トップへ戻る

付き合う前の2回目のデートを断られた女や男の理由3つ

付き合う前の2回目のデートを断られた事について

付き合う前の2回目のデートを断られた経験のある方って多いでしょうし、今現在そういう状況になってしまってる方もいるのではないでしょうか。

 

基本的に初回のデートをしてみてなんらかの理由で、相手に見切りを付けられたからこそ2回目のデートに誘っても断られたわけです。

 

そうなってしまうとほぼ挽回は難しいと言えるのではないでしょうか。

 

もちろん例外もありますし、2回目のデートを断られた場合であってもその後もアプローチを重ねて2回目のデートに持ち込んで恋人関係にまで発展させた人もいるでしょう。

 

それでも基本的には2回目のデートを断られた場合は90%以上はもう無理かなって思うんです。

 

この場合の断られたっていうのは、単に相手のスケジュールが合わなかったからって理由ではないですよ。

 

スケージュールが合わない場合でも、また会いたいと思ってくれてるなら会える日を大体相手が提案してくれるはずなんで。

 

で、2回目のデートを相手が断ってくる場合は、ハッキリと本当の理由を言う場合もありますけども、音信不通にされたり、忙しいなどの理由で断ってくるなど様々であります。

 

それでは今回は、付き合う前の2回目のデートを断られた時のよくある理由を3つほど紹介します。

 

 

1回目で好きになれそうな部分が全くないと判断された

付き合う前の2回目のデートを断られた時のよくある理由の1つ目は、好きな部分が1つでもあれば2回目のデートも考えてくれたかもしれないけども、好きになれそうな部分がゼロだと判断された場合は当然2回目のデートは断られてしまうのではないでしょうか。

 

私は男ですけども、男の場合は女性とデートするとその女性によっては一緒にいる時にこちらに対して色々とリサーチしてくるわけです。

 

要するに付き合うに値する男かどうかを見定めてくるわけです。

 

で、見定めて価値がないと判断した場合は、2回目のデートに進出する事は不可能になってしまうのです。

 

1つでもナイスポイントがあれば、2回目のデートを考えてくれたかもしれないのに何も女性をトキメかせる特長がなかったりするともう会ってくれない事が多いわけです。

 

これは美人や凄く可愛い女性であればあるほど、デートした男をしっかりと見定めて価値があるかどうかをしっかりチェックしてきます。

 

美人や可愛い女性は男を選べる立場な分だけ男を見る目がシビアなのです。

 

チェックされる部分はどのあたりかと申しますと、気が利く男なのか?給料はどれくらいなのか?どんな車に乗ってるのか?話しやすいか?などなどまだまだ色々あるでしょうけども、色々とチェックしてくるわけです。

 

美人は男を見る目がシビアである

 

ですので、1回目のデートで総合的に判断して付き合う価値がないと判断すればわざわざ2回目のデートまでしたいと全く思わないわけなんです。

 

ですので初回のデートってそれだけ男性にとっては大事だし失敗できないわけです。

 

これが逆の立場でも同じ事が言えるのではないでしょうか。

 

男が1人のある女性と1回目のデートをしたけども、総合的に判断して好きになれそうにないとか、そそられる部分がなかったりすると相手の女性から2回目のデートの誘いがあったとしても大抵は断るはずですし。

 

 

顔が全くタイプではないので付き合う前の2回目のデートを断られた

顔がタイプではないので2回目のデートを断られた

 

付き合う前の2回目のデートを断られた時のよくある理由の2つ目は、これに関しては前から知り合いとかではなくて、SNSや出会い系や友達の紹介で会った場合が多いでしょうけども、最初にデートしたけども相手の顔が好みから大きく外れてしまっていた場合です。

 

要するに相手のルックスがストライクゾーンからあまりにも大きく外れてしまってるケースです。

 

SNSや出会い系であっても会う前に一応相手から顔写真を見せてくれてる場合がありますけども、やはり写真と実際は結構違いますし、写真を見てイマイチタイプでなかったりしても実物はもっと可愛いのでは?とかもっとカッコイイのでは?って判断して一度会ってみる事も多いのではないでしょうか。

 

でも実際に会ってみると写真よりももっと実物は不細工だったりする事も多いわけです。

 

そうなると、1回目のデート中はいかに早く切り上げて帰る事ばかり考えてしまうわけです(笑)

 

こんな風に自分が思ったり、相手に思われてしまえばほぼ99%の確率で2回目のデートなど有り得ないわけです。

 

 

自分語りばかりして一緒にいて全然楽しくないから

付き合う前の2回目のデートを断られた時のよくある理由の3つ目は、とにかく自分語りが大好きで自分が9割喋って相手に殆ど喋る隙間を与えない性格の人も嫌われてしまって、相手に2回目のデートを断られる事が多いのではないでしょうか。

 

基本的に相手の話を聞いてばかりだと普通に考えても会話してて全然面白くないのではないでしょうか。

 

ですので、一緒にいて楽しくない人という烙印を押されてしまうわけですしそんな一緒にいて楽しくないような人と2回目のデートをするなんて有り得ないわけなんで断るわけです。

 

まあ例外もあって人の話を聞くほうが好きで聞き役に徹するのが苦ではない人もいるでしょうけども、女性の場合は基本的に聞き役徹するのってあまり好きではない方が多いし、どっちかと言えば自分の話を聞いて欲しいと思ってる方が多いので相手が9割喋るような感じだともう会いたくないってなってしまうわけです。

 

 

まとめ

2回目のデートを断られた人の中の殆どの方はきっと今回紹介した3つのどれかに当てはまってるのではないでしょうか。

 

1つ目と3つ目は、いくらでも改善する事は可能ですので、当てはまっているならば頑張って改善できるように努力なさってみてください。


【シェアする】