彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由

※広告・PRあり

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人について

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人についてですが、このような恋人と会ってる時間が短いほうが理想的とか好都合な人って存在します。

 

彼氏や彼女からは不満がでる場合もありますが、同じようなタイプの場合は、特に不満はでないでしょうけども。

 

私の周りにも、彼氏や彼女とは会ってる時間は短いほうがいいと言ってる方がいます。

 

時間的には2~3時間デートできれば十分って仰ってました。

 

まあ3時間デートが短いかどうかは人や曜日によるかもしれませんが。

 

それでは今回は、彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由を説明します。

 

お互いにすごく忙しい

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由の1つ目は、お互いにすごく忙しい場合です。

 

お互いにすごく忙しくて、時間がなかなか作れないような場合は短時間でも会える時間を作る必要があります。

 

短時間なら、お互い忙しくてもそんなに負担になりませんし逆に恋人に会う事で良い具合に明日への活力を貰えるので丁度良いのです。

 

お互いに友達が多い

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由の2つ目は、お互いに友達が多い場合です。

 

友達が多くても彼氏や彼女のとの時間を優先なさる方もいますが、それでも、友達と恋人は同じくらいの優先度のカップルもいます。

 

友達が多いような人は特にその傾向が強い印象です。

 

友達が多いからこそ、友達と遊ぶスケージュールもかなり埋まっているので、必然的に恋人と会う日の同じ日に友達との予定も入れてる人が多いので、結果的に彼氏や彼女と会ってる時間は短くなります。

 

友達付き合いとのバランスを取る意味でも、恋人と会ってる時間は短いほうが良いのです。

 

どっちかに偏ってしまうと、どっちも上手くいかなくなっていくので、恋人と会ってる時間は短いほうが良いんですよね。

 

お互い仕事人間である

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由の3つ目は、お互い仕事人間である場合です。

 

仕事>>>恋人 って感じになっているので、完全に仕事優先になっています。

 

両方ともそういう感じなので、お互いに不満はでません。

 

仕事が好きで仕事が中心になっているので、休日などは疲れて体を休めがちなので、恋人と会ってる時間は必然的に短くなっています。

 

あくまで恋人と遊ぶのって、隙間的な時間に会えればいいやって感覚になっています。

 

こういうカップルでなくとも、仕事があくまで軸として考えてる方って多いですからね。

 

生活の基盤になってるわけですし、

 

お互いに一人の時間が一番大事

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由の4つ目は、お互いに一人の時間が一番大事な場合です。

 

どっちも一人の時間を何よりも大事にしているので、彼氏や彼女と会ってる時間は短いほうがいいのです。

 

このような人なら最初から恋人を作らなくてもいいのでは?って感じる人もいるかもしれませんが、決して恋人がほしくないわけではないですし、あくまで優先度が恋人が低く、一人の時間の優先順位が高いだけなんですよね。

 

なので、彼氏や彼女も大事な存在ですし、恋人と過ごす時間は短いけども、それはそれで大事にしています。

 

まとめ

彼氏や彼女と会ってる時間が短いほうがいい人の特徴や理由を説明しましたが、4つタイプとも恋人も同じタイプであるというのが条件いなっています。

 

同じタイプだからこそ、分かり合えて会ってる時間が短いという結論に至っているのです。

 

なので、長い時間会いたいと思ってるような相手だと、そもそも相性が合わないので付き合うのは無理になってきます。