案外仲良くなれたりするかもしれません。

 

 

まとめ

社会に出る前は不安が強くても、社会人になって何年も経てば、新社会人から見れば人生の大先輩です。

 

人間関係が増えれば、それはそれで悩みや心配事も増えます。

 

ひとりの孤独はいけないものでも、強制されるものでもありません。

 

「お一人様」を楽しんでいる人もいれば、「一日誰とも口を聞かないなんてあり得ない」と、感じる人もいます。

 

人は元来孤独という感情を持ち合わせています。

 

その気持ちを理解して、自分から否定せずに受け入れてみることで、社会人でひとりぼっちが辛い状態は軽減されるのではないでしょうか。

 

『ひとり』とうまく付き合っていくことが充実した社会人であり、実りある人生を、これからも重ねていけるのではないでしょうか。


【シェアする】