トップへ戻る

ニュースが嫌い苦手な理由、ニュースは見ない方がいい

ニュースが嫌いな理由などについて

ニュースが嫌いな人ってのも結構多いのではないでしょうか。

 

まあ嫌いと言いつつも何だかんだで毎日のように見てしまう方が多いのではないでしょうか。

 

そしてニュースをテレビなりネットなりで見て、後悔してしまうわけです。

 

もちろん必要のニュースもあると思いますので全くニュースを見ないってのは難しいとは思います。

 

それでは今回は、ニュースが嫌いな理由やニュースはあまり見ない方がいい理由などを書きます。

 

 

暗いニュースで自分の気持ちも暗く落ち込むので

暗いニュースを見てると落ち込む

 

ニュースが嫌いな理由やニュースはあまり見ない方がいい理由の1つ目は、暗いニュースを見たり読んだりする事で自分の気持ちも暗く落ち込むからってのがニュースが嫌いな理由になってる方が多いのではないでしょうか。

 

見たり読んだりしたあとに、しまった~。。って感じで後悔してしまうわけです。

 

自分にとって暗くなるニュースを見たり読んだりしちゃうと、その後数時間とか1日中とかがなんだかとってもそれを引きずってしまって頭の中から消そうとしてもなかなか消えないのではないでしょうか。

 

暗く落ち込むと体調まで悪くなるので、暗いニュースを見る事って何も良い事はないのです。

 

ハッキリ言って自分とは全く関係ないような不幸なニュースを見て暗い気持ちになって憂鬱になり体調まで崩してしまうって損しかないわけなんで、そのようになりがちな方は、ニュースは見ないほうがいいのではないでしょうか。

 

ニュースを見ないようにするにはテレビを見ない生活をしたほうがいいかと思います。

 

どうしてもテレビを見ちゃうとニュースも見ちゃうわけですし、暗いニュースから逃れる事はできないわけです。

 

で、ネットニュースに関してはタイトルを見て詳しい内容を読むか読まないかを決めればいいでしょう。

 

タイトルを見てとても嫌そうなニュースっぽいなと感じたら、クリックせず詳細を読まないようにしましょう。

 

 

嫌いな有名人がでてくるから

ニュースが嫌いな理由やニュースはあまり見ない方がいい理由の2つ目は、テレビでニュースを見ちゃうと嫌いな有名人がでてくるからってのも理由になってる事が多いです。

 

これがたとえネットニュースであっても有名人の発言を文字で読んでしまって、それがきっかけで嫌いになる事も多いのではないでしょうか。

 

テレビの場合もなんらかのきっかけで有名人を嫌いになったりしますが、その有名人がニュースに出てたりすると、とっても嫌な気分になるわけです。

 

ですので、このような場合もテレビを見ない方が一番ですけども、それが無理そうならニュースで嫌いな有名人がでてきたらすぐにチャンネルを変えるようにしましょう。

 

とにかくすぐにチャンネルを変える事で自分の中でその嫌いな有名人をシャットアウトしていくのです。

 

そうすることによって、必要以上に嫌な気分に支配されて1日中憂鬱な気分になる事を防ぐ事ができます。

 

ネットニュースに関しても、タイトルだけで嫌いな有名人の発言や関連するニュースである事がわかるようになってますので、とにかくそれ以上の詳細は読まないようにしましょう。

 

 

物事に善悪を付ける癖が付いてしまう

ニュースが嫌いな理由やニュースはあまり見ない方がいい理由の3つ目は、物事に善悪を付ける癖が付いてしまう事が多いです。

 

何故かと申しますと、ニュース番組でニュースを紹介したあとにコメンテーターなどのゲストが自分の考えを言いますけども、そういうコメンテーターの考え方を聞いてなるほどなるほどって感じで頭の中に入れていきそれがどんどん蓄積されていきます。

 

そうなると、固定観念が増えてしまって物事1つ1つに善悪を付ける癖がついてしまってマナーやモラルがない人を見ちゃうと非常にイライラするし精神的に疲弊してしまうのではないでしょうか。

 

ですのでニュースはあまり見ない方がいいのです。

 

それに固定観念なんてあまり増やさずに、物事の善悪をあまり付けないように生きていったほうが周囲で起こる出来事にあまりイライラしなくなるので生きていて楽だと思うんです。

 

要するに少々の事であれば、他人のマナーやモラルが成ってないような事に直面してもそれらも有りだよねって感じで寛容に対処すればいいわけです。

 

そうすればとても生きやすくなるのではないでしょうか。

 

要するに他人にも自分に優しく甘く生きていけばいいのです。

 

そのように生きれば、ほんと楽になれますよ。

 

 

ニュースを見ると心配事が増えるから

ニュースを見ると心配になる

 

ニュースが嫌いな理由やニュースはあまり見ない方がいい理由の4つ目は、ニュースを見ると心配事が増えるから嫌いって方もいるのではないでしょうか。

 

暗いニュースの中でも自分の生活に関係する暗いニュースが報道されてたりすると、自分に当てはめて考えてしまってとても心配になってしまうのです。

 

要するにまだ自分に起こってもいないのに、ニュースを見て先越し苦労をしてしまうわけです。

 

それほど実は自分には影響がないような事に対してもニュースを見ちゃうと心配になるわけです。

 

 

体調が割と良い時や精神的にも調子が良い時だったら、そのようなニュースを見ても影響を受けないかもしれませんが、寝不足だったりちょっとスランプの時にそのようなニュースを見ちゃうととても心配になってしまいがちになるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

:暗いニュースばかりですので、そのような暗いニュースを見ると気分が落ち込み体調まで悪くなってしまう。

 

:嫌いな有名人もニュースに結構登場するので、ニュースは見ないほうがいい。

 

:ニュースのコメンテーターなどのコメントを数多く聞く事で、物事に何でも善悪を付ける癖が付いてしまい人の行動に過敏に反応してし結果的に生きていて辛くなっていく。

 

:ニュースを見ると自分の生活に関係するような事も報道されるので、それによって心配事がどんどん増えていってしまう。


【シェアする】